【ウマ娘】中距離の因子作り!アグネスタキオンから始めるのがおすすめ【レオ杯】

中距離因子アグネスタキオン ウマ娘
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

今回は因子作り中距離編の紹介です。因子厳選は運の要素が強く非常に骨の折れる作業です。

明確に目的を持って少しでも確率を上げる方法で効率よく周回しましょう。

スポンサーリンク

おすすめはアグネスタキオン

なぜアグネスタキオンがおすすめなのか?

第一の理由は適性です。

アグネスタキオン(適性)

アグネスタキオンの初期適性でAは中距離先行のみ。他の適性を因子でAに上げなければ、育成完了時に赤因子はこの3つの中から選ばれます。チャンピオンズミーティングで重要なバ場適性と距離適性の因子を作りやすいというのが最大の理由です。

次に自分で覚えられるスキルが因子にすると便利です。

アグネスタキオン(スキル)

まずは初期から覚えている根幹距離◯これは400の倍数の距離でスタミナを40上げることができるパッシブスキル。対象レースは多く、確定で発動するため中距離以上のレースではスタミナの補強に使えます。

次に覚醒Lv1と覚醒Lv3で覚えられる中距離直線◯中距離コーナー◯これは作戦を選ばず中距離ならばどのレースでも使える汎用性よ高いスキル。勝敗の決め手になるほどの効果はないが中盤での位置取りに役に立つスキル。このスキルをヒント目的でサポートを採用すると育成難度が非常にますため因子化しておくと何かと便利なスキルです。

このようにアグネスタキオンは赤因子を狙いやすく、確定で覚えられるスキルも汎用性が高いものが多いため中距離因子作りの起点としておすすめです。

レオ杯(宝塚記念)用の因子作り

ここからはレオ杯を想定した因子作りの紹介です。宝塚記念は距離2200mのため400の倍数ではない非根幹距離になります。よってアグネスタキオンの初期スキルである根幹距離◯は不要。

次にサポート編成です。

レオ杯中距離因子サポート

サポートの採用理由はこちら

ニシノフラワー
ニシノフラワー(スキル)

阪神レース場◯ 良バ場◯ 

先行コーナー◯

SSRニシノフラワーよりもSRニシノフラワーの方が因子作りにはおすすめ。その理由は完凸するとレースボーナス15%になるのでスキルptが溜まりやすい。

阪神レース場◯はスタミナ、良バ場◯はパワーに対応しているので是非とも因子化したい。

先行コーナー◯は距離を選ばない汎用性の高いスキルなので優先度は下がるがこちらもあると良い。

スーパークリーク
スーパークリーク(スキル)

良バ場◯ コーナー回復◯ 

ペースアップ 末脚

円弧のマエストロが中距離・長距離では必須。採用率が非常に高いためコーナー回復◯はいつのまにか因子になっていたという場合も多いはず。

良バ場◯はニシノフラワーからも取得可能。ペースアップと末脚は作戦を選ばない万能スキル。

特にペースアップは中盤の位置取りに重要なアガってきたの下位スキルのため、アガってきたのスキルpt節約のために欲しい。

フジキセキ
SRフジキセキ(スキル)

夏ウマ娘◯

貴重な夏ウマ娘要員。スキル数が少なく夏ウマ娘の取得確率自体は悪くない。

問題は季節限定は時が過ぎると不要になることか。

スイープトウショウ
スイープトウショウ(スキル)

スイープトウショウからは特に因子化したいスキルはないが、スピードカードがナリタブライアン一枚だけだとスピードが足らずシナリオクリアできない恐れがあるため採用。なのでスピード以外の他のサポートを採用するのもあり。

スピードならキタサンブラックの完凸を持っているならそれがベスト。

ナリタブライアン
ナリタブライアン(スキル)

右回り◯ 中距離直線◯ 

中距離コーナー◯

メイン4章クリアでもらえる配布ナリタブライアン。スキルは優秀なものが揃っていて宝塚記念想定の場合右回り◯が欲しい。

中距離直線◯と中距離コーナー◯はアグネスタキオンなら自前で覚えることができるためスキルptの節約に。

ヤエノムテキ
ヤエノムテキ(スキル)

ペースアップ 末脚 

尻尾上がり

フレンドからのレンタル枠はヤエノムテキを採用。ヒント発生率が高く、ヒントLv最大でスキルをもらえるのが嬉しい。だいたい毎回欲しいスキルは貰えてる印象。

ペースアップはアガってきたの下位スキルのためヒントを貰えるとスキルpt節約になる。

重要なのは尻尾上がり。これを因子化できているとSSRたづなさんを採用しなくても良くなるというメリットがあるので是非とも欲しい。

末脚は万能スキルだが上二つに比べれば優先度は低め。

まとめ

ということでまとめると

  • 初期適性Aが3個しかないので赤因子が中距離と芝になりやすい
  • 汎用性の高い中距離スキルを自前で覚えることがきる

白因子は数が多いほど継承確率が上がるので、まずはアグネスタキオンで必要な白因子を入手。アグネスタキオンなら中距離直線◯と中距離コーナー◯を確定で覚えられますからね。他のキャラよりも確率は高くなります。

そして必要な白因子を作ったらアグネスタキオンを親にして他のキャラを育成。そしてまたアグネスタキオンで育成とループしていくことにより、白因子の数が増やし、中距離の赤因子も入手していきます。そして最後は固有スキルを継承したいキャラに繋げていきましょう

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント

  1. もち より:

    質問があります。因子厳選をする時って青因子も星3にする必要がありますか?

  2. もち より:

    後、相性は二重丸じゃないとダメでしょうか?
    教えて頂けると助かります‍♂️

  3. もち より:

    質問があります。因子厳選をする時って青因子も星3にする必要がありますか?
    また、相性は二重丸でないとダメでしょうか?
    教えて頂けると助かります。

    • piyotake より:

      コメントありがとうございます。まず青因子は星3がベストですが星2でも大丈夫だと思います。青因子よりも赤因子の星3や狙った白因子を継承しているかに重点を置いた方がいいと思います。

    • piyotake より:

      相性についてですが、因子作りの段階では◎でなくても大丈夫です。最終的にキャラを育成する場合には◎にした方がいいですが、必ずしも必須というわけではありません。ただし△ですと青因子すら因子継承しない場合があるので最低でも〇は必要だと思います。

      • もち より:

        返信ありがとうございます。そして同じ質問をやってしまいすみません。
        青因子は2でもいいとおっしゃいましたが、例えば白因子が揃ってて青因子1だと作り直した方がいいのでしょうか?
        よろしければお答え頂きたいです。

        • piyotake より:

          お気になさらずに。青因子1で白因子が揃っている場合ですが、例えば青因子が1であっても目標とするステータスに到達できるサポートカードが揃っていれば問題ありません。そうでない場合はやはり青因子のステータス上昇は育成において重要なのである程度こだわった方がいいと思います。青因子1であっても白因子を継承しているなら、今度はそのキャラを親にして別キャラを育成しましょう。白因子は親やその親が持つ同一の白因子の数が多いほど因子化する確率が上がります。そうして白因子の継承する確率をあげつつ、青因子や赤因子の星の数を厳選していくといいと思います。

  4. もち より:

    なるほど、私は無課金なので青因子2以上は必要ということですね。
    何度も質問申し訳ないのですが、赤因子を中距離でないといけないのは距離適性をSにするためですか?バ場適性とか脚質適性はSにしないでもいいのでしょうか?

    • piyotake より:

      おっしゃるとおり距離適性をSにするためです。距離適性はスピード、バ場適性はパワー、脚質適性は賢さにそれぞれ補正がかかります。詳しい数値はちょっと覚えてませんが。対応するステータスがパワーであるバ場適性も距離適性と同様に重要です。脚質適性が不要なわけではありませんが、ステータスの重要度的に距離適性>バ場適性>脚質適性と思われるため、距離適性により多くの赤因子枠を使った方がいいと考えています。

      • もち より:

        色々質問してしまいご迷惑おかけました。おかげで疑問が解消されました。ありがとうございます!!