【ロマサガRS】「古城の祝祭と最終試験」攻略!アザミとキャットの使用感も

古城の祝祭と最終試験 ロマサガRS
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

今回はイベント「古城の祝祭と最終試験」UH.10の周回攻略となります。

アザミキャットの新スタイルも入手できたので使用感もまとめてます。

それではいってみましょう。

スポンサーリンク

古城の祝祭と最終試験UH.10

周回メンバー

今回の周回メンバーはコチラです。

古城の祝祭と最終試験メンバー

現在開催中のハロウィンガチャの目玉、アザミとキャットに、にんげんおんな、ボストン、そして最近ハマっているダンターグです。

このステージはRound1とRound2共に敵が一体のみで、どちらも打属性が弱点です。

キャット、にんげんおんな、ボストンは1ターン目に行動しても2ターン目に確定で単体大技を使用することができるので、今回のような単体構成のステージで重宝します。

Round1を1ターンで倒しきるために、ある程度の火力が必要なのでアザミは初手でどっきりパンプキンを使用するようにしています。

ダンターグはコークスクリューを練達し、継続火力を上げています。

コークスクリューは練達することによって、BP4の威力Bという優秀な技になります。

過去の記事で練達のダメージ検証をしているのでよかったらどうぞ。リンクを貼っておきます。

【ロマサガRS】技・術練達の火力検証!オススメはこのキャラ

技構成

アザミ
技・術 BP
飴あられ 4→3
リトルウィッチーズ 8→6
どっきりパンプキン 13→10
サブミッション(継承) 8→6
キャット
技・術 BP
ネコのツメ 4→3
ネコダンス 8
キャッツラプソディ 16→13
にんげんおんな
技・術 BP
とびひざげり 1→0
マッハドリフト 11
エースインザグラス 15→12
ボストン
技・術 BP
ハサミ 3→2
錬気掌 11
シザーズランページ 14→11
ダンターグ
技・術 BP
キック 5→4
錬気掌 11
ぶちかまし 15
コークスクリュー+(継承) 5→4

周回動画

Round1の敵を1ターンで倒しきるには6万以上のダメージが必要なので、アザミのどっきりパンプキンを1ターン目に使用しています。

このステージを体術キャラ+ラピストで編成する場合、基本的に素早さが高く先制できるので聖石はHP満タンがオススメ

特に2ターン目に高火力技を使用するキャット、にんげんおんな、ボストンにつけておくといいと思います。

アザミ・キャット使用感

アザミ

アザミは水着アザミ以来一年ぶりとなる待望の新スタイルの実装。

ピヨたけは水着アザミを持っていないので、初期からある恒常アザミで体術の第一線をはっていたのですが、今回大幅なパワーアップでメチャメチャ嬉しいですね。

というのもこのハロウィンアザミは技次第で単体にも全体にも対応できるスタイルなので、スタイル変更をしなくて済むというのが非常に便利。

全体運用の場合、技継承なしでパンプキンをBP13にすればいいし、単体運用ならば、サブミッション継承で恒常アザミの千手観音→サブミッションと同じになります。

パンプキンの方が千手観音よりも威力が上で、ハロウィンアザミも恒常アザミよりもスタイル補正値が高いので純粋な上位互換ですし、さらに全体運用までこなせるという強みまでできたので、非常に優秀なスタイルだと思います。

サブミッションが限定スタイルのみの技なので、持ってない方は、恒常アザミのコークスクリューを練達させて継承すれば、サブミッションとほぼ変わらないダメージが出せます

アザミは初期のスタイルが最新のステージでも通用していたキャラなので、その純粋な、しかも大幅なパワーアップとなれば、長らく使用できる強力なスタイルだと思います。

最後に引くか引かないかですが、今後末永く使えるスタイルだと思いますので余裕があるならば引いた方がいいと言えます。

キャット

わかりやすい強さのアザミと違い、キャットの強みは少々わかりづらいものとなってます。

というのも、このキャットの強さはジャマーとしての強さであり、決して火力が高いわけではないからです。

今回のUH.10のような単体のみのステージであれば、2ターン目にキャッツラプソディが確定で使えるという強みが活かせますが、ダメージアップアビリティを持たないので基本通常の周回には不向き、よって主な活躍の場は高難度ボスせんのデバフ役ということになります。

キャットはアビリティに腕力と知力の二つのデバフを持っています

最近のボスは精神が高く、知力の補正値の低いキャラのデバフは入りづらいことが多いです。

デバフを入れるためにアニマとか知力アップの陣形補正を使ったりしてたんですが、このキャットは知力のスタイル補正値が70%あります。

これは術士を除いたデバフ役の中ではかなりの高水準で、デバフが入りやすくなっています。

ハロウィンキャットの大きな特徴であるネコダンスは腕力+知力を下げる補助技です。

補助技なので命中しても、アビリティは発動しませんが、今後術士でもデバフが入りづらい敵が出た時は重宝すると思います

ラバーウォームとの戦い(Romamcing)はジョーでも陣形補正なしではデバフ入りづらいですが、ネコダンスは問題なく入りました。

キャットを引くか引かないかですが、余裕があるなら引きだと思います。ピヨたけも引きました。

アザミは強いですが、代わりがいないこともないです。全体ならにんげんおとこ、単体ならサンタウィルや水着エレン。

それに比べてキャットは現在オンリーワンの性能なので希少度で言えばキャットの方が高いかもしれませんね。

キャットについてはこちらの記事でも紹介しているのでよかったらどうぞ。

【ロマサガRS】キャラ考察 キャットの評価

まとめ

ということで、イベント「古城の祝祭と最終試験」UH.10の攻略でした。

今2倍なので体術キャラを並べていますが、打の高火力キャラを入れておけばそれほど難しくはないと思います

アザミとキャットについては、どちらも優秀なキャラなのでジュエルに余裕があるなら引いておいた方がいいかなという感じですね。

年末には二周年記念もあると思うのでジュエルの使用は計画的に。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

著作権について

「© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc.

ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI

当該作品の転載・配布は禁止いたします。」

コメント