【ウマ娘】短距離最強スキル「スプリントターボ」持ち!SSRサクラバクシンオー(サポート)の評価

SSRサクラバクシンオー ウマ娘
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

チーム戦短距離は最速のウマ娘たちがぶつかりあう激戦区です。

というのも短距離育成は基本的にスピードとパワーの特化育成になるので、みんな同じようなステータスになるんですね。

ということで勝敗はスキル次第になってくるんですが、そこで強力なスキルがスプリントターボこれを覚えるのがSSRサクラバクシンオー今回はSSRサクラバクシンオーの考察です。

 

他のサポートカードの評価はこちら↓↓↓

サポートカード評価一覧

スポンサーリンク

SSRサクラバクシンオー

SSRサクラバクシンオー

サポート効果比較

固有ボーナス
友情ボーナスと初期絆ゲージアップ
Lv30 Lv50
友情ボーナス15% 友情ボーナス20%
やる気効果アップ30% やる気効果アップ40%
初期スピードアップ15 初期スピードアップ20
初期絆ゲージアップ20 初期絆ゲージアップ25
レースボーナス5% レースボーナス10%
ファン数ボーナス10 ファン数ボーナス20%
得意率アップ35 得意率アップ50
スピードボーナス1

(Lv35で解放)

トレーニング効果アップ10%

(Lv35で解放)

固有ボーナスに友情ボーナスがあるので無凸でも友情ボーナス25%ありますが、トレーニング効果アップを無凸では持たないため一回のトレーニングでのステータスの上昇量は低め。

もう一つの固有ボーナスに初期絆ゲージを持つので友情トレーニングができるようになるのは比較的早い。得意率も持つので質より量で勝負するタイプ。

3凸してLv45になればトレーニング効果アップを取得できるので、そうすればバランスがよく隙がないカードになります。

イベント選択肢

優等生の一石二鳥!!

雑巾がけで、スピード強化! スピード+15

サクラバクシンオーの絆ゲージ+5

資料室の整理で、パワーも強化! スピード+5

パワー+10

走りだすほどの!!

読み終わったら借りてもいいか? 「詰め寄り」のヒントLv+1

サクラバクシンオーの絆ゲージ+5

参考に、走りを見せてもらえるか? 体力+10

スピード+10

パワー+5

サクラバクシンオーの絆ゲージ+5

バクシンの料理!!(連続イベント)

選択肢なし スピード+10

バクシンの気持ち!!(連続イベント)

選択肢なし スタミナ+5

パワー+5

バクシンの大成功!!(連続イベント)

選択肢なし スピード+10

パワー+10

「スプリントターボ」のヒントLv+1

所持しているスキル

SSRサクラバクシンオー(スキル)

スプリントギア 逃げ駆け引き
逃げ焦り 短距離直線◯
短距離コーナー◯ 大きなリード
善後策  

 

所持しているスキルは8個と多め。サポート効果にヒント発生率アップを持たないため、お目当てのスキルを引き当てるにはかなりの運が必要。スプリントターボの下位スキルであるスプリントギアや短距離直線◯、短距離コーナー◯あたりが欲しい。

逆に大きなリードや後方釘付は発動しづらいので必要ないかも。

イベントや選択肢にて取得可能なスキル

詰め寄り スプリントターボ

スプリントターボはスプリントギアの上位スキルサクラバクシンオー自身は覚醒Lv3で習得できます。

短距離の直線で発動するもので、スタートと最後の直線の両方で発動する可能性があります。

特に短距離戦は序盤のポジションどりや、最後のスピードで勝負が決しやすく、そのどちらでも発動対象の非常に強力なスキルです。

SSRサクラバクシンオーはこのスキルを持っていることによって、たとえ無凸であってもデッキの選択肢に入ります

しかし短距離限定のスキルなので汎用性に乏しく、代用できるスキルもあることから強力なスキルではありますが必須とまではいかないかもしれません。

リセマラの妥協ラインとしては…

前述した通り短距離では非常に強力なスキルを持っていますが、逆に言えば短距離でしか使えないとも言えます。

完凸でもしない限りトレーニング性能も低いためリセマラの妥協ラインとしては弱く、人権サポート+複数枚の複数枚の中の一枚であると考えられます

まとめ

SSRサクラバクシンオーは無凸だとトレーニングによるステータス上昇は高くないが、短距離の優秀なスキルであるスプリントターボを覚えるため無凸でも十分デッキの選択肢に入る。

しかし短距離のスキルしか持たないため完凸しない限り短距離以外の育成には使いにくい。

かなりピーキーな性能のサポートカードであると言えます。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

 

他のサポートカードの評価はこちら↓↓↓

サポートカード評価一覧

コメント