【マイクラ】マイクラでコンブにハマる男の生活【マインクラフト】

コンブ水槽 マインクラフト
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

ロマサガRSは超絶周回ゲーです。とにかく鬼のような周回を毎日毎日繰り返し、ちょっとだけ上昇したステータスを見てニヤニヤするゲームです。

延々と周回が必要になるのですが、当然オートモードなので画面をずっと見ている必要は無いのです。

ロマサガ周回中はテレビを見たり、筋トレしたり、物思いにふけったり、瞑想したりと何かしら他の作業をしているんですが、最近ハマっているのがマイクラです。

ということで今回は最近始めたマイクラの中で、8割はこの作業をしていると思われるコンブとりについての話です

スポンサーリンク

マイクラとは?

マイクラについて簡単に説明しておきます。

正式名称はマインクラフトといいまして、正式リリースされたのは2011年11月です。

マイクラの世界にある土、石、原木などは立方体で表現されており、プレイヤーはそれらの資源を加工しながら探索したり、構造物を建築したりと、無限に続くブロック状の世界で自由な生活を送ることができるゲームです。

コンブとりは心の安定

コンブは海の中の砂や砂利ブロックに植えると勝手に成長していき、十分な長さになったら収穫です。

収穫する際、海の中に潜ることになるんですが、とにかくドラウンドが厄介、海の中は暗いのでウジャウジャ沸いてます。

特にトライデント持ちのドラウンドはダメージが結構大きいので、逃げてる間に撃墜されることもしばしば。

対策は色々あるんですが、一番手っ取り早いのが水槽を作ることです。

コンブ水槽

こんな風に枠で囲って、バケツで水を入れていきます。

ある程度の光源と深く掘り過ぎなければドラウンドが湧かなくなるので、これが一番簡単です。

コンブを収穫するときは、一番下から刈り取ってしまうとまたコンブを植える手間がかかるので面倒なので、一番下を残して収穫しましょう。また勝手に伸びてくるので楽です。

このような水槽を拠点の周りに何個か作っておくと、収穫作業してる間に他の水槽が伸びてエンドレスコンブとりができるようになります。

収穫したコンブはかまどで焼いて乾燥コンブにしていきます。

かまど

乾燥コンブは食べるとちょっとだけ腹の足しになったりするんですが、主な使い方は乾燥した昆布ブロックにすることです。

この乾燥した昆布ブロックは石炭や木炭のように燃料にすることができます。

しかも石炭よりも長持ちするので1セット作れば相当使えます。

ただ一個作るのに乾燥コンブ9個必要なので1セット作るにはかなりの量が必要です。

自動乾燥コンブ製造機

こちらは自動乾燥コンブ製造機です。

一番上のチェストにコンブ、真ん中のチェストに燃料を入れると、一番下のチェストに乾燥コンブがたまっていくという仕組みです。

燃料はバケツに溶岩を汲んだものでも可。

溶岩バケツ

ちなみにこの製造機は奥さんに作ってもらいました。

私は最近マイクラでコンブの収穫しかしてないですから、クラフトに関しては、ほぼすべて奥さんがやってます。

乾燥コンブブロック

とりあえずチェストいっぱいまで集めるのが目標です。

ぶっちゃけ燃料として考えたら石炭掘った方が早いんですが、掘りに行くと何かと面倒じゃないですか?マグマとか気をつけなきゃならないし。

それよりも昆布を収穫して、焼いて、チェストに乾燥した昆布ブロックがたまっていくのを見るとニヤニヤしてしまうんですよね。

まるでロマサガのステータス画面を見ているのと同じような気持ちになるので。

なるほど、私がコンブにハマっているのはロマサガのステータスが上がらないモヤモヤ感をコンブで癒しているということですね。

ということで初マイクラ記事でした。マイクラに関してはプレイ日記的な感じで更新していこうと考えています。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント