【マイクラ】ある動物の回収に使用!焚き火の作り方と使い道について【マインクラフト統合版】

焚き火 マインクラフト
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

数年前からちまたではキャンプブームが到来しており、ブームからもはやカルチャーと言っていいほど流行しています。

キャンプと言えば思いつくのはキャンプファイアそう焚き火です。

マイクラの世界でも焚き火を作ることができます。しかもこの焚き火はある動物を回収するのに必須とも言えるアイテム。

今回は焚き火の作り方とその使い道について解説したいと思います

スポンサーリンク

 焚き火の特徴

焚き火

マイクラの焚き火は外側が木の枠で、真ん中に炎が立ち上がるフォルムになっています。

特徴は真ん中の火で生肉や生魚を焼くことが出来ることと、明るさレベルを持つので光源に使用できること、そして煙を発生させることです。

焚き火の作り方

焚き火は原木と木の棒、そして石炭でクラフトすることができます。

焚き火(石炭でクラフト)

材料 クラフト
石炭×1

木の棒×3

原木×3

焚き火×1

石炭は木炭に代用可能です。

焚き火の使い道

生肉や生魚を焼くことができる

焚き火の木枠の部分に生肉や生魚を置くことによって焼くことができます。かまどなしで焼くことができるので石炭や木炭の節約になります。

焚き火(肉と魚を焼く)

特に石炭は洞窟と崖アップデート第二弾にて生成場所が大きく変更になり、これまでのように適当に地下を掘っていれば入手できるということはなくなったため貴重。石炭節約のためにも焚き火の有用性は上がっています。

焚き火(焼き上がり)

焼きあがると焚き火の近くにアイテム化します。

光源として使用する

焚き火(明るさ)

焚き火は明るさレベル15の光源になります。拠点の外に設置すれば湧き潰しに使用することができます。

火を付けたり消したりできる

焚き火の火は水で消すことができます。バケツに汲んだ水を焚き火に使用することで火は消えます。

焚き火(火を消す)

一度消した火は火打ち石と内金で再点火可能です。

焚き火(点火後)

蜂の巣を回収する

焚き火から発せられる煙によって蜂の巣を安全に回収することができます。

ハチミツ(煙)

焚き火を使用せずに蜂の巣やハチミツを回収すると、中にいる蜂が怒って攻撃を仕掛けて来ます。

蜂は一度プレイヤーを攻撃するとデスポーンしてしまうため、せっかく蜂の巣を回収しても蜂がいないという状態になってしまいます。

そうならないためにも蜂の巣よ回収には必ず焚き火を使用しましょう。

蜂と蜂の巣の見つけ方や特徴などはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】探しても見つからない時は!蜂(ミツバチ)と蜂の巣を自分で湧かせる方法と増やし方【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 マイクラのミツバチってメッチャ可愛いですよね。 あの花の蜜を集めてる時のお尻フリフリがピヨたけは大好きでして、是非ともミツバチは拠点で愛でたいところです。 しかしミツバチって大体いつも偶然見つける...

まとめ

ということで焚き火についてでした。

  • 焚き火は生肉や生魚をかまど不要で焼くことができる
  • 焚き火の煙は蜂の巣を回収する時に必須

アウトドアにちょっとした憧れはあるんですが、現状難しいので、ピヨたけはせめてマイクラの世界でキャンプファイアを楽しみたいと思います。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント