チャーハンもカップの時代か?セブンの「炒め油香るチャーハン」レビュー

カップチャーハン 冷凍食品
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

セブンの冷凍コーナーで何やら気になる商品を見つけました。

炒め油香るチャーハン」似たような名前の冷凍チャーハンはいくらでもありそうだが、このチャーハンは冷凍なのに袋でなくなんとカップに入ってます。

便利さへの探究心はいよいよここまで来たか!という思いさながら、今回は新ジャンルカップご飯から「炒め油香るチャーハン」をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

炒め油香るチャーハン

冷凍カップご飯

セブンの冷凍コーナーといえば今やバリエーション豊富でお手軽な冷凍食品が並ぶ食の宝庫です。

そんな冷凍コーナーで最近異彩を放っているのがこのカップご飯。

カップチャーハン

現在この「炒め油香るチャーハン」と「バター香る海老ピラフ」の二種類を確認。

値段はともに213円(税込)で内容量は170gです。

数字を見るとそれほど量は多くないみたいですね。

栄養成分表示

エネルギー 330kcal

たんぱく質 6.5g

脂質 9.7g

糖質 53.9g

食物繊維 0.5g

食塩相当量 2.0g

チャーハンなのに330kcalしかないってダイエットメニューですかね。

ご飯物にしては糖質も少なめだから、昼食にちょうどよさそうかも。

調理方法

調理方法は超簡単。

フタを点線まではがして、電子レンジのスイッチを押すだけです。

もちろん中身を取り出すこともなく、このままカップで温められます。

調理時間の目安

500w約3分40秒

600w約3分10秒

1500w約1分20秒

味は?

レンチンが終わればそのまま食べるだけ。

カップチャーハン中身

170gということで見た目的にもちょっと少ないかなという気がしますね

具材はネギと卵とチャーシューかな?ラーメン屋のチャーハンっぽい見た目をしていますね。

食べてみると、やっぱりラーメン屋のチャーハン!

昔某ラーメン店で頼んだ、ラーメン+チャーハンセットのチャーハンにそっくりな味、というか普通に美味いです!

なんだろう、なんというかちょっと昔を思い出せる素朴なチャーハンという印象。

何が便利かって、中身を取り出さずにそのままレンチンできて、食べ終わったらそのまま捨てられるのがとてつもなく便利。

職場の昼ご飯にも食べられるお手軽なチャーハンです。

ただ量的にはやっぱり成人男性にはちょっと足りないですかね。何かおかずにもう一品買いたくなります。これもセブンの商業戦略の一つなのでしょうか?

まとめ

ということで炒め油香るチャーハンの紹介でした。

味は昔ながらのラーメン屋のチャーハン。チャーシューの味がアクセントの美味しいやつです。

カップのままレンジでチン。食べ終わったらそのまま捨てられて、お皿などの洗い物なしってのがものすごく便利。

量は少なめ、成人男性にはちょっと物足りないくらい、夜食で食べるなら最高だと思います。

機会があればもう一つの海老ピラフも食べてみたいと思います。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント