【マイクラ】海底神殿攻略!見つけ方と攻略に必要な最低限のアイテム!入手できるものについて【マインクラフト統合版】

海底神殿(エルダーガーディアン) マインクラフト
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

今回はマイクラを代表するダンジョンの一つ海底神殿攻略についてです。

攻略するにあたって準備が欠かせませんが、最低限どの程度のアイテムがあれば攻略できるのか?

実際に攻略してきました。

スポンサーリンク

海底神殿の見つけ方

まずは海底神殿を見つけなければなりません。

海底神殿を探すなら村人の製図家から海洋探検家の地図を入手しましょう。

海洋探検家の地図は製図家のレベル2の取引品でエメラルドと交換できます。

その他の製図家の取引品などについてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】製図家の取引一覧!無限コンボと取引しておきたいものについて【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけ。 製図家は主に紙や地図などを取引できる村人の職業です。 そして製図家がいると無限とも言えるエメラルドの入手方法が可能になります。また、取引品の中には絶対に入手しておきたいものがあり、村に一人は必ず欲しい職業の...

海洋探検家の地図は海底神殿の場所と現在の自分の位置が白いマーカーで記されています。

海底神殿(海洋探検家の地図)

白いマーカーが枠の端っこにある場合は、まだその地図の範囲外にいるということになります。

しかし、白いマーカーのおかげでどの方角に進めば海底神殿があるかわかるので、海底神殿を探す際には海洋探検家の地図を入手すると楽です。

海洋探検家の地図を入手しなくても、地図のマッピングを行ってる際に偶然発見することもあるので見つけたら座標を覚えておきましょう。

海底神殿攻略に必要なアイテム

今回攻略に使用したアイテムは以下の通り

  • 鉄装備
  • ダイヤのツルハシ(シルクタッチ)
  • ベッド
  • 土ブロック×64
  • 丸石ブロック×1
  • 水中呼吸のポーション×9
  • 食料×64
  • ドア×8
  • ジャック・オ・ランタン×64
  • 海洋探検家の地図
鉄装備

ダイヤ装備があればベストですが鉄装備でも攻略可能です。

ダイヤのツルハシ(シルクタッチ)

シーランタンの回収に。海底神殿に行くなら是非とも海の中の美しい光源であるシーランタンは欲しい。

シルクタッチの入手方法についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】やさしく壊すシルクタッチとは?入手できるものと入手方法について解説【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 シルクとは絹の意味で、物を表現する例えとして柔らかさや優しさなどの象徴として使用されることがあります。 マイクラの世界ではシルクタッチというエンチャントがありますが、これはいったいどういう効果なのでしょ...
ベッド

デスポーン対策のためリスポーン設定はしておきたい。

土ブロック

リスポーン設定のためのベッドを配置する土台に使用。

丸石ブロック

出口を忘れないための目印に。

水中呼吸のポーション×9

最重要アイテム。余裕を持って9個。これで72分間水中で作業ができます。

水中呼吸のポーションの作り方についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】水の中でも呼吸ができる!水中呼吸のポーションの作り方【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 水の中に潜ると青い水玉のようなゲージが減っていき、これが0になるとライフが削られます。 水中では呼吸ができないため長時間潜っていることができずに溺れてしまうというわけですね。 しかし、海の中での作...
食料

海底神殿内で戦闘になるため満腹度と体力を回復させるために多めに持っていきましょう。

ドア

対エルダーガーディアン用防御シールド。

ジャック・オ・ランタン

シーランタンを回収した後、内部の光源がなくなるのを防ぐため。

ジャック・オ・ランタンはカボチャから作ることができます。

カボチャの育て方とジャック・オ・ランタンの作り方についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】収穫が楽!効率的なカボチャ畑の作り方とカボチャの便利な使い道【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 農作物の中でも使い道が非常に多く、大量に生産しておきたいカボチャ。 しかしジャガイモやニンジンなど、他の農作物と同じようにカボチャ畑を作ると収穫や生産数で効率が悪くなってしまうのです。 ということ...
海洋探検家の地図

海底神殿の場所が記された地図。これを見ながら海底神殿に向かいました。

海底神殿攻略

海底神殿の入り方

まずは海洋探検家の地図で海底神殿まで向かいましょう。

海底神殿(外観)

夜に訪れるとシーランタンの光が迎えてくれます。

海底神殿の近くまで移動するとエルダーガーディアンの呪いで採掘速度低下が付与されますが、構わず海底神殿の最上部に向かいます。

最上部に着いたら3×3ブロックで海上に土ブロックを設置し、中央に穴を開けておきます。

海底神殿(リスポーン設定)

ベッドも配置してリスポーン設定をしましょう。

3×3ブロックで中央の穴を囲うように海底神殿まで土ブロックを設置します。

海底神殿(土ブロックで囲う)

上の画像のように土ブロックで1ブロックの穴を囲います。

水中呼吸のポーションを使用し、中央の穴を開けた部分の底をツルハシで壊して海底神殿に侵入します。

海底神殿(侵入)

周りを囲ったのは、採掘速度低下を受けているため、ブロックを壊している最中にドラウンドやガーディアンの攻撃を防ぐためです。

上部から海底神殿内部に侵入すると、そこには海底神殿のボスエルダーガーディアンが待ち構えています。

海底神殿(侵入先エルダーガーディアン)

早くもエルダーガーディアンとの戦闘に入ります。

エルダーガーディアンの倒し方

海底神殿(エルダーガーディアン)

エルダーガーディアンは遠距離から攻撃してきます。

ダイヤ装備ならゴリ押しで倒せますが、鉄装備だとダメージが痛いのでここはドアを使用します。

海底神殿(ドア)

ドアを設置してシールド代わりにします。安全地帯を作って危なくなったらドアの後ろで回復を繰り返します。

これで安全にエルダーガーディアンを倒すことができます。

もしもやられてしまった時のためにベッドでリスポーン設定は忘れずに行っておきましょう。

海底神殿(エルダーガーディアン戦闘)

ドアを駆使しながら残りの2体のエルダーガーディアンも倒しましょう。3体全て倒すと採掘速度低下を受けなくなるので物資を回収することができます。

複雑に入り組む内部で迷わないために

エルダーガーディアンを倒した後は探索ですが、海底神殿内部はかなり入り組んだ構造になっており、迷いやすいです。

入口が分かるようにブロックで目印を設置しておくと便利です。

海底神殿(丸石設置)

上の画像の丸石の上部に侵入した入口があります。

このように目印を設置して探索しましょう。

海底神殿で入手できるもの

スポンジ

海底神殿のお宝と言えばスポンジです。

エルダーガーディアンを倒した際に入手できます。

海底神殿(エルダーガーディアンドロップ)

また、海底神殿内部のスポンジ部屋でも入手することができます。

海底神殿(スポンジ部屋)

海底神殿の中にはこのスポンジ部屋が存在しないハズレもあります

海底神殿攻略の大きな目的がこのスポンジの入手なので、スポンジ部屋があることを祈りましょう。

スポンジの使い方やスポンジ部屋がなかった時の対処法についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】スポンジの入手方法と水抜きのやり方!スポンジ部屋がない時の対処法について【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 今回は海底神殿のお宝スポンジについてです。 簡単に水を抜く事ができる超便利なスポンジ。入手方法と使い方について解説します。 スポンジの使い方 スポンジは水に接して設置することで周辺の水を吸い取る事が...

シーランタン(海のランタン)

海の中の光源です。海底神殿内部が海の底なのに明るいのはこのシーランタンのおかげです。

海底神殿(シーランタン)

入手するにはシルクタッチ付きの道具が必要なので用意しておきましょう。

また、回収すると光源がなくなり、海底神殿内部が真っ暗になります。

それを防ぐためにジャック・オ・ランタンをシーランタンが設置されていた場所に設置していきましょう。

海底神殿(ジャック・オ・ランタン)

これで海底神殿内部が真っ暗になることを防ぐことができます。

プリズマリン(海晶ブロック)

プリズマリン

プリズマリンは丸石を青くしたような見た目をしています。海底神殿のいたるところに生成されています。

プリズマリンレンガ(海晶レンガ)

プリズマリンレンガ

プリズマリンレンガはヒビが入ったような見た目のレンガブロックです。滑らかな質感なので建築に使用すると良いと思います。

ダークプリズマリン(暗海晶ブロック)

ダークプリズマリン

ダークプリズマリンは海底神殿のブロックの中で最も暗い色合いをしています。おそらく生成率も一番低いため貴重なブロックです。

金ブロック

海底神殿(金ブロック)

海底神殿中央のダークプリズマリンを壊すと中から8個の金ブロックを入手することができます。

まとめ

ということで海底神殿攻略についてでした。

水中呼吸のポーションさえあれば本当に最低限の物資で攻略することができます。

スポンジを含め、海底神殿は魅力たっぷりなので是非とも見つけて攻略してみてください。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント