【ポケモンSV】フェアリーレイド用!テツノドクガの作り方と育成方法【ポケットモンスタースカーレット・バイオレット】

レイド用テツノドクガ ポケモンSV
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

今回はフェアリーのレイドなどで活躍するテツノドクガ作り方育成方法について解説します。

スポンサーリンク
おすすめタイトル
アプリ名 勝利の女神:NIKKE
配信日 202211/4
ジャンル 本格ガンシューティングRPG
運営会社 LEVEL INFINITE
対応端末 iOS/Androido
詳細 アプリの詳細はこちら
インストール

テツノドクガ

レイド用テツノドクガ

タイプと種族値

タイプ ほのお・どく
HP 80
こうげき 70
ぼうぎょ 60
とくこう 140
とくぼう 110
すばやさ 110
種族値合計 570

弱点・タイプ相性

×4 じめん
×2 みず エスパー いわ
×0.5 ほのお こおり かくとう どく はがね
×0.25 くさ むし フェアリー
無効

特性

クォークチャージ
ブーストエナジーを持たせるかエレキフィールドのとき一番高い能力値が上がる

使用感

高いとくこうから放たれるタイプ一致のほのおわざとどくわざが強力。

あさのひざしでHPを回復することができるため継戦能力に優れ、アシッドボムで攻撃しながらとくぼうも下げてサポート役もこなせる。

ダメージを半減以下にできるタイプが多く、主にフェアリーに強く出れるが、不意に飛んでくるじしんには注意。

ぼうぎょは低いため、物理相手だと弱点でなくても大ダメージを受ける。レイドの相手は慎重に選ぶ必要がある。

テツノドクガの育成方法

テツノドクガを入手する

テツノドクガはバイオレット限定ポケモンです。

エリアゼロの第一観測ポイント付近に出現します。

スカーレットの場合、交換やユニオンサークルを利用して入手しましょう。

性格を変更する

テツノドクガのおすすめの性格はとくこうが上がり、こうげきが下がるひかえめです。

入手したポケモンがひかえめなら性格を変える必要はありませんが、違う場合はひかえめミントを使用して成長補正を変えましょう。

レイド用テツノドクガ(ひかえめミント使用前)

上の画像はとくこうが上がり、とくぼうが下がるうっかりや。このテツノドクガにひかえめミントを使用します。

レイド用テツノドクガ(ひかえめミント使用後)

ミントを使用すると性格を変えないで成長補正だけ変えることができます

ひかえめミントはテーブルシティのラッキーズで購入することができます。

ひかえめミント購入

個体値を上げる

野生で入手したままでは個体値が低いままです。

レイド用テツノドクガ(努力値)

個体値を最高まで上げるためにフリッジタウンにいるすごいとっくんおじさんに特訓してもらいましょう。

すごいとっくんおじさん

すごいとっくんおじさんにぎんのおうかんを渡すことにより、個体値を最高まで上げることができます

レイド用テツノドクガ(特訓)

テツノドクガは特殊アタッカーのためこうげきの個体値は上げる必要ありません。

1つのステータスを上げるのにぎんのおうかん1個消費します。今回は5つのステータスを上げるため、ぎんのおうかんが5個必要になります。

レイド用テツノドクガ(特訓後)

特訓後、ステータスがきたえたに変更になります。これで個体値は最高値になります。

ぎんのおうかんはデリバードポーチで購入することができます。

マックスアップ(購入)

努力値を上げる

テツノドクガの努力値の振り方は

  • HP252
  • とくこう252
  • とくぼう6

ポケモンを倒して努力値を上げるよりも、薬やハネを使用して努力値を上げる方が簡単でおすすめです。

使用する薬とハネは

  • マックスアップ×25
  • リゾチウム×25
  • たいりょくのハネ×2
  • ちりょくのハネ×2
  • せいしんのハネ×6

マックスアップやリゾチウムなどの薬はテーブルシティのラッキーズで購入できます。

マックスアップ(購入)

ハネはオージャの湖のキラキラから入手しましょう。

上記のアイテムを使用して努力値振り完了です。

レイド用テツノドクガ完成

レベル 100(推奨)
努力値
  • HP252
  • とくこう252
  • とくぼう6
わざ
  • ほのおのまい(確定)
  • あさのひざし(確定)
  • アシッドボム(確定)
  • ヘドロウェーブ(確定)
もちもの ブーストエナジー(確定)
テラスタイプ どく(推奨)

最後に

テツノドクガは高いとくこうを誇り、ほのお弱点、どく弱点のレイドで活躍します。

ただし、じめん4倍なので、サブウェポンにじしんを持っていそうなポケモンに対しては注意が必要です。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント