【ロマサガRS】メインクエスト2章3話オススメ周回場所

二章三話 ロマサガRS
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

1.5周年期間中ですがメインクエストが更新されましたね。

メインクエスト2章3話が実装されました。

今回は1.5周年記念のクエストで素ステの上限が上がっていたので、メインクエストでの上限更新はないかなと予想していましたが、なんと上限がさらに上がっています。

ということでいつものように周回しやすい場所を紹介しようと思います。

今回はドロップする武器も高性能なので武器ごとに周回場所を選んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

メインクエスト2章3話

3-1-4

剣を入手するならここがいいと思います。

陣形はシグモイドフォーム、ポイントはファスト持ちを多く編成していること。

周回メンバー

二章3-1-4メンバー

Round1をジョーと海の主の娘のファストとマドレーンかビューネイで突破し、Round2にガラハドの冬の嵐で大ダメージを狙っていきます。

シグモとファスト技は相性抜群素早さダウンの位置にファスト技持ちのキャラを置けばデメリットなしで火力が上がるのでオススメです。

3-1-4は全てのRoundで複数体の敵が出てくるので、全体攻撃持ちで構成しましょう。

周回動画

二章3-1-4周回動画

3-1-5

体術の武器狙いならここ

ここも攻略の仕方は3-1-4と同じです。

周回メンバー

二章3-1-5メンバー

今回追加されたヴァッサールの育成に適しています。

Round1にジョーのフランべソルベ、Round2にガラハドの冬の嵐、Round3にヴァッサールの唸る嵐が炸裂。

全体的に冷、雷が弱点なので、海の主の娘やロックブーケなどもオススメです。

周回動画

二章3-1-5周回動画

3-2-2

槍を狙うならこのステージ

気絶持ちのキャラが十分に育っていればこの3-2-2が今回最も高速で回れるステージです。

周回メンバー

二章3-2-2メンバー

陣形はシグモイドフォーム。ポイントはシグモの中央の位置に気絶持ちを配置します。

私は零姫を採用しました。

Round1のフルフルが結構強敵、キャラ2体で倒しきるのはなかなか難しいので3体で確実に倒すといいです。

Round2が突弱点ということもあって、このステージは聖王のブランディッシュが刺さります。

ブランディッシュを2ターン連続で使えるようにBPを調整します

Round1は斬の全体攻撃持ちのビューネイと聖王、ジョーで突破。

Round2はRound1よりも敵のHPが低いので、聖王とビューネイで突破。

そしてRound3なグリフォンは気絶攻撃一発で突破可能。

オススメは零姫。他にはミリアムやデス、新規追加されたモニカでもOKです。零姫のリーパーはBP8にできるので、Round1かRound2でリーパーが暴発してもRound3でまた打つことができます

グリフォンの乱れ突きが強烈でくらえば一撃で落ちます。運悪く気絶持ちが被弾っていうのも結構あるので、私は保険でミリアムも育成も兼ねながら編成に入れときました。

周回動画

二章3-2-2周回動画

3-2-5

ここは大剣がドロップ

最終ステージなので最もステータスが上がるステージ。他の周回しやすいステージで育成してから最後の仕上げにここを回るといいと思います。

周回メンバー

二章3-2-5メンバー

ジョーを中心とした術士部隊に聖王を編成。

Round1とRound2はどちらもタームソルジャーが一体のみ。

どちらも1ターンで突破できますが、念のためにウンディーネのスタンを入れておきます。

問題はRound3のタームジェネラル3体。

この3体はそれぞれ弱点が違うので、弱点を突いて一気に倒すといのが難しいです。

幸い敵の攻撃は大して痛くないので、時間はちょっとかかりますが1体ずつ倒していきます。

リズの咆哮と聖王はヘブンズダイブ型で一撃火力重視で、ジョーもフランベソルベを打った後は高い知力からのスプラッシュやマドルマジックが強力です。

周回動画

二章3-2-5周回動画

まとめ

メインクエスト2章3話のオススメ周回場所の紹介でした。

欲しい武器種によって周回場所を変えるといいです。

剣なら3-1-4、体術なら3-1-5、槍なら3-2-2、大剣なら3-2-5。

気絶持ちがいるなら3-2-2が最も高速で周回できます。

3-2-5は時間がかかるため最期の仕上げに周回するといいです。

ということで皆さんロマサガライフを楽しんでいきましょう。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

著作権について

「© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc.

ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI

当該作品の転載・配布は禁止いたします。」

コメント