【スコーピオ杯】固有が有効発動すれば安定して強い!タイキシャトルの育成例【ウマ娘】

タイキシャトル(トップ) ウマ娘
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

加速系の固有スキルを持つタイキシャトルはレース条件によっては非常に強力になるウマ娘の一頭です。

タイキシャトルの育成例の一覧です。

スポンサーリンク

スコーピオン杯用中距離先行育成

天皇賞(秋)は絶好の舞台

スコーピオ杯の舞台である天皇賞(秋)は東京の2000m。この条件だとタイキシャトルの固有スキルが有効発動するため先行枠でタイキシャトルは選択肢に入ります。

タイキシャトルの中距離適性はEのため因子による改造が必要。しかし中距離因子はメジャーな因子なので改造の難易度はそこまで高くないです。

中距離Aにするには中距離因子の星の数が10個必要。枠が最低でも4枠必要なため、結果的に中距離Sを狙いやすいというのも利点の一つです。

モデルのタイキシャトルは今年グランアレグリアで天皇賞(秋)に挑戦した藤沢和雄調教師の管理馬としても知られています。

藤沢調教師は当時外国産馬で規定により天皇賞(秋)に出走が叶わなかったがタイキシャトルは中距離も走れるポテンシャルがあったと語っていました。

そして2021年、同じくマイラーであるグランアレグリアにもタイキシャトルと同じポテンシャルがあると見出し、天皇賞(秋)に挑戦するが惜しくも3着。藤沢調教師は今年勇退が決定しています。

ということでタイキシャトルと天皇賞(秋)にはちょっとした縁があるんですね。競馬界の名伯楽が描いた夢をスコーピオ杯の舞台で叶えるというのも一興ではなでしょうか。

スキル

スコーピオ杯タイキシャトル(スキル)

ステータス的にはパワーがもう少し欲しいですね。

スタミナはマエストロが発動すればなんとか足りるといった感じ。栄養補給を取得しているのは尻尾上がり発動のためです。

中距離直線は中盤で発動しない場合もあるし、アガってきたは追い越ししなければならないので、発動しない場合を考えると尻尾上がりを狙った場所で発動させるのは中々難しいですね。

差しや追込のラストの脚を考えると、終盤の速度スキルは多めに欲しいところですね。

因子継承

スコーピオ杯タイキシャトル(因子継承)

スコーピオ杯タイキシャトル(因子1)

スコーピオ杯タイキシャトル(因子2)

スコーピオ杯タイキシャトル(因子3)

スコーピオ杯タイキシャトル(因子4)

スコーピオ杯タイキシャトル(因子5)

スコーピオ杯タイキシャトル(因子6)

親に関しては他キャラで使用したものを流用。固有スキルの継承は何がいいかによってこれから考える予定。

中距離の因子はフレンドから星3をレンタルして作ると簡単。

サポート編成

スコーピオ杯タイキシャトル(サポート)

SRアグネスタキオンLv45

SSRたづなさんLv50

SSRスーパークリークLv30

SSRキタサンブラックLv45

SSRスペシャルウィークLv50【イベント】

SSRファインモーションLv50【フレンド】

タイキはスタミナに補正値がないので盛るのが難しい。

スーパークリークを入れて最低限のスタミナを確保しつつ、マエストロか食いしん坊の完走を狙います。

スピードに補正値20あるため、スピードのサポートはキタサンブラックとイベントスペシャルウィークの2枚。

先行は賢さも確保したいのでファインモーションをレンタルと中距離スキルを持っているアグネスタキオンを採用。

ルームマッチでの使用感

先行勢の中ではシチーと並んで安定感があるかなという印象です。

ヴィクトリーショット→尻尾上がり→抜け出し準備(スピードスター)のコンボには大きな可能性を感じます。

しかしヴィクトリーショットが発動するのは3位〜5位。発動する前に逃げを抜いてしまう時がちょこちょこありました。1位と2位の場合発動しないので、その場合先頭にたったとしても基本的に負け筋です。

意外とアングリング×スキーミングを継承するのがいいかもしれません。

他キャラのスコーピオ杯育成

エイシンフラッシュ

【スコーピオ杯育成】乗り換えアナボでロマン砲!エイシンフラッシュの可能性を模索【ウマ娘】
11/8 スコーピオ杯用中距離差し育成追記 こんにちはピヨたけです。 さて、今回はホーム画面人権とも言われるエイシンフラッシュの育成です。 エイシンフラッシュの場合、勝てるエイシンフラッシュの育成というより、どうやったらエ...

マンハッタンカフェ

【スコーピオ杯】デバフ兼エース!マンハッタンカフェの育成例【ウマ娘】
11/11 スコーピオ杯用中距離差し育成 こんにちはピヨたけです。 固有スキルにデバフ要素とデバフ金スキルの二つの武器をひっさげて満を持して登場したマンハッタンカフェ。 また、スタミナ補正値30%というのは初ですね。 ...

まとめ

ということでタイキシャトルの育成例でした。レースな条件を選べばかなり強いです。

しかし固有スキルが通常マルゼンスキーの完全下位互換になってしまっているのがちょっぴり悲しいですね。

まあ、あっちは先行中距離に改造するのが難しいのと、同時に水着マルゼンを使えないのが弱点かも。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント