【よう実】七瀬翼の正体と登場シーンまとめ【ようこそ実力至上主義の教室へ】

七瀬(二年生編4.5巻1) ようこそ実力至上主義の教室へ
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

綾小路の1学年下で、1-Dクラスの女生徒である七瀬翼

今回は七瀬翼の正体と登場シーンについてまとめました。

スポンサーリンク

七瀬翼

七瀬翼

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫J

名前:七瀬翼
誕生日:SECRET
学力:B(74)
身体能力:B+(78)
機転思考力:B(71)
社会貢献性:C+(59)
総合:B(72)

七瀬は二年生編から登場したキャラで綾小路の一学年下の生徒になります。

1-Dクラスに配属されており、Dクラスを支配する宝泉と一緒にいることが多いです。

恐怖でクラスを支配する宝泉にも物おじしない性格と抜群のスタイルを持つ美少女です。

初登場(2年生編1巻)

七瀬の初登場は2年生編1巻。

一年生と二年生が一人ずつペアで筆記試験を行う特別試験で2-Dクラスを視察にきた1-Dクラスのリーダー宝泉と共に登場する。

七瀬(二年生編1巻1)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編1巻

宝仙と並ぶとまさしく美女と野獣。

暴力を振るいがちな宝泉に対しても物おじしない強さを見せ七瀬はどうやら副官のような立場になっているようです。

宝泉と共に現れた後、七瀬は綾小路と接触。

七瀬(二年生編1巻2)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編1巻

天真爛漫な笑顔がとにかく可愛い七瀬。

綾小路は2-Dクラスと1-Dクラスの協力を七瀬に呼びかける。七瀬も綾小路の意見には賛成だが宝泉の方針を変えなければならない。七瀬は宝泉との話し合いの場をセッティングすると約束。

しかし七瀬は綾小路に対して良い印象を持っていない事を暴露。綾小路に対して

「はい。私は綾小路先輩が邪悪で薄汚い人なのではないか、そう思っています」

引用:ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編1巻

と、顔に似合わないどぎつい一言を浴びせます。

その後、2-Dと1-Dの交渉の場を作りますが、暴走する宝泉。

ナイフを持って綾小路に襲いかかろうとする宝泉に対し、綾小路との間に立ちます。

七瀬(二年生編1巻3)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編1巻

どうやら宝泉のやり方を認める事はできず、止めようとします。

綾小路と宝泉の対決が決着後、1年生の間で綾小路を退学させた生徒には2000万プライベートポイントが支払われる特別試験が行われており、綾小路が狙われている事を告げます。

一通り事情を説明した後、最後に

「ボクには‥綾小路先輩がこの学校に相応しい人だとは思えなかったからです」

引用:ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編1巻

綾小路に対して明確な憎悪を向けます。

無人島試験(2年生編2巻)

2年生編2巻は無人島試験までの準備が描かれます。

各陣営の戦略や方針が描かれる中、巻の最後には

七瀬(二年生編2巻)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編2巻

七瀬が月城の送り込んだ綾小路を退学にするための刺客である事が判明します。

様々な思惑が渦巻く無人島試験がここに開幕します。

無人島試験(2年生編3巻)

2年生編3巻は七瀬がメインを務めます。

無人島試験で2日目から綾小路の同行者となり二人で行動を共にすることになります。

ビーチフラッグスの課題では他の女子がスクール水着を選ぶ中、大胆なビキニを選び抜群のプロポーションを披露。

七瀬(二年生編3巻1)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編3巻

綾小路になぜビキニを選んだのか聞かれると

「理由ですか?テレビで見るビーチフラッグスってこういう水着でやってるイメージだったのでスクール水着で参加するのはおかしいのではって。私間違ってました?」

引用:ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編3巻

と、やや天然気味なのが可愛い。

このビーチフラッグスでは決勝で3年生の女子に圧勝し、高い身体能力を見せます。

篠原と同じグループの小宮と木下が襲われた際に、現場から逃走する何者かを追いかけるシーン。

七瀬(二年生編3巻2)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編3巻

相手の脅威的な身体能力に何とかついて行くも、その特徴的な髪色と髪型に動揺し、取り逃してしまいます。

7日目、七瀬は綾小路を人気のない山頂に誘い出し、自身が綾小路を退学させるために月城が送り込んだ刺客であることを告げます。

ここで綾小路を襲い、無人島試験からリタイアさせることで退学させること。さらに自分が負けたとしてもここに月城が現れ、暴行の疑いで綾小路は退学にさせる計画であることを綾小路に突きつけます。

勝っても負けても退学は避けられない状況の中、対峙する綾小路と七瀬。

そして七瀬の本当の目的は?

無人島試験(2年生編4巻)

和解した綾小路と七瀬の前に天沢が現れます。

七瀬は小宮と木下が襲われた際に現場に居合わせ逃走したのが天沢であった事から天沢を警戒。

七瀬は綾小路を天沢から守るように間に立ちます。

わだかまりがとけ、綾小路に協力することで自らの居場所を得た七瀬は、綾小路を守り、綾小路の命に従う協力者に変貌しています。

その後、七瀬は天沢や宝泉の動きを探るために綾小路と別れます。

宝泉と合流した七瀬は1年生が綾小路に対して大掛かりな仕掛けを行う事を知ります。

宝泉は七瀬が綾小路に攻撃を仕掛けるために接近していた事を知っており、次のような会話をしています。

「おまえがそれを言うかよ。綾小路とは随分お楽しみだったみたいだが、成果は?」

「‥ありません。私が敵う相手ではありませんでした」

「ハッ、どうせ女の武器も使わずに正面から挑んだんだろ?」

「女の武器‥ですか?」

なんのことだか分からないといった声に、呆れた宝泉が続ける。

「胸はデカい癖に、頭の方はまるでダメだな」

「あの、胸の大きさと頭との関係性がイマイチ分からないのですが」

引用:ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編4巻

というような会話をしており、ビーチフラッグスの時といい、どうやら七瀬はその手の話には疎いようです。可愛いですね。

その後、七瀬は宝泉から掴んだ情報を綾小路に知らせています。

船上(2年生編4.5巻)

.5巻は基本的にメインストーリーの間の幕間としてキャラそれぞれのストーリーが描かれます。

ところが七瀬は4.5巻の全ての話にチョイ役として登場。一日一回必ず綾小路の前に現れ、その忠犬ぶりを発揮。本当に可愛いですね。

七瀬(二年生編4.5巻2)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編4.5巻

重要な役割としては無人島試験で小宮と木下を襲った真犯人を探っており、龍園とも接触。

龍園を相手にしても物おじせず強気の交渉を行う姿は頼もしく、今後綾小路の信頼できる協力者になりそうです。

体育祭(2年生編6巻)

七瀬・天沢率いる一年生チームと堀北・伊吹・櫛田を含む二年生チームがバレーで対決。

七瀬(二年生編6巻)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編6巻

七瀬は堀北・伊吹と互角の身体能力を見せて、勝負は接戦。

僅差で二年生チームの勝利となります。

まとめ

二年生編から登場した七瀬翼。

当初は綾小路をある理由から明確に敵視していましたが、問題が解決すると綾小路のために行動する協力者に。

恋愛や自分の容姿については疎く、現在のところ綾小路に対して恋愛感情は抱いてないようです。

余談ですが、幕間の.5巻の表紙を飾ったキャラはこれまで四人。

4.5巻が堀北、7.5巻が軽井沢、11.5巻が一之瀬、そして2年生編4.5巻が七瀬です。

七瀬を除く三人が現段階で物語の中心人物であることからも、1年生の中では七瀬が最もヒロインに近そうですね。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント