【ウマ娘】三階級制覇に最も近づいた馬!その名はヤマニンゼファー!

ウマ娘トップ ウマ娘
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

2021年の秋グランアレグリアが偉大な記録に挑戦しました。

それはスプリンターズS・安田記念と1200・1600のレースを制したグランアレグリアが2000の天皇賞(秋)に挑戦するというもの。スプリント・マイルに続きいわゆる三階級制覇を目指すとして話題になりましたね。

結果はエフフォーリア・コントレイルに続き3着。グランアレグリアの実力を持ってしても三階級制覇には惜しくも届きませんでした。

しかしこの偉大な記録にグランアレグリア以上に近づいた馬が過去に一頭だけいます。その馬の名はヤマニンゼファー

今回はウマ娘ネタを交えながらヤマニンゼファーについて話をしたいと思います。

スポンサーリンク

雄才三国
Appバッジ

 雄才三国

~雄才で争う激動の天下~

好感度を上げて武将が持つユニークスキル「雄才」を強化し、自軍を強くする革新的戦略シミュレーション!

スポンサーリンク

 ヤマニンゼファー血統背景

まずは名前の由来から。ヤマニンは冠名でゼファーはギリシア神話に登場する西風神の名前だそうです。

父はニホンピロウイナーで母はヤマニンポリシー。

父のニホンピロウイナーは三冠馬ミスターシービーと同世代。ミスターシービーの勝利した皐月賞に出走するも20着と惨敗。

その後は短距離路線に転向するが、これが功を奏し無敵の強さを発揮。時代を代表するマイラーとなります。

母のヤマニンポリシーは競争成績は1勝のみですが父がかの有名なブラッシングルーム。

ダビスタをプレイしたことある方ならご存知かと思いますが、ナスルーラ→レッドゴット→ブラッシングルームのサイアーラインと言えばダビスタを代表する気性難の系譜。

しかし実際にはブラッシングルームは偉大な馬で、産駒には凱旋門賞を制したレインボウクエスト、エプソムダービーを制したナシュワンなど活躍馬が多数。

日本においてブラッシングルームに馴染みが深い馬といえばレインボウクエスト産駒のサクラローレル。ナシュワンの子でクロノジェネシスの父であるバゴ。

ウマ娘界隈なら直系だとクリスタルグリッターズ産駒であるマチカネフクキタル。

ブルードメアサイアー(母父)ならマヤノトップガンやテイエムオペラオーが該当します。

ヤマニンゼファーは、父のニホンピロウイナーの血が色濃く出たのか主に短距離戦線で活躍。しかし後に偉業を成し遂げることになります。

死闘となった天皇賞(秋)

デビューした後に主に短距離戦線で活躍していたヤマニンゼファーは初の重賞制覇を旧5歳の安田記念で11番人気で成し遂げました

その後は勝ちきれないレースが続くも翌年の京王杯スプリングSで久方ぶりの勝利を挙げると安田記念を連覇する偉業を達成。

そして秋の大目標をなんと中距離の天皇賞(秋)に定めます。

前哨戦の毎日王冠では直線で失速し6着。やはりスタミナ不安が懸念されたのか本番の天皇賞(秋)はまさかの5番人気。

そもそもこのレースは大本命と目されてたメジロマックイーンが故障で4日前に引退。同じく本命のトウカイテイオーも怪我で回避。押し出される形の一番人気は絶賛絶不調中のライスシャワー。二番人気にあのナイスネイチャで三番人気にターボ師匠なのだから中々のカオスっぷり。それでも距離不安とは言えGⅠ馬のヤマニンゼファーが5番人気はちょっと軽視されすぎ感はありますね。

レースは大逃げのターボ師匠の後方3番手の好位置から最終コーナーで先頭に抜け出します。しかし最後の直線で外から並びかけてくる馬が一頭。それは田中勝春騎手鞍上のセキテイリュウオー。

田中勝春騎手は前年の安田記念を共に戦ったヤマニンゼファーの元主戦騎手。その田中勝春騎手がなぜ敵側に回っているのかというとこれには事情があります。

ヤマニンゼファーの前年のスプリンターズSの後、田中勝春騎手は大恩ある恩師の管理馬、セキテイリュウオーが力をつけるとともにそちらを優先させるようになります。田中勝春騎手にとってもヤマニンゼファーは初のGⅠ勝利をプレゼントしてくれた大切な馬。この決断には思うところも非常に多かったのではないでしょうか?

そんなかってのパートナーが強力なライバルと共に最後の直線で強烈な脚を持ってヤマニンゼファーに襲いかかる。ヤマニンゼファーも負けじとセキテイリュウオーに自ら馬体を合わせにいき根性勝負の持ち込む。ここにも一つの胸を熱くさせるドラマがあるわけで、これだから競馬って面白い。

300mに渡る死闘をヤマニンゼファーはハナ差で制し、見事秋の盾を手にすることになりました。

ヤマニンゼファー最後の戦い

年末のスプリンターズSはヤマニンゼファーにとってスプリント・マイル・2000の三階級制覇がかかった大舞台。

堂々と一番人気に押されるも2着に敗れてしまいます。

このレースを勝ったのは日本競馬史上最強のスプリンターであるみんな大好きサクラバクシンオー。そして3着にはこれまたウマ娘化しているニシノフラワーなのだからこのレースのレベルは相当高かったんでしょうね。

競馬にたらればは厳禁ですが、もしもヤマニンゼファーが最後に戦った相手がサクラバクシンオーでなければ、と想像を膨らませてしまいます。

しかし、それを言ってしまうと天皇賞(秋)の前にメジロマックイーンが引退していなかったらっていうこともあるのでなんとも言えないですけどね。

このスプリンターズSを最後にヤマニンゼファーは引退。安田記念二連覇と天皇賞(秋)制覇という輝かしい成績を残しターフを去ります。

世代戦以外のマイルと中距離のGⅠを勝った馬は少なく、近年だとアーモンドアイくらい。ジャパンカップと大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが種牡馬価値を上げるために安田記念に挑戦していますが結果は敗れています。

安田記念と天皇賞(秋)を勝つ。この記録も間違いなく偉業と言えます。

最後に

史上最も三階級制覇に近づいた馬ヤマニンゼファー。

冒頭でも述べた通り名前の由来はヤマニンは冠名、ゼファーはギリシア神話の西風神の名前です。この西風とは強風ではなく「そよ風」を指すようで、このことからJRAヒーロー列伝のヤマニンゼファーのキャッチコピーは「そよ風(ゼファー)というには強烈すぎた」。その強さと与えた印象はそよ風なんてものじゃないという賛辞が送られています。

ピヨたけはウマ娘のアニメは一度流して見ただけなのであまり詳しくはないのですが、どうやらヤマニンゼファーは名無しのウマ娘として登場している模様。

もしも、ウマ娘化してくれたら是非とも三階級制覇を成し遂げて、チャンピオンズミーティングの舞台でそよ風を巻き起こしてみたいですね。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

スポンサーリンク

超次元彼女
Appバッジ

 超次元彼女

美少女だらけの放置系王道ファンタジー

コメント