【マイクラ】スイートベリーの便利な使い道!収穫方法と入手方法について解説【マインクラフト統合版】

スイートベリー(成長最大) マインクラフト
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

今回はちょっと危険な赤い実、スイートベリーについてです。

スイートベリーの便利な使い道と収穫方法・入手方法についてまとめました。

スポンサーリンク

スイートベリーの入手方法

スイートベリーはタイガバイオームで入手することができ、スイートベリーの低木に赤い実をつけるように生成されます

スイートベリー(成長最大)

入手するのに特別な道具は必要なく、低木を壊すと1個〜2個のスイートベリーを入手することができます。

また、低木を壊さずにZLボタンで赤い実だけを入手することも可能です。

スイートベリーの低木に接触するとダメージを受けます

森を探索中に思わぬダメージを受けてしまうので注意が必要です。

スイートベリーの栽培と収穫方法

草ブロック、土ブロック、ポドゾル、粗い土、耕地などにスイートベリーを設置すると、スイートベリーの低木が生成されます。

スイートベリーの低木(設置)

最終的に第四段階まで成長し、最終段階まで成長するとZLボタンでスイートベリーを1~3個収穫できます。

スイートベリー(収穫)

低木ごと壊してもスイートベリーを入手することができますが、再度設置して成長段階を挟まなければならないことから、実だけ収穫した方がお得です。

なお、低木は骨粉で成長を早めることができます。

第二段階まで成長したスイートベリーの低木に骨粉を使用するとスイートべりーが生成されます。

スイートベリー(骨粉)

もう一度骨粉を使用すると最大まで成長します。

スイートベリー(骨粉で最大成長)

骨粉2個で収穫できるので、骨粉が豊富にあれば大量のスイートベリーを生成することができます。

スイートベリーの使い道

満腹度を回復する

スイートベリーは食べることによって満腹感を回復することができます。

回復量は肉ゲージ1個分なのであまり高くはありません。

キツネを誘導・繁殖できる

2匹のキツネにスイートベリーを与える事によって繁殖することができます。

キツネ(繁殖)

また、スイートベリーを手に持つことでキツネの誘導も行えます。

キツネの飼い方や連れ帰り方についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】キツネをスポーン場所から簡単に連れて帰る方法!飼い方や繁殖の仕方も紹介【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 キツネが丸まって寝ている姿ってめっちゃ可愛くて癒されますよね。 拠点に連れてくればいつでもあの姿が見られるので是非とも欲しい。 しかし、普通の友好モブと違ってキツネはプレイヤーが近づくと逃げる性質...

骨粉を生成する

スイートベリーをコンポスターに投入することで骨粉を生成することができます。

スイートベリーは堆肥率30%と高くはないので、骨粉の生成にはあまり向いていません。

コンポスターでの骨粉生成率一覧についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】コンポスターに入れられるもので効率がいいのは?超簡単な自動骨粉製造機の作り方【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 拠点に絶対にあった方がいい設備の一つコンポスター。なぜならばマイクラ生活の必需品とも言える骨粉を作るのに必要だからです。 今回はコンポスターを使用した本当に簡単な自動骨粉製造機の作り方と効率のいい骨粉の...

肉屋と取引する

肉屋との取引でエメラルドを入手することができます。

スイートベリー(取引)

取引に必要な数量はスイートベリー10個。

スイートベリーは栽培しやすいので、取引でエメラルドを入手しやすいです。

レベル5の取引品なので、取引できるようになるまでに時間がかかりますが、肉屋がいるなら栽培していると便利です。

肉屋の取引品一覧についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】肉屋の取引一覧!肉屋は必要?他の職業と組み合わせることで取引の効率が上がる【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 村人の職業の一つである肉屋。主に動物の肉などをエメラルドに交換してくれる職業ですが、単体で見るとイマイチ取引効率はよくありません。 しかし他の職と組み合わせることにより劇的に効率が良くなります。 ...

まとめ

ということでスイートベリーについてのまとめです。

  • スイートベリーはタイガバイオームで入手できる
  • スイートベリーは満腹度を回復する
  • スイートベリーはキツネを誘導・繁殖できる
  • スイートベリーは骨粉を生成できる
  • スイートベリーは肉屋と取引でエメラルドを入手できる

意外と使い道が多いスイートベリー。栽培しておくと便利です。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント