【マイクラ】綺麗な建築ブロック!プリズマリンレンガ(海晶レンガ)の入手方法と使い道について【マインクラフト統合版】

プリズマリンレンガ マインクラフト
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

海底神殿に生成されている滑らかなエメラルドブルーのブロック、プリズマリンレンガ(海晶レンガ)にはどういった使い道があるのでしょうか?

スポンサーリンク

プリズマリンレンガ(海晶レンガ)の入手方法

海底神殿で入手

プリズマリンレンガは海底神殿に生成されます。

海底神殿(外観)

海底神殿にスポーンするエルダーガーディアンは採掘速度低下の呪いを使用してくるので、エルダーガーディアンを倒してから採掘して入手しましょう。

プリズマリン(海晶ブロック)と共に海底神殿内に生成されているブロック類の大半を占めるため、一つの海底神殿からかなりの量のプリズマリンレンガを入手することができます。

海底神殿の見つけ方や攻略についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】海底神殿攻略!見つけ方と攻略に必要な最低限のアイテム!入手できるものについて【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 今回はマイクラを代表するダンジョンの一つ海底神殿の攻略についてです。 攻略するにあたって準備が欠かせませんが、最低限どの程度のアイテムがあれば攻略できるのか? 実際に攻略してきました。 海底神殿...

クラフトで入手

プリズマリンレンガ(海晶レンガ)の作り方

プリズマリンレンガ(クラフト)

材料 クラフト
プリズマリンの欠片×9

(暗海晶の破片×9)

プリズマリンレンガ×1

プリズマリンの欠片(暗海晶の破片×9)は海底神殿周辺の海にスポーンするガーディアンのドロップ品です。

ドロップ率は40%とあまり高くはないため、数を入手しようとするならガーディアントラップを作るのが効率が良いです。

ただ、プリズマリンレンガを目的とするならトラップでプリズマリンの欠片を集めるよりも海底神殿を解体した方が早いかもしれません

プリズマリンレンガ(海晶レンガ)の使い道

ハーフブロックを作る

木材や石系ブロックと同じようにハーフブロックを作る事ができます。

ハーフブロックは下付きに設置することで湧き潰しをすることができます。

作業台でクラフト

作業台(プリズマリンレンガのハーフブロック)

3個のプリズマリンレンガで6個のプリズマリンレンガのハーフブロックを作る事ができます。

石切台でクラフト

石切台(プリズマリンレンガのハーフブロック)

1個のプリズマリンレンガで2個のハーフブロックを作る事ができます。

作れる個数は作業台と同じですが、少数作るのに便利です。

階段を作る

階段も木材や石系ブロックではお馴染みの使い道です。

階層の移動以外にも、屋根や壁の装飾など様々な使い道があります。

作業台でクラフト

作業台(プリズマリンレンガの階段)

6個のプリズマリンレンガで4個のプリズマリンレンガの階段を作る事ができます。

石切台でクラフト

石切台(プリズマリンレンガの階段)

石切台では1個のプリズマリンレンガから1個の階段を作る事ができます。

作業台よりも効率が良いので階段を作るなら石切台で作った方がお得です。

コンジットを設置する

プリズマリンレンガはコンジットの周辺に設置することによってコンジットを起動し、コンジットパワーを得る事ができます。

コンジット(効果最大)

コンジットの作り方や効果についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】水中で生活だってできる!海の中心からコンジットの作り方とその効果について【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 海の中に拠点を作りたい!マイクラをプレイしていると一度は考えた事がある方も多いのではないでしょうか? 海底拠点はロマンに溢れていますが問題になってくるのは呼吸です。 水中呼吸のポーションでも最大8...

建築に使用する

エメラルドブルーで滑らかな質感のプリズマリンレンガは建築の材料として使用すると映えます。

海底拠点

上の画像は以前のワールドで作った海底拠点です。

海の中という事でプリズマリン系のレンガを中心にして作りました。

元々海底神殿事態が巨大な建造物なので、プリズマリンレンガは建築に使いやすいブロックです。

まとめ

という事でプリズマリンレンガについてでした。

  • プリズマリンレンガは海底神殿で入手できる
  • プリズマリンレンガはプリズマリンの欠片から作る事ができる
  • ハーフブロックや階段を作る事ができる
  • コンジットの起動に使用する
  • 建築に使用する

海底神殿を攻略する目的はスポンジの入手と、このプリズマリン系のブロックを入手することにあります。

是非とも入手して建築に使用しましょう。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント