【マイクラ】キノコブロックが優秀すぎる!入手方法と使い道について【マインクラフト統合版】

巨大なキノコ マインクラフト
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。
湿地帯などで見かけることのできる巨大なキノコ。壊すとポーションなどの素材となるキノコを入手することができます。

しかし、実はこの巨大なキノコ、キノコにせずキノコブロックのまま入手する方法があるんです。

しかもこのキノコブロックはあるアイテムを生成するのに最高の効率を誇る超優秀なブロック。

今回はキノコブロックの入手方法と使い道について解説します。

スポンサーリンク

キノコブロックの入手方法

巨大なキノコ

巨大なキノコを普通に壊すと入手できるアイテムは通常の小さいキノコです。

キノコ入手個数

これをキノコブロックのまま入手するにはシルクタッチのエンチャントが付与された道具を使用します。

キノコブロック(シルクタッチ)

シルクタッチで壊すとキノコブロックがアイテム化します。

キノコブロック茶色(入手個数)

巨大なキノコ1本からキノコブロック(茶色)が45個、きのこの柄が6個入手できました。

シルクタッチの入手方法や使い道についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】やさしく壊すシルクタッチとは?入手できるものと入手方法について解説【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 シルクとは絹の意味で、物を表現する例えとして柔らかさや優しさなどの象徴として使用されることがあります。 マイクラの世界ではシルクタッチというエンチャントがありますが、これはいったいどういう効果なのでしょ...

巨大なキノコは湿地帯に自然生成されていますが、自分で栽培することも可能

巨大なキノコを生成するのに必要なブロックはポドゾルです。

ポドゾルの入手方法と使い道についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】ポドゾルなら簡単にキノコを育てることができる!入手方法と使い道を紹介【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 茶色いキノコはよく使う便利なポーションの材料なんですが、ネザーや洞窟に少しずつと、湿地帯にしか生成されないため実は結構貴重で入手が難しかったりします。 ということで探しすよりもキノコは栽培した方が数を集...

キノコブロックの使い道

骨粉の生成に最高の効率を誇る

キノコブロックをコンポスターに投入した際の堆肥率はなんと85%です。これはジャガイモを焼いて作るベイクドポテトと同じ比率です。

ベイクドポテトはジャガイモを畑に植えてから収穫するまでの時間と、収穫したジャガイモをかまどで焼く手間があることを考えると、ポドゾルとシルクタッチと骨粉さえあれば大量に入手可能なキノコブロックは最高の骨粉生成率を誇ります。

実際に骨粉が何個作れるか試してみました。

キノコブロック(コンポスター)

先ほど入手したキノコブロック45個とキノコの柄6個をコンポスターに投入してみます。

キノコブロック(堆肥)

キノコブロック(骨粉生成数)

入手できた骨粉の数は7個です。

巨大なキノコを生成するのに必要な骨粉の数は2個~4個なので、それを差し引いても収支は+になります。

キノコ栽培場も拠点に作っておくと非常に便利です。

コンポスターの使い方と自動骨粉製造機についてはこちらにまとめています↓↓↓

【マイクラ】コンポスターに入れられるもので効率がいいのは?超簡単な自動骨粉製造機の作り方【マインクラフト統合版】
こんにちはピヨたけです。 拠点に絶対にあった方がいい設備の一つコンポスター。なぜならばマイクラ生活の必需品とも言える骨粉を作るのに必要だからです。 今回はコンポスターを使用した本当に簡単な自動骨粉製造機の作り方と効率のいい骨粉の...

また、今回は茶色のキノコで検証しましたが、キノコブロック(赤)でも同じく85%の堆肥率になります。

建築の材料に

巨大なキノコ(赤)

今度はこちらの巨大な赤いキノコからキノコブロックを入手してみます。

キノコブロック赤(入手個数)

入手できた数はキノコブロック(赤)が45個、キノコの柄が4個。茶色の巨大なキノコとほぼ同じ入手数です。

キノコブロック(赤)

キノコブロック(赤)の特徴はその見た目、赤い模様に白の斑点でファンシーな感じ。

建築の床や壁にファンシーな雰囲気を作るのに役立ちそうです。

まとめ

ということでキノコブロックについてでした。

  • キノコブロックは巨大なキノコをシルクタッチで壊すことによって入手できる
  • キノコブロックは骨粉の生成に最高の効率を誇る
  • 特徴的な見た目から建築にも使用できる

キノコとキノコブロック。どちらでも異なる使い道がある巨大なキノコは中々優秀なブロックです。

是非とも拠点で栽培してみてください。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント