本ページはプロモーションが含まれています

ソフィーナのストーリーの感想と好感度が上昇する選択肢まとめ【アンジュリリンク】

ソフィーナ(アイキャッチ) アンジュ・リリンク

こんにちはピヨたけです。

ソフィーナ好感度が上昇するLINK CHOICEの選択肢をまとめました。

※ネタバレを含みますので注意してください

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【広告】

プロフィール

ソフィーナ(アイコン) ソフィーナ
出身世界 黒の世界 種族 魔女
学年/クラス 2-B 誕生日 5月9日
好きなもの 学問、真理、紅茶、洋菓子
苦手なもの 自分を認めない存在、虫
趣味 魔法の研究、ティータイム
イラスト 狗神煌
CV 石原舞

黒の世界の支配者・魔女王の右腕で世界連結の謎を調べている「理深き黒魔女」。

前作のアンジュ・ヴィエルジュから登場しているキャラで人気投票ランキング上位の常連でもあります。

非常に優秀で高い能力を持つが、冒頭で着替え中に部屋に乱入されるなど、ハプニング担当な一面も。

ソフィーナ(着替え)

本作では自身の使命と親友との絆の間で揺れ動くソフィーナの葛藤が描かれており、彼女の行動が物語の行く末を担います。

イラストは狗神煌先生、CVは石原舞さんが担当しています。

ストーリーの選択肢一覧

Chapter Title:進化する可能性

4/1 釈明は紅茶の後で
ご一緒させてもらうよ ソフィーナ(PERFECTLINK)
味が分かるか心配だ ソフィーナ(NORMALLINK)
4/2 寮に潜む危険?
どうしてこの寮に? ソフィーナ(NORMALLINK)
結構、広いんだね ソフィーナ(PERFECTLINK)
4/3 勧告の真相
うん、わかってるよ ソフィーナ(NORMALLINK)
ソフィーナのこと、すごいと思ってる ソフィーナ(PERFECTLINK)
4/6 後継者が背負うもの
本当に偉い人なんだなって思って ソフィーナ(PERFECTLINK)
大変そうだなって思って ソフィーナ(NORMALLINK)
4/8 万能たる所以
最強じゃない? ソフィーナ(PERFECTLINK)
弱点はないの? ソフィーナ(NORMALLINK)
4/10 そして価値ある戦いを
不安が残る ソフィーナ(NORMALLINK)
バッチリだ ソフィーナ(PERFECTLINK)

Chapter Title:空に帰る少女

4/17 いつか終わるこの時を
明るい子だよね ソフィーナ(NORMALLINK)
予測ができないよね ソフィーナ(PERFECTLINK)
4/18 託された鍵
今からやればいい ソフィーナ(PERFECTLINK)
難しそうだ ソフィーナ(NORMALLINK)
4/19 選ばれし少女たち
いってらっしゃい ソフィーナ(NORMALLINK)
…また会えるよね? ソフィーナ(PERFECTLINK)

Chapter Title:分岐点

4/23 右腕の右腕
右腕の右腕ってこと? ソフィーナ(NORMALLINK)
引き受けるよ ソフィーナ(PERFECTLINK)
好感度80以上で出現
→Chapter Title:世界を解き明かす右腕

Chapter Title:世界が願う未来

4/27 黒の世界の大いなる意思
これからもよろしく ソフィーナ(NORMALLINK)
改めて、おかえり ソフィーナ(PERFECTLINK)

Chapter Title:世界を解き明かす右腕

4/24 黒魔女のレッスン
なんなら背中も流そうか? ソフィーナ(NORMALLINK)
お安いご用だよ ソフィーナ(PERFECTLINK)
4/25 謎多きは魔女たちと
もちろん ソフィーナ(PERFECTLINK)
そこまでは ソフィーナ(NORMALLINK)
4/26 突然の来訪者
(まだ粘れるはずだ) ソフィーナ(NORMALLINK)
すぐに出ていく ソフィーナ(PERFECTLINK)
4/27 されど異変は竜と踊る
よくない ソフィーナ(NORMALLINK)
問題ない ソフィーナ(PERFECTLINK)
4/28 世界が繋がった理由
ソフィーナ自身の努力だ ソフィーナ(NORMALLINK)
助手として当然のことをしたまで ソフィーナ(PERFECTLINK)
4/29 ソフィーナのご褒美
肩を揉んでほしい ソフィーナ(NORMALLINK)
肩を揉んであげる ソフィーナ(PERFECTLINK)
4/30 後継者の伴侶
すっとお供するよ ソフィーナ(PERFECTLINK)
ひとまず卒業するまでなら ソフィーナ(NORMALLINK)

全てPERFECT LINKを選択することにより好感度が100になります。

役立てていただけたら幸いです。

感想

タイムリープものと言えばピヨたけみたいな古い人間が思い出すのは夏色の砂時計。ヒロインの身に起こる運命を時間移動を繰り返して救う物語ですが、それが本作で最も当てはまるのがこのソフィーナ。

使命の重さと責任感から全てを自分で解決しようとするソフィーナには気高さと同時に儚さも感じました。

そんなソフィーナの運命を変えることにより、人に頼るという事を知った少女は新しい道を歩き出すことができました。救われて本当によかったと思います。

頭が良くてやや言動が強めということで典型的なツンデレキャラっぽいんですが、ツンデレ風味はやや薄味な印象。

ただしっかりとサービスショットを用意してくれているので、その辺りはさすがツンデレ担当といったところでしょうか。

ソフィーナ(エンディング)

最後の告白は「魔女との契約」。誇り高き「理深き魔女」らしい締め方でよかったです。

それはそうとソフィーナのストーリーは世界の根幹に関わる重要な部分の説明を担っている感じ。このストーリーを見ることにより、アンジュ・リリンクの物語がより楽しみになりましたね。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント