本ページはプロモーションが含まれています

【ロマサガRS】アビリティ「ウィークマキシマムボルテージ」の性能と効果量について解説

ウィークマキシマムボルテージ ロマサガRS

こんにちはピヨたけです。

今回はアビリティ「ウィークマキシマムボルテージ」性能効果量について解説したいと思います。

汎用アビリティの効果量をあらかじめ知っておくことで、新スタイルがガチャに登場した際に性能を可視化しやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【広告】
【PR】

ウィークマキシマムボルテージ

ウィークマキシマムボルテージ

ウィークマキシマムボルテージの性能

効果
ウィークマキシマムボルテージ 【ターン開始時】

自身に「Weakヒートアップ」(効果超極大)を付与する(上限回数:バトル中4回)

Weakヒートアップ
Weak攻撃のダメージが上昇する(効果バトル中永続)

ウィークマキシマムボルテージの効果量

ターン開始時、自身に「weekヒートアップ」(効果超極大)を付与する(上限回数:バトル中4回)

weekヒートアップはバトル中効果永続なので、強化解除などで解除されることがない与ダメージ上昇になります。ただし効果が付与されるのはweek時のみ。弱点を突かないと与ダメージが上昇しないので注意しましょう。

weekヒートアップの効果極大は50%上昇、これが毎ターン開始時に計4回まで発動するので、与ダメージが最大200%上昇します。

まとめ

ということでまとめです。

  • ターン開始時、自身のweek攻撃時の与ダメージが50%上昇し、最大200%上昇する

マキシマムボルテージと比較すると、マキシマムボルテージは倍率150%ですが汎用性が高く、weekマキシマムボルテージは倍率200%と高いですが弱点を突かなければならないといったところ。

被ダメージ軽減がないところはマキシマムボルテージと同じなので、他の編成メンバーで防御面は補ってあげましょう。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント