【旧作】300円で購入したGジェネレーションウォーズをプレイした感想【評価】

Gジェネウォーズ ゲーム
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

さて旧作をやろうのコーナーです。ここでは格安で購入したゲームを実際にプレイしてみて、感想を伝えたいと思います。

今回購入したゲームはSDガンダムGジェネレーションウォーズ

最初は昔やり込んだGジェネFを買おうと思ったんですが高かったので断念。代わりにまだプレイしたことないGジェネウォーズを300円で買ってきました。

スポンサーリンク

Gジェネとはどんなゲーム?

Gジェネウォーズ

Gジェネレーション略してGジェネですが、これは一体どんなゲームか?簡単に言うとスパロボなどと同じマス目上を移動させて戦うタクティカルシミュレーションゲームです。

ガンダムシリーズの原作に沿ったストーリーシナリオに、自由に編成したオリジナル部隊を配置しストーリーのクリアと自軍の強化を目的としたゲームです。

自軍のユニットはレベルを上げて開発し、ユニットを進化させたり、ユニットとユニットを組み合わせる設計で新たなユニットを入手したり、時には敵軍のユニットを捕獲して自軍の戦力に加えたりと様々なプレイ要素があります。

収録作品

機動戦士ガンダム
機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダムZZ
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
機動戦士ガンダム0083 STARDUSTMEMORY
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダムF91
機動戦士Vガンダム
機動武闘伝Gガンダム
新機動戦記Wガンダム
新機動戦記Wガンダム Endless Walts
機動新世紀ガンダムX
∀ガンダム
機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
起動戦士ガンダムSEED C.E73-STARGAZER-
機動戦士ガンダム00

プレイしてみた感想

開発が面白い

まずはシリーズお馴染みの開発今作ではストーリーでゲストユニットをACEまでレベルを上げて生産リストに登録することができません。

ではガンダムやZガンダムなどのお馴染みのユニットを生産リストに加えるためにはどうすればいいか?

ゲームを開始するとまずマスターユニットの選択から始まります。

マスターユニットはアムロ、カミーユ、ジュドーなどシリーズの主人公から一人選択。

ピヨたけは逆襲のシャアのファンなので逆襲のシャアのアムロを選択しました。

するとアムロが自軍キャラとして使用できるようになり、機体はリ・ガズィ(ベーシック)を入手。

このベーシック機体はオリジナルの機体よりも低めのステータスに設定されており、ベーシック機体のレベルを上げて開発することでオリジナルを生産リストに加えることができるようになります。

最初から強力な機体を入手可能にするのではなくて、どのシナリオ、どのキャラからゲームを始めてもバランスが取れているので個人的に面白いと感じました。

ベーシック機体は、ドモンならシャイニングガンダム、キラならストライクガンダム、刹那ならガンダムエクシアと、それぞれの代表的な機体が手に入ります。

ベーシック機体の入手はマスターユニット選択だけではありません

オリジナルの初期ユニットでお馴染みのトルネードガンダム、フェニックス・ゼロ、フェニックスガンダム。これらを開発することによってベーシック機体を入手することができます。

トルネードガンダム
→フェニックス・ゼロ
→ガンダム(ベーシック)
→Zガンダム(ベーシック)
→ガンダムF91(ベーシック)
フェニックス・ゼロ
→フェニックスガンダム
→シャイニングガンダム(ベーシック)
→Wガンダム(ベーシック)
→ガンダムX(ベーシック)
フェニックスガンダム
→トルネードガンダム
→∀ガンダム(ベーシック)
→エールストライクガンダム(ベーシック)
→ガンダムエクシア(ベーシック)

このように初期ユニットを開発することによってシリーズの機体を入手することができるので、開発がかなり楽しいです。

育成要素が多い

シリーズお馴染みですが、キャラとユニットにはレベルがあり、好きなキャラやユニットを育成することができます。

特にキャラはレベルとは別にステージクリア時に育成ポイントを貰え、どこまでも育成することができます。

過去作よりも育成は奥が深くなっているので育成好きの方にはハマるかもしれませんね。

1ステージが長い

今作はステージ中に特定のキャラで対象の敵ユニットを倒すなどの条件を満たすとWARS BLAKEが発生し、シリーズの垣根を超えた敵ユニットが登場します。

例えばガンダムのシナリオでアムロで特定条件を満たすとガンダムSEEDの敵キャラであるクルーゼが出現したりと、オリジナルストーリーが展開されます。

これにより敵ユニットが多いため、1ステージがかなり長く2時間〜3時間くらいかかります。

WARS BLAKEを発生させないとすぐ終わりますが、せっかくなんで一度は見ておきたいですよね。

まとめ

ということで感想ですが、開発や育成に力が入っており、育成好きなら楽しめると思います。

WARS BLAKEについては似たような展開が延々と繰り返されるので一長一短ありますが、これも敵を多く出して育成のためと考えれば。まあ許容範囲かなと。

旧作でしかも300円ですが、値段の割には楽しめるゲームでした。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント