本ページはプロモーションが含まれています

【テリワンレトロ】まおうのつかいの配合方法とおすすめ配合ルート【ドラゴンクエストモンスターズテリーのワンダーランド】

まおうのつかい DQMテリーのワンダーランド
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

まおうのつかいおすすめ配合ルートについて解説します。

スポンサーリンク

まおうのつかい

まおうのつかい

成長率・特技・耐性

成長率
HP MP 攻撃
B C A B

赤字 後半伸びる 青字 前半伸びる

特技
特技名 レベル 効果
メラ 2 敵一体に10前後のダメージ
ヒャド 6 敵全体に30前後のダメージ
せいしんとういつ 19 次のターンに選んだ行動を2回連続で行う
耐性
無敵 イオ ザキ メダ メガ 毒 麻 呪
強い バギ ヒャ マヌ ラリ 雪
普通 メラ ギラ デイ トラ トン ルカ ボミ マダ 炎 休 踊 息 仲 ギガ
弱い

まおうのつかいの配合方法

血統 配合相手
がいこつけんし がいこつけんし
ワイトキング 悪魔系

ゾンビ系屈指の強さを誇るまおうのつかい。

自身の強さもさることながら、りゅうおうの配合にも使用します。

りゅうおうが????系の中でも作りやすく、ローズバトラーやダークホーンなどを作るのに必要になってくることから、まおうのつかいが必要な場面は多くなります。

まおうのつかいはさそいのとびらのボスとして登場。この時にくを与えることで仲間にすることができます。また、クリア後にミレーユのがいこつけんしとお見合いの際に、こちらもがいこつけんしを配合相手に選ぶことでまおうのつかいのタマゴを入手可能。以上の事から2体は仲間にすることができます。

ですが前述した通り、りゅうおうは作る機会が多く、まおうのつかいが2体以上必要になってくる事もあると思うので、親となるがいこつけんしを簡単に作れる配合ルートを次項で紹介します。

ちなみにワイトキング×悪魔系でも作ることができますが、ワイトキングを作るのが少々面倒なことと、成長が遅いことから、がいこつけんし×がいこつけんしの配合がおすすめです。

まおうのつかいを使用した系統最強・????系配合

まおうのつかいが血統の場合
配合相手 生まれるモンスター
アンドレアル
グレイトドラゴン
りゅうおう
まおうのつかいが配合相手の場合
血統 生まれるモンスター
なし なし

まおうのつかいの配合に使用するモンスターのおすすめ配合ルート

がいこつけんしの配合ルート1

STEP:1
  • ゾンビ系×悪魔系=しりょうのきし
  • 獣系×悪魔系=グリズリー
STEP:2
  • しりょうのきし×グリズリー=がいこつけんし
配合に使用するモンスターの出現場所
しりょうのきし
  • しあわせのとびら 5F〜17F
  • ねむりのとびら 6F〜10F
グリズリー
  • かがみのとびら 6F〜28F
  • 格闘場右のとびら 11F〜20F
がいこつけんし
  • ねむりのとびら 21F~29F

がいこつけんしの配合ルート2

STEP:1
  • ゾンビ系×悪魔系=しりょうのきし
  • 物質系×鳥系=ネジまきどり
STEP:2
  • 鳥系×ネジまきどり=ヘルコンドル
配合に使用するモンスターの出現場所
ネジまきどり
  • バザー端のとびら 1F~5F
  • やすらぎのとびら 1F~3F
STEP:3
  • しりょうのきし×ヘルコンドル=がいこつけんし
配合に使用するモンスターの出現場所
しりょうのきし
  • しあわせのとびら 5F〜17F
  • ねむりのとびら 6F〜10F
ヘルコンドル
  • あやつりのとびら 21F〜26F
がいこつけんし
  • ねむりのとびら 21F~29F

最後に

がいこつけんしの親にグリズリーとヘルコンドルを選んでみました。

グリズリーで攻撃力を底上げし、ヘルコンドルでベホマラーを覚えたがいこつけんしを作ると、攻防に優れたまおうのつかいが作れるのでおすすめです。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント