【マイクラ】キツネをスポーン場所から簡単に連れて帰る方法!特徴や繁殖の仕方も紹介【マインクラフト統合版】

キツネ(拠点) マインクラフト
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

キツネが丸まって寝ている姿ってめっちゃ可愛くて癒されますよね

拠点に連れてくればいつでもあの姿が見られるので是非とも欲しい

しかし、普通の友好モブと違ってキツネはプレイヤーが近づくと逃げる性質を持っているので連れて帰るのは結構面倒くさいんです。

ということで今回は遠く離れたバイオームから簡単にキツネを連れて帰る方法です。

スポンサーリンク

キツネの特徴

キツネの生息地域

キツネは主にタイガバイオームにスポーンします。

キツネ

夜行性のため昼間は尻尾を丸めて寝ている姿も見られます。この姿が愛くるしくて可愛いですよね。

雪原タイガバイオームでは白いキツネがスポーンします。

キツネ(白)

雪原タイガバイオームはレアバイオームのため結構珍しい。マッピング中などに見つけたら場所を覚えておきましょう。

今回はこの白いキツネを拠点まで連れて帰りたいと思います。

プレイヤーが近づくと逃げる

キツネは警戒心が強く、プレイヤーが近づくと逃げてしまいます。

しかしスニーク状態なら逃げずに近づくことができます。

動物を攻撃する

キツネは一部の動物を見つけると攻撃を行います。

攻撃の対象になる動物はニワトリ・ウサギ・子供のカメ・タラ・シャケです。

キツネを探している最中にニワトリやウサギの肉が落ちていたら、近くにキツネがいるかもしれないですね。

動物に攻撃される

逆にオオカミとシロクマには襲われてしまします。

基本的にオオカミの生息地と被っているため、キツネの移動中には常に攻撃を受けないように気を付けましょう。

アイテムをくわえる

キツネは落ちているアイテムを口にくわえる性質をもっています。

くわえたアイテムはキツネを倒すか、別なアイテムをくわえるまで話さないので注意。

大事なアイテムをくわえられてしまった時のために、キツネの好物であるスイートベリーやグロウベリーを用意しておきましょう

キツネの前にベリーを落とすとベリーを優先でくわえ、それまでくわえていたアイテムを落としてくれます。

くわえているアイテムが肉やベリーなら一定時間後に食べてしまいます。

キツネの繁殖方法

キツネの繁殖方法は二匹のキツネにスイートベリーもしくはグロウベリーを与えること。すると♡マークが発生し子供のキツネが産まれます。

また、スイートベリーやグロウベリーを手にもつとキツネを誘導するこができます。

繁殖に使用できるグロウベリーの入手方法や増やし方はこちらの記事にまとめています↓↓↓

【マイクラ】グロウベリーはこんなこともできる!育て方に建築での便利な使い方【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 今回は洞窟と崖アップデートで新しく追加された光る果実グロウベリーの紹介です。ちなみにマイクラ統合版ではグローベリーと表記されます。 建築の装飾に使用するとアクセントをつけられますし、設置すると周囲が明る...

キツネを簡単に連れて来る方法

持っていくもの

キツネを連れて帰るのに必要なものは以下のとおり。

  • 作業台(一応)
  • 木材(いっぱい)
  • リード4本
  • スイートベリー4個
  • ボート2隻(予備含む)
  • 柵2枚
  • ドア1枚
  • 地図(道に迷わないように)
  • 食料
  • ベッド
  • 剣(標準装備)

キツネを探す

雪原タイガバイオーム

白いキツネの生息する雪原タイガバイオームは雪に覆われていて視界が狭く迷いやすいです。自分がどこにいるかわかるようにするためにも地図は持っていきましょう。

オオカミ

雪原タイガバイオームにはキツネを攻撃するオオカミも生息しています。キツネの移動中に攻撃を受けてキツネがデスポーンしてしまうこともあるので注意しましょう。

キツネの移動

キツネ(リード)

白キツネを見つけたらリードをつなぎます。キツネはプレイヤーが近づくと逃げる性質を持つので追いかけてリードをつけましょう。

スニークして近づくと逃げないので、ある程度接近したらスニーク移動に切り替えてリードを着けましょう

キツネ(水中移動)

リードを着けると川も渡ることができます。寒そうなので出来れば渡りたくないところですが。

このままリードで海岸まで連れていきましょう。

なぜ海岸かというと、ボートで拠点まで移動させるため、海岸と同じ高さの場所まで連れていって待機した方が効率がいいからです。

キツネ(柵)

海岸についたら柵を設置。

キツネ(柵にリードをつなぐ)

リードを柵に取付することで固定できます。ここでいったん待機します。

キツネ(シロクマ)

雪原や樹氷バイオームではシロクマがスポーンします。シロクマもオオカミと同じくキツネを攻撃してくるので、キツネを守る必要があります。

キツネ(簡易小屋)

キツネを一匹連れてきたらシロクマやオオカミの攻撃からキツネを守るために簡易的な小屋を建築しましょう。

小屋を作ったらもう一匹キツネを探しにいきましょう。

キツネを繁殖させる

二匹目のキツネを連れてきたら、繁殖して子供を産ませます。

スイートベリーを使用して繁殖。

キツネ(繁殖)

二匹のキツネにスイートベリーを与えると♡マークがでて繁殖が始まります。

キツネ(子供)

そしてちっちゃい子供の白キツネが産まれます。拠点にはこの仔キツネを連れて帰ります。

なぜ仔キツネを連れて帰るのか?

キツネはプレイヤーが近づくと逃げる性質を持ちますが、それは野生のキツネのみです。

繁殖したキツネはプレイヤーが近づいても逃げることはありません。

拠点に移動するためにボートに乗せる際に、野生のキツネは中々ボートに乗ってもらえず、あっという間に遠くへ行ってしまうこともあります。

そのためボートに乗せる際の手間を考えると繁殖したキツネの方がはるかに楽なんです。

繁殖して産まれたキツネはプレイヤーが近づいても逃げない

それに野生のキツネを拠点に連れて帰っても懐くことはありません。親仔を離れ離れにすることになってしまいますが仔キツネのみ連れて帰った方がいいでしょう。

キツネ(ボート)

繁殖したキツネは簡単にボートに乗ってくれます。

キツネ(ボート移動)

このままボートで拠点に連れて帰ります。これをもう一回繰り返して、拠点に二匹連れて帰れば拠点で繁殖ができます。

役目が終わった親たちはリードを外して解放してあげましょう。

キツネ(拠点)

無事、拠点に二匹のキツネを連れてくることができました。キツネ達の住む場所を用意してあげましょう。

今回は雪原タイガバイオームがかなり近くにあったため海から拠点に連れて帰りました。しかし雪原はレアバイオームのため場合によっては10000ブロック先という場合もあります。

そんな時はネザー経由で連れて帰るのがおすすめ。ネザーに道を作ってショートカットできます。

ネザーに道の作り方についてはこちらを参照ください↓↓↓

【マイクラ】長距離の移動はネザーが早い!安全にネザーに道を作る方法【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。せっかくジャングルやメサなどの珍しいバイオームを見つけても拠点からの距離がすっごーく遠いということはよくあります。そもそもレアバイオームはワールド内に生成される数が少ないので距離が遠くなってしまうのは考えてみ...

まとめ

ということでキツネの簡単な連れてかえり方でした。

  • 繁殖したキツネはプレイヤーが近づいても逃げないため、現地で繁殖して仔キツネを連れて帰ると簡単

これでキツネが丸まって寝ている姿をいつでも見ることができます。そのうち普通のキツネも連れてきて癒されることにしましょうかねえ。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント