【ロマサガRS】キャラ考察 キャットの評価と運用方法

ハロウィンキャット ロマサガRS
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

キャットはロマサガ2で登場したシティシーフです。

シティシーフはキャットのイベントをこなしてシーフギルドに行かないと仲間にできないのでロマサガ2の重要キャラの一人です。

ロマサガRSでは初期からいる体術キャラの一人で素早さが非常に高く使いやすいキャラです。

実際済みスタイルはSSスタイルが3つ。限定のSスタイル、Aスタイルがあります。私は限定Sスタイルは持ってないのでそれ以外の考察です。

スポンサーリンク

スタイル一覧

SS「猫の爪は痛いわよ」

キャット

アビリティ

キャットアビリティ

技・術
技名 威力 BP 説明
空気投げ D 4 攻撃/近/直接/敵単体

(打)体術で攻撃する 対象をスタンさせる(確率中)

サブミッション B 8 攻撃/近/直接/敵単体

(打)体術で攻撃する 対象の腕力を低下させる(小)

ふみつけ SS 12 攻撃/近/直接/敵単体

(打)体術で攻撃する

スタイル補正値(LV50)
腕力 +68.00% +5
体力 +41.00% +13
器用さ +77.00% +5
素早さ +78.00% +15
知力 +58.00% +5
精神 +64.00% +5
+25.00% +5
魅力 +58.00% +5

サービス開始時から実装されているスタイルで、限定ガチャ、プラチナガチャ、ツヴァイクメダル交換で入手できます。

技はBP4で体術で攻撃し対象をスタンさせる(確立中)空気投げ。BP8で体術で攻撃し対象の腕力を低下させるサブミッション。BP13で体術の高威力技ふみつけ。

アビリティは常時獲得オーラムが上昇する収益上昇Ⅲ。攻撃した時まれに素早さが上昇する闘気増強Ⅱ(素早さ)。HPが満タンの時、敵に与えるダメージが上昇する勇健強撃Ⅲ。

素ステータスは器用さが上がりやすく、スタイル補正は素早さが高いです。

収益上昇を持っているので、バトルに参加させていくと序盤の金策になります。素早さの補正値が高いので、先制しやすく敵の攻撃も割と回避してくれます。技ではサブミッションが優秀。威力が高く腕力デバフ効果があるので、この技を主力にするといいです。

SS「夏には夏の装いで」

キャット2

アビリティ

キャット2アビリティ

技・術
技名 威力 BP 説明
炎疾歩 E 5 攻撃/近/直接/敵縦一列

(熱)体術で範囲攻撃する

活殺破邪法 A 9 攻撃/遠/間接/敵単体

(打)体術で攻撃する(特効:不死)

旋風脚 A 13 攻撃/近/間接/敵縦一列

(打)体術で範囲攻撃する 敵から受ける被ダメージを低下させる(小)

スタイル補正値(LV50)
腕力 +70.00% +5
体力 +42.00% +12
器用さ +58.00% +5
素早さ +81.00% +16
知力 +67.00% +5
精神 +58.00% +5
+31.00% +5
魅力 +58.00% +5

 

2019年夏に実装されたプラチナガチャ限定の新スタイルです。

技はBP5威力E縦一列の熱属性体術攻撃の炎疾歩。BP9威力A体術攻撃の活殺破邪法(特効不死)。BP13威力A縦一列の体術範囲攻撃、敵から受けるダメージを軽減させる旋風脚。

アビリティは攻撃した時まれに対象の腕力が低下する能力弱体Ⅲ(腕力)。攻撃した時まれに対象の素早さが低下する能力弱体Ⅲ(素早さ)。HPが満タンの時被ダメージを軽減する(大)勇健の守りⅣ。

素ステータスは腕力と素早さが上昇しやすいです。

2つめのSSスタイル。こちらのスタイルは特にデバフが優秀。アビリティに2つのデバフを持っているので、サブミッションを継承して使用した際、1ターンの間に最大で腕力を二段階、素早さを一段階下げることができます。ボス戦などは腕力デバフが非常に優秀で、一度に二段階は相当被ダメージを軽減することができます。また、高難度クエストはこちらよりも敵の攻撃が早いことが多く、素早さデバフも刺さる場面がかなりあります。

SS「猛獣だぞ~ガオー」

ハロウィンキャット2

アビリティ

ハロウィンキャットアビリティ

 

技・術
技名 威力 BP 説明
ネコのツメ D 4 攻撃/近/直接/敵単体(斬)

攻撃する 自身のBPを回復する(+3)

ネコダンス 8 補助/敵単体

対象の腕力と知力を低下させる

キャッツラプソディ SSS 16 攻撃/近/直接/敵単体(打+斬)

攻撃する

スタイル補正値(LV50)
腕力 +80.00% +5
体力 +34.00% +5
器用さ +41.00% +5
素早さ ↑↑ +91.00% +15
知力 +70.00% +13
精神 +61.00% +5
+52.00% +5
魅力 +61.00% +5

 

2020年ハロウィンガチャにて実装した限定スタイル。

大きな特徴は対象の腕力と知力を同時に下げることができる補助技ネコダンス。

最近のボスは精神が高く、デバフが入りづらい傾向にあるので確定でデバフを入れられるのは戦略を組み立てやすいという利点があります。

しかし補助技なのでオートでは使用せず、アビリティのデバフも発動しないので若干かみあってない感もあります。

これまでデバフ役として使用していたSS「夏には夏の装いで」よりも知力の補正値が高いので、サブミッションのデバフが入りやすくなりました。

アビリティ、知力ともにSS「夏には夏の装いで」よりも優秀ですが、向こうは腕力+素早さデバフ、こちらは腕力+知力と、完全な上位互換というわけではないので、敵によって使い分けが可能です。

火力に関してはネコのツメを活用したBP溜めからのキャットラプソディが強力ですが、ダメージアップアビリティを持ってないのでどこまで火力がでるか不安はあります。

運用方法としては、完全に補助役と割り切ったネコダンスを使用した手動運用。サブミッションを継承した通常のデバフ運用。ネコのツメを活かした火力運用の3タイプに分かれると思います。

最後にこのキャットの実装によって、素早さの素ステを上げるためにAスタイルを使わなくてよくなったのが地味にうれしいですね。

 

A「夜は私たちの時間」

キャット3

アビリティ

キャット3アビリティ

技・術
技名 威力 BP 説明
ソバット E 3 攻撃/近/直接/敵単体

(打)体術で攻撃する

三角蹴り B 8 攻撃/近/直接/敵単体

(打)体術で攻撃する

活殺破邪法 A 9 攻撃/遠/間接/敵単体

(打)体術で攻撃する(特効:不死)

スタイル補正値(LV50)
腕力 +31.00% +3
体力 +22.00% +8
器用さ +49.00% +3
素早さ ↑↑ +40.00% +8
知力 +31.00% +3
精神 +35.00% +3
+3.00% +3
魅力 +31.00% +3

 

サービス開始時から実装されているAスタイルです。

技はBP3威力E体術攻撃のソバット。BP8威力B体術攻撃の三角蹴り。BP9威力A体術攻撃の活殺破邪法(特効不死)。

アビリティは常時連携ダメージが上昇する(大)巧みの連撃。攻撃した時にごくまれに素早さが上昇する(中)闘争本能(素早さ)。ラウンド開始時まれにヘイトが減少する(中)ミスディレクト。

素ステータスは器用さと素早さが上がりやすいです。

Aスタイルなのでアビリティや補正値に見どころはなく。技についても優秀な技はありません。

SSスタイルが優秀なのでわざわざAスタイルキャットを使用することは本来ないのですが…実はキャットの最重要ステータスである素早さを最高値まで上げるためには、このAスタイルで育成しなければならないんです。他のスタイルでは素早さが最高値にならないので、必然的に育成時はこのAスタイルを使用する頻度が高くなります。

運用方法

ふみつけ型

SS「猫の爪は痛いわよ」

技・術
技・術 BP
空気投げ 4
サブミッション 8→6
ふみつけ 12→10

ふみつけを二回技覚醒してBP10。サブミッションを二回覚醒してBP6にするパターン。開幕から大技のふみつけを使用し、ダメージを稼いでいきます。

ふみつけ→通常→サブミッション→通常→サブミッション→以下ループ

キャットの素早さの高さから最初に行動できることを最大限に活かした戦法。round1が敵一体かつ、キャットのふみつけ一発で倒せる場合、他のキャラはBP13でround2を迎えることができるので大技のランク上げがオートでもできるという利点があり非常に便利な運用方法です。

サブミッション型

SS「猫の爪は痛いわよ」

技・術
技・術 BP
空気投げ 4
サブミッション 8→6
ふみつけ 12

ふみつけの技覚醒を行わず、サブミッションだけ二回覚醒してBP6にするパターン。

サブミッション→サブミッション→通常→サブミッション→通常→以下ループ

とにかくサブミッションを数多く打って敵にデバフをかけていくパターン。主にボス戦などで有効です。

しかしデバフで考えればもう一つのSSスタイル「夏には夏の装いで」の方が優秀なので、向こうを持ってない場合にはこの型にするといいと思います。

余談ですが、空気投げを覚醒させてしまうとBP3となって、延々と威力の低い空気投げを打つ空気投げマシーンとなってしまいますので注意が必要です。

腕力+素早さデバフ型

SS「夏には夏の装いで」

技・術
技・術 BP
炎疾歩 5
活殺破邪法 9→7
旋風脚 13
サブミッション(継承) 8→7

サブミッションを継承してとにかくデバフを与えていくのがオススメです。

初手は活殺破邪法を使用してしまいますが、以後は、サブミッション→サブミッション→通常→サブミッション→通常→以下ループ。

1ターンに腕力二段階、素早さ一段階下げを狙っていくのでボス戦で非常に有効。デバフ一段階と二段階では被ダメージが全然違います。敵の攻撃一発で落ちる高難度クエストは一回ダメージを耐えられるかで全く違う結果になるので、非常に優秀なスタイルだと思います。

現状炎疾歩と旋風脚はあまり使用しないですね。

補助デバフ型

SS「猛獣だぞ~ガオー」

技・術
技・術 BP
ネコのツメ 4→3
ネコダンス 8→6
キャッツラプソディ 16

高難度ボス用の手動運用によるデバフ型です。

ネコダンスで毎ターン敵の腕力と知力を下げ、BPがなくなったらネコのツメで回復していきます。

主に精神が高く、サブミッションではデバフが入りづらい敵相手に使用することになります。

このキャットを実装したということは、今後精神が強烈に高い敵がでてくるかもしれないですね。

腕力+知力デバフ型

SS「猛獣だぞ~ガオー」

技・術
技・術 BP
ネコのツメ 4→3
ネコダンス 8
キャッツラプソディ 16
サブミッション(継承) 8→6

サブミッションを継承した腕力+知力デバフ型です。

SS「夏には夏の装いで」は腕力+素早さデバフ型なので使い分けが可能。

こちらのキャットは知力のスタイル補正値が高いので、比較的デバフを入れやすいです。

ネコのツメ火力型

SS「猛獣だぞ~ガオー」

技・術
技・術 BP
ネコのツメ 4→3
ネコダンス 8
キャッツラプソディ 16→13

ネコのツメのBP回復を活かした火力型です。

キャッツラプソディは威力SSSなので高いダメージが期待できますが、キャットがダメージアップアビリティを持たないのでどこまで火力がでるか不安はあります。

ちなみにネコのツメは斬属性、キャッツラプソディは斬+打属性と体術でありながら斬を得意とするため運用時には注意。

最後に

キャットはガチャ以外でも入手方法があって体術キャラの中でもかなり使いやすいキャラです

同じ体術キャラのアザミとよく比較されますが、アザミはサブミッションを限定スタイルでしか覚えることができないので、体術の重要技であるサブミッションの入手機会が限られるのが難点です。

キャットはSSスタイル「猫の爪は痛いわよ」だけでも完結できるキャラなのでその点でもオススメです。

2020年ハロウィンガチャにて限定スタイルが追加されました。性能的には温泉ジニーと並び、デバフ役としては現在最高峰の性能だと思います。

補助技のネコダンスは今後精神が高く、デバフ技が入らない敵が実装されたときの切り札にもなりえる技です。

デバフ役としては優秀ですが、反面火力はイマイチなので周回等で使用することは少ないだろうという印象です。

間違いなく持っていれば使えるスタイルだと思いますが、必須か?といわれるとそうではない気がしますね。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

著作権について

「© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc.

ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI

当該作品の転載・配布は禁止いたします。」

コメント

  1. […] 【ロマサガRS】キャラ考察 キャットの評価 […]