【あらすじと感想】陰キャだった俺の青春リベンジ天使すぎるあの娘と歩むReライフは面白い?

紫条院春華 レビュー
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

最近のトレンドと言えば主人公が不慮の事故に会い、転生したら異世界だった!というものが多いですが、本作は異世界ではなく高校時代にタイムリープします。

ブラック企業に勤める主人公が、高校時代に戻って人生をやり直す青春ラブストーリー「陰キャだった俺の青春リベンジ」のあらすじと感想です。

スポンサーリンク

あらすじ

ブラック企業で身も心もボロボロになって倒れた新浜心一郎は目覚めたら高校二年生にタイムリープしていた。陰キャで灰色だった高校生活……でも今の自分ならきっとやり直せるはず。

時を超えて再会した憧れの美少女・紫条院春華は、思い出以上に天真爛漫で可愛くて、何より新浜のことをまっすぐ見つめてきて……

「昨日までの新浜君とはすごく変わった気がします。優しいところはそのままに、大人になったみたいで素敵です!」

もしも未来を変えられるなら、酷いイジメの末に命を絶った彼女を絶対に救いたい。手に入れた大人のメンタルと社畜力で、彼女と一緒に二度目の青春にリベンジする――!

引用:陰キャだった俺の青春リベンジ/スニーカー文庫

感想

異世界転生ではなくタイムリープものです。

主人公は特別な力などはなく、持っているものは12年間ブラック企業で鍛え上げた社会経験と不屈の根性です。

高校時代から現在まで、人生の選択をことごとく失敗し、過去に後悔しかない主人公。

そんな主人公だからこそ、二度目の人生は絶対に失敗しないように強い決意を持ち、失われた人生を取り戻していく物語です。

主人公には高校時代に憧れていた女性がいましたが、彼女は就職してから酷いイジメにあい、失意の中、自らの手でその人生を絶ってしまいました。

当時は接点を持ちながらも、それ以上踏み込むことができなかった自分を悔いた主人公は、彼女の未来を守るために奔走していくことになります。

ブラック企業で培った知識と経験を活かし、過去の自分では何もできなかった局面を乗り越えていくのがこの作品の面白さです。また、ブラック企業の描写が生々しいのも特徴の一つですね。

主人公はヒロインに対する自分の気持ちを当初は憧れと思っていましたが、次第にそれが恋だと気がつきます。

対してヒロインは容姿端麗でスタイル抜群。性格も良く、正に天使のような女性ですが、天然で恋愛については非常に疎く、自分の気持ちが恋心だと気づいていません。

二度目の人生を絶対に失敗したくない主人公は、ヒロインが無意識に寄せてくる好意を彼女の天然さからくる友情の延長だと思い込んでいるため中々踏み込めません。

はたから見れば完全に相思相愛な二人なだけに、どういう形で関係が進展していくのかも見どころです。

まとめ

社畜×タイムリープ×ラブストーリーという構図が独特な本作は新鮮さがあります。

あの時ああしていればよかった、なんて思いは誰しもが一度は思うこと。

そんな思いを体現しながら進んでいく二人のラブストーリーは、胸がキュンとなりますね。

 

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント