【マイクラ】海底トンネル工事中!海底拠点の施設紹介【マインクラフト】

海底拠点 マインクラフト
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

現在砂漠とメサ(バッドランズ)をつなぐ海底トンネルを建築中です。

半分よりもやや来たところで、ちょうどいい深さにかなり広いスペースがあったので、そこに海底拠点を建築してみました。

スポンサーリンク

海底トンネル

構造

海底トンネルは砂漠拠点の駅からトロッコで移動します。

海底トンネル駅

海底トンネル砂漠側入口

海底トンネル内部

海底トンネルの内部はこんな感じ。

砂岩で横8ブロックの土台を作り、ガラスで縦5ブロック積み上げています。なぜ8×5で作っいるのか?

両脇の2ブロックはガラスで塞がるので横の残りは6ブロックです

左側はトロッコを引いて両脇に壁を置く予定、これで3ブロック。

残りの3ブロックは馬での通り道になります。馬は横2ブロックで通れるんですが、なんとなくバランスよく3ブロックにしてみました。

縦のガラスは途中の階段を馬で通る時に、引っかからない高さが5ブロック必要。なのでこの高さにしています。

まずは土台作りから

海底トンネル土台

土台を作ったら次は側面のガラスをつんでいきます。

海底トンネル側面

海底トンネル両側面

両側面のガラスをつみおわったら天井のガラスをつけていきます。

海底トンネル天井

ひたすらこの工程をくりかえします。水中での作業時間が長いのでコンジットを使うと便利。

コンジット

材料

どのくらいの砂岩とガラスが必要かざっくりと計算してみます。

目的地が1000ブロック先の場合

砂岩

横8ブロックで組んでいるため、目的地までに必要な砂岩の数は1000×8=8000個です。

1000×8÷64=125

8ブロックで土台を組むと1000ブロック先までは125セットの砂岩が必要です。

ガラス

両端は5ブロックで組んでいるため、必要なガラスの数は1000×5×2=10000個です。

中央のガラスは1000×6=6000

(10000+6000)÷64=250

ガラスの数は砂岩の倍の250セット必要になります。

海底拠点

概要

海底トンネルの先に海底拠点を建築。

まずは周囲をガラスで囲います。

海底拠点工事中

次に埋め立てして区画を決めながら水抜き。抜き終わったら拠点建築です。

出来上がった拠点がこちら。

海底拠点

建築の材料は海底神殿からとってきたブロックを使用しました。

海底拠点内施設

1Fの施設紹介です。まずはベッド。

海底拠点ベッド

マッピングしている地図もここに飾っています。緑の印がこの海底拠点のある場所です。

次にかまどとチェスト

海底拠点かまど

規模的な作業はここで行います。チェストを置くのにスペースが足りない場合は床に埋めてしまうのも一つの手です。

次はエンチャント台と2Fへの階段です。

海底拠点エンチャント台

海底拠点階段

次は2Fの紹介です。2Fは村人の居住区になります。

海底拠点住人

2こちらの村人は武器鍛冶、防具鍛冶、道具鍛冶が中心です。

鍛冶屋はエンチャントしたダイヤ装備をエメラルドと交換できるのでダイヤの節約になります。

この拠点の村人は取引数量が1で交換できるようにしています。その方法は後で別な記事を書きたいと思います。

B1Fは羊の放牧地と農場です。

海底拠点牧場

海底拠点農場

羊のウールは大量に必要になる予定なのでここで毛刈りしています

B2Fは現在のところ倉庫です。これからどうするかはまだ考えてないですね。

まとめ

ということで海底トンネルと海底拠点の紹介でした。

トンネル工事は正直言って苦行ですね。ガラスが大量に必要なので、ヒマが有れば砂を掘ってかまどへ投入の繰り返しです。

海底拠点の建築には私は携わっていません。水抜き終わったら一日で建築されていました(笑)

トンネル開通までもう少しなので頑張っていきたいと思います。

コメント