【ダビスタ】繁殖牝馬一覧!モデルと再現配合も紹介!【ダービースタリオンswitch】

ダビスタトップ画像 ダビスタ
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

今回は繁殖牝馬のモデルになった牝馬とその代表産駒を紹介。名馬の再現配合もダビスタの楽しみ方の一つです。

ピヨたけ調べで随時更新していきます。

スポンサーリンク

繁殖牝馬一覧

ア行

アースサークル
大系統 ニアークティック
価格 1億6000万
スピード 60
スタミナ 52
パワー 54

モデル牝馬

アクアリング

代表産駒

クイーンズリング父マンハッタンカフェ)

16年のエリザベス女王杯を制覇。引退レースとなった有馬記念で8番人気で2着に飛び込む。

アーチッチアーチ
大系統 ナスルーラ
価格 4400万
スピード 42
スタミナ 30
パワー 36

モデル牝馬

マルターズヒート

代表産駒

マルターズアポジー(父ゴスホークケン)

武士沢騎手とのコンビで重賞3勝。

アイオーティー
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億9000万
スピード 56
スタミナ 62
パワー 55

モデル牝馬

アイランドファッション

代表産駒

サトノソルタス父ディープインパクト)

11戦2勝

アイソレーター
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億8000万
スピード 57
スタミナ 60
パワー 55

モデル牝馬

イル―シヴウエーヴ

代表産駒

アドマイヤビルゴ(父ディープインパクト)

2017年のセレクトセールで史上2番目となる5億8000万で落札。21年はその真価を発揮することができるのか?

アイルビーエンジェル
大系統 ニアークティック
価格 1億2000万
スピード 48
スタミナ 56
パワー 48

モデル牝馬

ムーンライトダンス

代表産駒

ムーンリットレイク(父ディープインパクト)

19戦6勝

アエールクライシス
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億9000万
スピード 66
スタミナ 52
パワー 58

モデル牝馬

エアメサイア

代表産駒

エアスピネル父キングカメハメハ)

15年のデイリー杯2歳Sを制覇。マカヒキ、サトノダイヤモンドと同期でクラシック戦線全てに出走し盛り上げる。20年よりダートに転向、悲願のGⅠ制覇なるか。

配合例

アエールクライシスの配合例

アオイツキアカリ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 6400万
スピード 40
スタミナ 42
パワー 38

モデル牝馬

ニシノムーンライト

代表産駒

ニシノメイゲツ(父デュランダル)

38戦5勝

アカンパニメント
大系統 ニアークティック
価格 1億3000万
スピード 54
スタミナ 52
パワー 50

モデル牝馬

ヴェイバー

代表産駒

ニルカンタテソーロ(父Speightstown)

11戦1勝

アズライトアズレイン
大系統 ニアークティック
価格 1億1000万
スピード 56
スタミナ 46
パワー 50

モデル牝馬

アル―リングボイス

代表産駒

アンヴァル(父ロードカナロア)

22戦4勝

アセットバンドル
大系統 ニアークティック
価格 8000万
スピード 42
スタミナ 48
パワー 41

モデル牝馬

シークレットアセット

代表産駒

アラジンバローズ(父ハーツクライ)

2戦1勝

アドミニストレータ
大系統 ニアークティック
価格 1億9000万
スピード 56
スタミナ 63
パワー 55

モデル牝馬

オーサムフェザー

代表産駒

スーパーフェザー父ディープインパクト)

17戦2勝

アドラステア
大系統 ニアークティック
価格 1億3000万
スピード 48
スタミナ 58
パワー 48

モデル牝馬

ゴールデンドックエー

代表産駒

アルバートドック父ディープインパクト)

16年の小倉大賞典と七夕賞を制覇。

アドレセンスキス
大系統 ニアークティック
価格 3000万
スピード 36
スタミナ 28
パワー 31

モデル牝馬

リップスポイズン

代表産駒 

アンブロークン父ヴィクトワールピサ)

8戦1勝

アモーレアモーレ
大系統 ニアークティック
価格 1億8000万
スピード 60
スタミナ 56
パワー 55

モデル牝馬

シャンパンドーロ

代表産駒

フォギーナイト父Tapit)

8戦5勝。

アリベデルチ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億2000万
スピード 50
スタミナ 55
パワー 49

モデル牝馬

ランズエッジ

代表産駒

エッジ―スタイル父ハービンジャー)
26戦3勝

アルカリンバディ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 8800万
スピード 53
スタミナ 41
パワー 46

モデル牝馬

アルカイックレディ

代表産駒

エイシンキンチェム父フジキセキ)

18戦2勝

アルクスガタ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 3億4000万
スピード 70
スタミナ 64
パワー 64

モデル牝馬

リリサイド

代表産駒

リスグラシュー父ハーツクライ)

海外を含めてG1を4勝。19年の宝塚記念、コックスプレート、有馬記念のG1三連勝は圧巻の一言。2019年最も強かったのはこの馬。

アルクメネ
大系統 二アークティック
価格 1億7000万
スピード 56
スタミナ 59
パワー 54

モデル牝馬

テディーズプロミス

代表産駒

マイラプソディ父ハーツクライ)

19年のラジオN京都2歳Sを勝利

アルムナイ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億2000万
スピード 52
スタミナ 70
パワー 55

モデル牝馬

プラウドスペル

代表産駒

マジカルスペル父Creative Cause)

19年に立夏S(1600下)を勝利してオープン馬に。21年からは障害に転向。初戦は6着。

アンダフル
大系統 ニアークティック
価格 2億1000万
スピード 61
スタミナ 60
パワー 57

モデル牝馬

エクセレンスⅡ

代表産駒

レクセランス父ディープインパクト)

8戦3勝

アンドリピート
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億7000万
スピード 54
スタミナ 61
パワー 53

 モデル牝馬

プリティカリーナ

代表産駒

エクレアスパークル(父ハーツクライ)

22戦4勝。

配合例

アンドリピートの配合例

アントロポセン
大系統 ナスルーラ
価格 2億0000万
スピード 64
スタミナ 56
パワー 58

モデル牝馬

ライフフォーセール

代表産駒

ダノンファンタジー父ディープインパクト)

18年の阪神JFをクロノジェネシスを抑え制覇。桜花賞4着、オークス5着。グランアレグリア、クロノジェネシス、ラヴズオンリーユーという牝馬ハイレベル世代のクラシックで善戦。20年の阪神Cを勝利して改めて能力の高さを示した。

イエスユアハイネス
大系統 ニアークティック
価格 1億2000万
スピード 58
スタミナ 46
パワー 51

モデル牝馬

スタイルリスティック

代表産駒

レッドアンシェル父マンハッタンカフェ)

19年のCBC賞、20年の北九州記念を制覇。

イザヨイノシラベ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億6000万
スピード 52
スタミナ 60
パワー 51

モデル牝馬

オリエントチャーム

代表産駒

ペルシアンナイト父ハービンジャー)

17年のマイルチャンピオンシップを制覇。デムーロ騎手とのコンビで3歳でマイルチャンピオンシップを勝利するも、その後は惜しい競馬が続き勝ち星なし。

イタリアンパセリ
大系統 ニアークティック
価格 5600万
スピード 32
スタミナ 46
パワー 34

モデル牝馬

イナズマローレル

代表産駒

アルマワイオリ父マツリダゴッホ)

26戦2勝

イチゴタルト
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億9000万
スピード 58
スタミナ 60
パワー 55

モデル牝馬

グルヴェイグ

代表産駒

ヴァナヘイム父キングカメハメハ)

5戦1勝。骨折によりわずか5戦で引退。

イチバンノキボウ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 3億4000万
スピード 64
スタミナ 70
パワー 62

モデル牝馬

フサイチパンドラ

代表産駒

アーモンドアイ父ロードカナロア)

最多勝記録であるGⅠ9勝。20年の年度代表馬で現在は引退。産駒に期待が高まりますね。

イツカアノトキ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億2000万
スピード 68
スタミナ 54
パワー 60

モデル牝馬

リアアントニア

代表産駒

リアアメリア父ディープインパクト)

20年のオークス4着、ローズS制覇。21年はヴィクトリアマイルを目指して始動。

イドゥン
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 3600万
スピード 30
スタミナ 38
パワー 31

モデル牝馬

マハーバーラタ

代表産駒

ヒンドゥタイムズ父ハービンジャー)

12戦4勝

イランイラン
大系統 ハンプトン
価格 1億3000万
スピード 50
スタミナ 56
パワー 49

モデル牝馬

ベッラレイア

代表産駒

ベッラレジーナ父ネオユニヴァース)

3戦1勝

インタープリター
大系統 ニアークティック
価格 4800万
スピード 32
スタミナ 42
パワー 33

モデル牝馬

ゲームコンパイラ

代表産駒

アルマディヴァン父メジロベイリー)

39戦5勝

ウィーノ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億2000万
スピード 70
スタミナ 52
パワー 60

モデル牝馬

ウィルパワー

代表産駒

インディチャンプ父ステイゴールド)

19年の安田記念とマイルCSを制覇。掲示板を外したのは香港マイルの一回だけと抜群の安定感。

ウィッチブルーム
大系統 ニアークティック
価格 2億0000万
スピード 60
スタミナ 60
パワー 57

モデル牝馬

サミター

代表産駒

ダノンチェイサー父ディープインパクト)

19年のきさらぎ賞を制覇。父ハーツクライの妹も新馬戦を勝利。

ウィンターグリーン
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億9000万
スピード 57
スタミナ 62
パワー 55

モデル牝馬

ドバウィハイツ

代表産駒

リバティハイツ父キングカメハメハ)

18年のフィリーズレビューを制覇。

ウインドファクター
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 9600万
スピード 56
スタミナ 42
パワー 48

モデル牝馬

カツラドライバー

代表産駒

エフティマイア父フジキセキ)

07年の新潟2歳Sを制覇。

ウーマンボーカル
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億1000万
スピード 50
スタミナ 52
パワー 48

モデル牝馬

ホットマンボ

代表産駒

コウエイオトメ(父ハーツクライ)

36戦5勝

ウォーキングオンエア
大系統 スインフォード
価格 1億9000万
スピード 68
スタミナ 51
パワー 59

モデル牝馬

ノーブルステラ

代表産駒

ノーブルジュエリー(父Smarty Jones)

21戦6勝。

ウォークザトーク
大系統 ナスルーラ
価格 2億6000万
スピード 68
スタミナ 51
パワー 59

モデル牝馬

バラダセール

代表産駒

サトノフラッグ(父ディープインパクト)

20年の報知弥生ディープ記念を制覇。その後クラシック競争全てに出走。菊花賞3着が最高順位。

ウォーターフォール
大系統 ニアークティック
価格 2億0000万
スピード 54
スタミナ 66
パワー 55

モデル牝馬

リリーオブザヴァレー

代表産駒

ヴァンキッシュラン(父ディープインパクト)

16年の青葉賞を制覇。

ウスベニアオイ
大系統 ヘロド
価格 1億7000万
スピード 56
スタミナ 58
パワー 53

モデル牝馬

ヴィクトリーバンク

代表産駒

ユニバーサルバンク(父ネオユニヴァース)

28戦3勝

ウムアルムング
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 8400万
スピード 42
スタミナ 50
パワー 42

モデル牝馬

アブラシオ

代表産駒

オーヴァルエース(父ヘニーヒューズ)

3戦3勝

ウンメイノアカイイト
大系統 ニアークティック
価格 4億5000万
スピード 72
スタミナ 70
パワー 67

モデル牝馬

ラヴズオンリーミー

代表産駒

リアルスティール(父ディープインパクト)

16年のドバイターフを制覇。ドゥラメンテ、キタサンブラックと同世代。全妹に19年のオークスを制したラヴズオンリーユーがいます。

配合例

ウンメイノアカイイトの配合例

エイコウノソラヘ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 3億6000万
スピード 70
スタミナ 66
パワー 65

モデル牝馬

アドマイヤグルーヴ

代表産駒

ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)

15年の皐月賞と日本ダービーを制覇。現在は種牡馬として活躍中。

ノーザンテースト、トニービン、サンデーサイレンス、キングカメハメハを持つ血統は日本における近代競馬の歴史そのもの。

エイスト
大系統 ニアークティック
価格 3億6000万
スピード 60
スタミナ 76
パワー 62

モデル牝馬

リッスン

代表産駒

タッチングスピーチ(父ディープインパクト)

15年のローズSを制覇。

配合例

エイストの配合例

エイプリルフール
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 6400万
スピード 34
スタミナ 48
パワー 36

モデル牝馬

サトルスマイル

代表産駒

ジャングルスマイル(父ジャングルポケット)

82戦39勝

エイル
大系統 ニアークティック
価格 1億2000万
スピード 56
スタミナ 49
パワー 36

モデル牝馬

ゴレラ

代表産駒

ネオウィズダム(父ネオユニヴァース)

19戦5勝

エクリュ
大系統 ハンプトン
価格 1億4000万
スピード 42
スタミナ 66
パワー 47

モデル牝馬

ショアー

代表産駒

エックスマーク(父ディープインパクト)

36戦5勝

エッセンスグレート
大系統 ナスルーラ
価格 2億4000万
スピード 62
スタミナ 62
パワー 58

モデル牝馬

ドバイマジェスティ

代表産駒

アルアイン(父ディープインパクト)

17年の皐月賞と19年の大阪杯を制覇。元中日ドラゴンズの山本昌氏の出資馬として知られています。

エトワルセリータ
大系統 スインフォード
価格 3億0000万
スピード 70
スタミナ 60
パワー 63

モデル牝馬

スタセリタ

代表産駒

ソウルスターリング(父Frankel)

16年の阪神JF、翌年のオークスを制覇。無敗の怪物Frankelの初年度産駒にして初のGⅠ勝利となった馬。現在は引退し繁殖に。

エリアフィフティーン
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億6000万
スピード 58
スタミナ 54
パワー 53

モデル牝馬

アメリ

代表産駒

プライムフェイズ(父ディープインパクト)

8戦2勝

エルトゥルマニエ
大系統 ナスルーラ
価格 3億2000万
スピード 70
スタミナ 62
パワー 63

モデル牝馬

ダンスーズデトワール

代表産駒

ルルーシュ(父ゼンノロブロイ)

12年のアルゼンチン共和国杯を制覇。その後有馬記念に出走するも後方からの競馬になってしまい8着。

エローラ
大系統 ナスルーラ
価格 1億6000万
スピード 60
スタミナ 53
パワー 54

モデル牝馬

アドマイヤハッピー

代表産駒

ウォータクティクス(父ウォーエンブレム)

09年のアンタレスSを勝利

 

エンジョイマイライフ
大系統 ナスルーラ
価格 1億7000万
スピード 62
スタミナ 52
パワー 55

モデル牝馬

イスラコジーン

代表産駒

イスラボニータ(父フジキセキ)

14年の皐月賞馬。古馬になってからはマイル戦線で活躍し種牡馬に。

エンドビオラ
大系統 ニアークティック
価格 1億1000万
スピード 46
スタミナ 56
パワー 46

モデル牝馬

ファーストバイオリン

代表産駒

サウンズオブアース(父ネオユニヴァース)

生涯で2勝しかしていないが、ジャパンカップ、菊花賞を含む重賞7レースで2着。地球の鼓動を感じる最強の2勝馬。

オープンソース
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億6000万
スピード 56
スタミナ 56
パワー 53

モデル牝馬

ウィーミスフランキー

代表産駒

アドマイヤビーナス(父オルフェーヴル)

17戦2勝

オールドメディア
大系統 ニアークティック
価格 1億6000万
スピード 54
スタミナ 58
パワー 52

モデル牝馬

ヴィヤダーナ

代表産駒

ダノンメジャー(父ダイワメジャー)

29戦6勝

オッショイ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億7000万
スピード 54
スタミナ 60
パワー 53

モデル牝馬

ヴェイルオブアヴァロン

代表産駒

リルダヴァル(父アグネスタキオン)

38戦6勝

オドントグロッサム
大系統 ニアークティック
価格 1億4000万
スピード 60
スタミナ 49
パワー 53

モデル牝馬

クロウキャニオン

代表産駒

ボレアス(父ディープインパクト)

11年のレパードSを制覇

オビシタス
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 2億0000万
スピード 66
スタミナ 54
パワー 58

モデル牝馬

マラコスタムブラダ

代表産駒

レシステンシア(父ダイワメジャー)

19年の阪神JFを制覇。桜花賞はデアリングタクトの2着。NHKマイルカップはラウダシオンの2着。

オルセーラー
大系統 ニアークティック
価格 3億6000万
スピード 64
スタミナ 72
パワー 63

モデル牝馬

マルペンサ

代表産駒

サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)

16年の菊花賞と有馬記念を制覇。菊花賞の強さとキタサンブラックを退けた有馬記念が印象的。

オンザボール
大系統 ニアークティック
価格 1億5000万
スピード 56
スタミナ 54
パワー 52

モデル牝馬

ココシュニック

代表産駒

ステファノス(父ディープインパクト)

14年のサウジアラビアロイヤルC富士Sを制覇。

カ行

カットコーナー
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億4000万
スピード 54
スタミナ 55
パワー 51

モデル牝馬

スウィートリーズン

代表産駒

ディアスティマ(父ディープインパクト)

9戦4勝

カトゥーラカツアイ
大系統 スインフォード
価格 1億4000万
スピード 58
スタミナ 51
パワー 52

モデル牝馬

セルキス

代表産駒

ヴェロックス(父ジャスタウェイ)

13戦3勝

カルセドグリーン
大系統 ネイティヴダンサー
価格 4億5000万
スピード 70
スタミナ 72
パワー 67

モデル牝馬

クリソプレーズ

代表産駒

マリアライト(父ディープインパクト)

15年のエリザベス女王杯と16年の宝塚記念を制覇。ドゥラメンテ、キタサンブラックを破った宝塚記念が印象的。半弟に19年のチャンピオンズカップを制覇したクリソベリル(父ゴールドアリュール)がいます。

配合例

カルセドグリーンの配合例

キャリアナース
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億9000万
スピード 63
スタミナ 55
パワー 57

モデル牝馬

ダイワエンジェル

代表産駒

レーヌミノル(父ダイワメジャー)

17年の桜花賞でリスグラシュー、ソウルスターリングを破り桜の女王に。20年にリオンディーズとの初仔が生まれています。

キューレーネー
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億5000万
スピード 57
スタミナ 53
パワー 52

モデル牝馬

ダイワスカーレット

桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、有馬記念を制した名牝。ダイワメジャーの半妹。

代表産駒

ダイワレジェンド(父キングカメハメハ)

22戦4勝

キラメキハート
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億4000万
スピード 52
スタミナ 56
パワー 50

モデル牝馬

タッチザピーク

代表産駒

ピークトラム(父チチカステナンゴ)

97戦14勝

クイーンズスミレ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億4000万
スピード 56
スタミナ 52
パワー 51

モデル牝馬

ダンスインザムード

ダンスインザダーク、ダンスパートナーの全妹。06年のヴィクトリアマイルを制覇。

代表産駒

カイザーバル(父エンパイアメーカー)

21戦5勝

クトゥブミナール
大系統 ナスルーラ
価格 2億0000万
スピード 70
スタミナ 50
パワー 60

モデル牝馬

ポロンナルワ

代表産駒

ディーパワンサ(父ディープブリランテ)

15戦3勝

クラッシュシンバル
大系統 ニアークティック
価格 1億8000万
スピード 62
スタミナ 54
パワー 56

モデル牝馬

バイザキャット

代表産駒

アユサン(父ディープインパクト)

13年の桜花賞を制覇。21年の種付け相手はエピファネイア。

クラムシャイン
大系統 ニアークティック
価格 1億9000万
スピード 64
スタミナ 55
パワー 57

モデル牝馬

シェルズレイ

代表産駒

レイパパレ(父ディープインパクト)

デビューから5戦5勝でチャレンジCを制覇。21年はどのようなローテーションを歩むのか。

グルミウム
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億4000万
スピード 58
スタミナ 50
パワー 52

モデル牝馬

ブエナビスタ

牝馬二冠、ジャパンカップなどGⅠ6勝したスペシャルウィークの最高傑作。歴代獲得賞金額5位。牝馬ではアーモンドアイに続き2位。

代表産駒

ソシアルクラブ(父キングカメハメハ)

19戦4勝

クロノモンショウ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億4000万
スピード 50
スタミナ 58
パワー 50

モデル牝馬

ブラックエンブレム

代表産駒

アストラエンブレム(父ダイワメジャー)

31戦7勝

コウテイダリア
大系統 ニアークティック
価格 1億9000万
スピード 68
スタミナ 50
パワー 58

モデル牝馬

ポルトフィーノ

代表産駒

ポルトドートウィユ(父ディープインパクト)

12戦2勝

ゴーストボールト
大系統 二アークティック
価格 2億4000万
スピード 64
スタミナ 60
パワー 59

モデル牝馬

コンテスティッド

代表産駒

ギベオン(父ディープインパクト)

18年のNHKマイルカップを2着。そして同年の中日新聞杯を一番人気で制覇。しかしその後は勝利から遠ざかり、6歳になった21年も現役続行。

コーファイクイーン
大系統 ニアークティック
価格 3億0000万
スピード 64
スタミナ 66
パワー 61

モデル牝馬

キングスローズ

代表産駒

サトノアーサー(父ディープインパクト)

18年のエプソムカップと20年の関屋記念を制覇。4歳と6歳で重賞制覇と息の長い活躍。

ゴールデンアップル
大系統 ニアークティック
価格 1億7000万
スピード 64
スタミナ 50
パワー 56

モデル牝馬

ペンカナプリンセス

代表産駒

トリコロールブルー(父ステイゴールド)

鳴尾記念3着など重賞で好走。しかし21年調教中に骨折。予後不良と診断。安らかにお眠りください。

コールテンタイムズ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億3000万
スピード 58
スタミナ 41
パワー 51

モデル牝馬

ベルベットローブ

代表産駒

アドマイヤサガス(父フジキセキ)

46戦7勝

コネコチャン
大系統 ニアークティック
価格 2億0000万
スピード 68
スタミナ 52
パワー 59

モデル牝馬

ステファニーズキトゥン

代表産駒

カトゥルスフェリス(父ディープインパクト)

4戦1勝。

ゴルディロックス
大系統 ニアークティック
価格 2億6000万
スピード 72
スタミナ 54
パワー 62

モデル牝馬

スターアイル

代表産駒

ミッキーアイル(父ディープインパクト)

14年のNHKマイルカップと16年のマイルCSを制覇。20年に産駒がデビュー、芝とダートの両方で重賞馬を輩出し、今後が期待されます。

コルトコンコルド
大系統 マッチェム
価格 2億8000万
スピード 66
スタミナ 62
パワー 61

モデル牝馬

コンドコマンド

代表産駒

アルジャンナ(父ディープインパクト)

勝ち鞍は新馬戦のみだが重賞で好走し、20年の日本ダービーに出走。その後は長期休養に入り、年明けより復帰予定。

コンバージョン
大系統 ナスルーラ
価格 1億9000万
スピード 69
スタミナ 49
パワー 59

モデル牝馬

ルシュクル

代表産駒

ブランボヌール(父ディープインパクト)

16年のキーンランドCを制覇。

サ行

サイレントロマンス
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億3000万
スピード 56
スタミナ 50
パワー 51

モデル牝馬

レクレドール

代表産駒

ベルーフ(父ハービンジャー)

15年の京成杯を制覇。

サクランボペイ
大系統 ニアークティック
価格 2億6000万
スピード 58
スタミナ 68
パワー 58

モデル牝馬

チェリーコレクト

代表産駒

ワーケア(父ハーツクライ)

19年のホープフルS3着、明けた報知弥生ディープ記念2着の成績でダービーに乗り込むも8着。その後は勝ち星に恵まれず、21年復活なるか。

サテライトオフィス
大系統 ニアークティック
価格 1億3000万
スピード 55
スタミナ 51
パワー 50

モデル牝馬

レディオブオペラ

代表産駒

バルトリ(父ディープインパクト)

7戦1勝

シーマリン
大系統 ニアークティック
価格 1億9000万
スピード 60
スタミナ 58
パワー 56

モデル牝馬

カーラパワー

代表産駒

ダノンシャーク(父ディープインパクト) 

14年のマイルCSを制覇。1600mで強さを発揮した名マイラー。

シミーオゥ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 3億0000万
スピード 60
スタミナ 70
パワー 60

モデル牝馬

シユーマ

代表産駒

ブレステイキング(父ディープインパクト)

18年のセントライト記念4着。21年も現役続行。今年こそ重賞初制覇なるか。

ジャズクラブバンド
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億4000万
スピード 54
スタミナ 54
パワー 51

モデル牝馬

ポップコーンジャズ

代表産駒

ラブリーデイ(父キングカメハメハ)

15年の宝塚記念と天皇賞(秋)を制覇。瞬間的に頂点に立った中距離馬です。20年に初年度産駒がデビューするも苦戦中。

シャンディ
大系統 ニアークティック
価格 2億8000万
スピード 64
スタミナ 64
パワー 60

モデル牝馬

ジンジャーパンチ

代表産駒

ルージュバック(父マンハッタンカフェ)

15年のオークス2着。実力は確かでしたがどこか勝ちきれない馬でした。悲願のG1制覇はその仔に託しましょう。

シロバラノオトメ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億8000万
スピード 56
スタミナ 72
パワー 58

モデル牝馬

ミスパスカリ

代表産駒

ポポカテペトル(父ディープインパクト)

17年の菊花賞で13番人気で3着入選。

シングヴェトリル
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億5000万
スピード 52
スタミナ 58
パワー 51

モデル牝馬

ジェンティルドンナ

史上4頭目の牝馬三冠馬。牡馬に混ざりながらジャパンカップ、ドバイシーマクラシック、有馬記念を制した名牝。繁殖としてはまだ活躍馬は出ていない。

代表産駒

モアナアネラ(父キングカメハメハ)

16戦3勝

スカイシルビア
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 4億0000万
スピード 78
スタミナ 62
パワー 69

モデル牝馬

シルヴァースカヤ

代表産駒

シルバーステート(父ディープインパクト)

マカヒキ、サトノダイヤモンドと同世代。怪我でクラシック参戦はなかったが実力は主役の一頭だったとされる。その潜在能力の高さから種牡馬に。

スクリーンキャプチャ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億8000万
スピード 64
スタミナ 53
パワー 57

モデル牝馬

スイープトウショウ

04年の秋華賞、05年の宝塚記念とエリザベス女王杯を勝った名牝。21年、半弟のピンクカメハメハ(父リオンディーズ)がサウジダービーを勝利。

代表産駒

スイーズドリームス(父ディープインパクト) 

配合例

スクリーンキャプチャの配合例

スコールミュージック
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億8000万
スピード 54
スタミナ 62
パワー 53

モデル牝馬

オータムメロディー

代表産駒

ジョヴァンニ(父アドマイヤムーン)

22戦6勝。

スティックウィズユー
大系統 ニアークティック
価格 8400万
スピード 50
スタミナ 42
パワー 44

モデル牝馬

デインドリーム

ジャパンカップにも出走した11年凱旋門賞馬のデインドリームがモデル。20年12月に輸入され、21年から社台ファームで供用されます。

代表産駒

オンラインドリーム(父Frankel)

20年デビュー。オンラインドリームは武幸四郎厩舎管理馬で、武豊騎手を背に新馬戦を勝利。

スプリングスイーツ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 5億0000万
スピード 68
スタミナ 76
パワー 67

モデル牝馬

ハルーワスウィート

ヴィルシーナ、ヴィブロス、シュヴァルグランと3頭のG1馬を産んだ名牝。受胎率が悪いらいしいですが生まれた6頭のうち3頭がG1馬というのは凄すぎます。産駒の馬主は元横浜ベイスターズの佐々木主浩氏。

代表産駒

シュヴァルグラン(父ハーツクライ)

17年のジャパンカップを制覇。キタサンブラックとレイデオロを抑えての勝利は当時驚きでした。姉のヴィルシーナと妹のヴィブロスの父はともにディープインパクト。

配合例

スプリングスイーツの配合例

タ行

ダークサイドムーン
大系統 ナスルーラ
価格 2億2000万
スピード 56
スタミナ 66
パワー 56

モデル牝馬

クライウィズジョイ

代表産駒

サトノノブレス(父ディープインパクト)

13年の菊花賞でエピファネイアの2着。7歳時にはサトノダイヤモンドの帯同馬として凱旋門賞にも出走。

ディアメティス
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 8000万
スピード 44
スタミナ 46
パワー 42

モデル牝馬

エルフィンパーク

代表産駒

ブレスジャーニー(父バトルプラン)

2歳時はスワーヴリチャードに完勝し重賞2連勝。怪我さえなければ。

ティーロコンラルコ
大系統 ニアークティック
価格 1億9000万
スピード 67
スタミナ 52
パワー 58

モデル牝馬

ラルケット

代表産駒

ステルヴィオ(父ロードカナロア)

18年のマイルCSを制覇。ロードカナロアの初年度産駒。前年度のペルシアンナイトに続き3歳でのマイルCS制覇。

トゥルーエンド
大系統 二アークティック
価格 1億7000万
スピード 58
スタミナ 57
パワー 54

モデル牝馬

リトルブック

代表産駒

ロジャーバローズ(父ディープインパクト)

京都新聞杯2着で望んだ19年日本ダービー、単勝12番人気のノーマークの中まんまと逃げ切り世代の頂点に。しかしその後はレースに出走することなく引退してしまったので本当の強さはわからないまま。

トランスカイ
大系統 ハンプトン
価格 3億6000万
スピード 66
スタミナ 70
パワー 63

モデル牝馬

マンデラ

代表産駒

ワールドプレミア(父ディープインパクト)

19年の菊花賞を制覇。その後の有馬記念3着の後に長期休養。昨年のジャパンカップで復帰、21年は主役の一頭になれるか?

トリトンプリンセス
大系統 マッチェム
価格 1億8000万
スピード 58
スタミナ 58
パワー 55

モデル牝馬

タイタンクイーン

代表産駒

ストロングタイタン(父Regal Ransom)

18年の鳴尾記念を制覇。

ドレパニディーニ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億8000万
スピード 67
スタミナ 50
パワー 58

モデル牝馬

アパパネ

メジロラモーヌ、スティルインラヴに続く3頭目の牝馬三冠馬。

代表産駒

ジナンボー(父ディープインパクト) 

14戦4勝。新潟記念2着など重賞でも善戦している。

トロットラー
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 2億2000万
スピード 54
スタミナ 68
パワー 55

モデル牝馬

トゥーピー

代表産駒

サトノラーゼン(父ディープインパクト)

15年の日本ダービー2着。ドゥラメンテやキタサンブラックと同期です。晩年はオーストラリアに移籍するも勝ちきれず引退。

ドロワーズ
大系統 ニアークティック
価格 1億5000万
スピード 60
スタミナ 50
パワー 53

モデル牝馬

ラグジャリー

代表産駒

ショウナンマイティ(父マンハッタンカフェ)

12年の大阪杯を制覇。14年のアメリカJCCで競走中止、引退を余儀なくされ種牡馬となるも同年に急死。

ナ行

ナチュラルプロセス
大系統 ニアークティック
価格 1億6000万
スピード 62
スタミナ 50
パワー 55

モデル牝馬

ナスケンアイリス

代表産駒

モジアナフレイバー(父バトルプラン)

21戦9勝

ナンベイヒーロー
大系統 ナスルーラ
価格 1億7000万
スピード 52
スタミナ 62
パワー 52

モデル牝馬

アルゼンチンスター

代表産駒

ペルーサ(父ゼンノロブロイ)

10年の青葉賞を制覇。エイシンフラッシュ、ヴィクトワールピサ、ルーラーシップらと同期。バラエティに富んだクラシックを盛り上げた一頭。

配合例

ナンベイヒーローの配合例

ニチヨウノアオイツキ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 3億4000万
スピード 68
スタミナ 66
パワー 63

モデル牝馬

アドマイヤサンデー

代表産駒

トールポピー(父ジャングルポケット)

07年の阪神JF、翌年のオークスを制覇。7歳で死去し2頭しか産駒を残せなかったのは残念。

ノールックパス
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億9000万
スピード 62
スタミナ 56
パワー 57

モデル牝馬

ハッピーパス

代表産駒

コディーノ(父キングカメハメハ) 

朝日杯2着、皐月賞3着。勝ち馬は共にロゴタイプ。

ハ行

ハーベンジー
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億0000万
スピード 46
スタミナ 54
パワー 46

モデル牝馬

トリプレックス

代表産駒

ダイワキャグニー(父キングカメハメハ)

エプソムカップを勝った東京中距離の鬼。21年も現役続行。一度ダートで見てみたい馬ですね。

ハイライフ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億8000万
スピード 64
スタミナ 52
パワー 57

モデル牝馬

ウオッカ

牝馬にして07年の日本ダービーを制覇した女傑。東京巧者としても知られています。自身の活躍に見合わず産駒の成績は今ひとつ。

代表産駒

タニノフランケル(父Frankel)

25戦4勝

パエリア
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億8000万
スピード 63
スタミナ 54
パワー 57

モデル牝馬

ハウオリ

母は名マイラー、ノースフライト。

代表産駒

キロハナ(父ディープインパクト)

14戦4勝

ハッピーチュニック
大系統 ネイティヴダンサー
価格 3億4000万
スピード 66
スタミナ 68
パワー 63

モデル牝馬

ツルマルワンピース

代表産駒

ブラストワンピース(父ハージンジャー)

18年の有馬記念を制覇。レイデオロを抑え3歳でのグランプリ勝利。

ピアニー
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 2億2000万
スピード 62
スタミナ 60
パワー 58

モデル牝馬

スカーレット

代表産駒

アドミラブル(父ディープインパクト)

17年の青葉賞を強烈な勝ち方で勝利。日本ダービーは展開が向かず負けて強しの3着。その後は体調が回復することなく引退。持っていた素質は相当なものだっただけに種牡馬として産駒に期待です。

ビアンカリボン
大系統 ネイティヴダンサー
価格 8000万
スピード 52
スタミナ 38
パワー 44

モデル牝馬

ホワイトカーニバル

代表産駒

サンビスタ(父スズカマンボ)

15年のチャンピオンズカップを制覇。デムーロ騎手を背に牝馬初のJRAダートG1勝利となりました。

ビセイブ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億9000万
スピード 70
スタミナ 48
パワー 59

モデル牝馬

ビリーヴ

02年のスプリンターズSと03年の高松宮記念を制覇。勝利した10勝全てが1200mという生粋のスプリンター。

代表産駒

ジャンダルム(父Kitten’s Joy)

17年のデイリー杯2歳Sを制覇。

配合例

ビセイブの配合例

ヒットアンドスタンド
大系統 ナスルーラ
価格 1億9000万
スピード 65
スタミナ 53
パワー 57

モデル牝馬

レイズアンドコール

代表産駒

モンドキャンノ(父キンシャサノキセキ)

16年の京王杯2歳Sを制覇。

ビハインドザシーン
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億8000万
スピード 60
スタミナ 68
パワー 59

モデル牝馬

ヒルダズパッション

代表産駒

サンクテュエール(父ディープインパクト)

20年のシンザン記念を制覇。クラシック全レースに出走するも結果は伴わず。21年は復活の年へ。

フェノミナ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億8000万
スピード 56
スタミナ 60
パワー 54

モデル牝馬

ミズナ

代表産駒

ディサイファ(父ディープインパクト)

46戦走り札幌記念など重賞を4勝。

プリンセスフィナーレ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億4000万
スピード 60
スタミナ 48
パワー 53

モデル牝馬

ミスアンコール

代表産駒

ワグネリアン(父ディープインパクト)

福永騎手の悲願である日本ダービー制覇を叶えた18年の日本ダービー馬。古馬になってからは掲示板がやっとのレースが続く。21年に復活してほしい一頭。

プルリクエスト
大系統 ニアークティック
価格 8800万
スピード 50
スタミナ 44
パワー 45

モデル牝馬

ヘアキティー

代表産駒

アミ―クス(父オルフェーブル)

10戦1勝

配合例

プルリクエストの配合例

フロリオグラフィー
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 1億3000万
スピード 60
スタミナ 46
パワー 52

モデル牝馬

ブルーメンブラット

代表産駒

ヴィルデローゼ(父エンパイアメーカー)

21戦3勝

ヘヴンラティーノ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 2億6000万
スピード 64
スタミナ 62
パワー 60

モデル牝馬

ヘヴンリーロマンス

代表産駒

ラニ(父Tapit)

日本調教場として初めてUAEダービー(GⅡ)を制覇。その後アメリカクラシック三冠の全てに出走。三冠最後のレースであるベルモントSでは3着に好走。

ベットユアブーツ
大系統 ニアークティック
価格 1億6000万
スピード 44
スタミナ 68
パワー 49

モデル牝馬

アドマイヤテレサ

代表産駒

アドマイヤラクティ(父ハーツクライ)

14年にオーストラリアのGⅠコーフィールドCを制覇

ベラドンナ
大系統 ニアークティック
価格 1億5000万
スピード 54
スタミナ 56
パワー 51

モデル牝馬

シーズアン

代表産駒

テンペル(父ディープインパクト)

33戦3勝

ベルリンブルー
大系統 ファラリス
価格 1億7000万
スピード 60
スタミナ 54
パワー 55

モデル牝馬

バルドウィナ

代表産駒

ジュエラー(父ヴィクトワールピサ)

16年の桜花賞で1.5倍と圧倒的に支持されたメジャーエンブレムを破っての栄冠。

ポプリン
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億0000万
スピード 56
スタミナ 64
パワー 55

モデル牝馬

ピラミマ

代表産駒

スワーヴリチャード(父ハーツクライ)

18年の大阪杯と19年のジャパンカップを制覇。

ダービーはレイデオロの2着。ハーツクライ、シンボリクリスエス、フェノーメノ、当馬とダービー2着馬は出世しますね。ハーツクライの後継として期待。

配合例

ポプリンの配合例

ホワイトショコラ
大系統 二アークティック
価格 1億7000万
スピード 58
スタミナ 56
パワー 54

モデル牝馬

マシュマロ

代表産駒

ハヤヤッコ(父キングカメハメハ)

19年のレパードSを勝利。珍しい白毛の活躍馬。

配合例

ホワイトショコラの配合例

マ行

マインターム
大系統 ナスルーラ
価格 2億0000万
スピード 72
スタミナ 48
パワー 60

モデル牝馬

ミスエーニョ

代表産駒

ミスエルテ(父Frankel)

16年のファンタジーS制覇。Frankelの初年度産駒としてソウルスターリングと共に期待されるも重賞制覇はファンタジーSのみ。

ミココロノママニ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 6億0000万
スピード 78
スタミナ 70
パワー 71

モデル牝馬

シーザリオ

05年のオークスと同年のアメリカンオークスを制覇。日本調教馬でアメリカのG1を制したのはシーザリオが初。母としても超一流でエピファネイア(父シンボリクリスエス)、リオンディーズ(父キングカメハメハ)、サートゥルナーリア(父ロードカナロア)と3頭のG1馬の母。

代表産駒

エピファネイア(父シンボリクリスエス)

13年の菊花賞と14年のジャパンカップを制覇。気性に難があったため勝ちきれないレースも多かったが、ジャスタウェイを抑えたジャパンカップは歴代最高クラスのパフォーマンス。種牡馬としても三冠牝馬デアリングタクトを輩出し一流であることを証明。

配合例

ミココロノママニの配合例

ミステリアススマイル
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億4000万
スピード 56
スタミナ 68
パワー 57

モデル牝馬

ジョコンダⅡ

代表産駒

サトノクラウン(父Marju)

16年の香港ヴァーズと17年の宝塚記念を制覇。同期はドゥラメンテやキタサンブラック。香港ではハイランドリール撃破。重馬場巧者。

ミステリアスセレブ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億2000万
スピード 58
スタミナ 64
パワー 57

モデル牝馬

リッチダンサー

代表産駒

コントラチェック(父ディープインパクト)

19年のターコイズSを制覇。同期はグランアレグリアやクロノジェネシス。

ミゼラブルウェイ
大系統 ニアークティック
価格 2億2000万
スピード 64
スタミナ 58
パワー 58

モデル牝馬

ミュージカルウェイ

代表産駒

ミッキークイーン(父ディープインパクト)

15年のオークスと秋華賞を制覇。ロードカナロアとの初仔が21年デビュー予定。

配合例

ミゼラブルウェイの配合例

ミニミニデート
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億4000万
スピード 62
スタミナ 46
パワー 53

モデル牝馬

オースミリンド

代表産駒

ナリタスプリング(父フジキセキ)

36戦5勝。

配合例

ミニミニデートの配合例

ミミィ
大系統 ネイティヴダンサー
価格 2億1000万
スピード 63
スタミナ 58
パワー 58

モデル牝馬

キティ

代表産駒

インティ(父ケイムホーム)

19年のフェブラリーSを制覇。未勝利から怒涛の7連勝でフェブラリーSを勝利。

ミラノシアン
大系統 ネイティヴダンサー
価格 3億2000万
スピード 74
スタミナ 58
パワー 65

モデル牝馬

ヴィアメディッチ

代表産駒

アドマイヤマーズ(父ダイワメジャー)

朝日杯フューチュリティS、NHKマイルカップ、香港マイルとマイルG1を3勝。まだまだやれると思っていたが引退。ダイワメジャーの後継者になれるか?

モンドリアンルック
大系統 ニアークティック
価格 1億5000万
スピード 58
スタミナ 52
パワー 53

モデル牝馬

モアザンベスト

代表産駒

タイセイドリーム(父ディープインパクト)

60戦9勝

ヤ行

ユニホック
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 4000万
スピード 38
スタミナ 32
パワー 34

モデル牝馬

セキショウ

代表産駒

トロワマルス(父キングズベスト)

11戦3勝

ラ行

ラーン
大系統 ナスルーラ
価格 1億3000万
スピード 52
スタミナ 54
パワー 50

モデル牝馬

ララア

代表産駒

サラス(父オルフェーヴル)

19年のマーメイドSを制覇。

ラグマーリン
大系統 ナスルーラ
価格 3億6000万
スピード 76
スタミナ 60
パワー 67

モデル牝馬

タピッツフライ

代表産駒

グランアレグリア(父ディープインパクト)

19年の桜花賞、20年は安田記念、スプリンターズS、マイルチャンピオンシップを制覇。短距離界の絶対王者。

ラサンティ
大系統 ニアークティック
価格 3億4000万
スピード 74
スタミナ 60
パワー 67

モデル牝馬

サロミナ

代表産駒

サリオス(父ハーツクライ)

19年の朝日杯FSを制覇。クラシックでコントレイルとの対決は記憶に新しい。

ラフラクスン
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 3億6000万
スピード 68
スタミナ 68
パワー 64

モデル牝馬

ラドラーダ

代表産駒

レイデオロ(父キングカメハメハ)

17年の日本ダービーと18年天皇賞(秋)を制覇。同配合に弟のレイエンダもいます。実はラドラーダの母レディブロンドの母はウインドインハーヘア。あのディープインパクトの母です。母父ディープインパクトとレイデオロの子にはウインドインハーヘアのクロスができるのですが、これって馬産の生産者的にどういう評価なんでしょうね?

配合例

ラフラクスンの配合例

リターントゥアメリカ
大系統 ニアークティック
価格 2億2000万
スピード 66
スタミナ 56
パワー 59

モデル牝馬

シンハリーズ

代表産駒

シンハライト

16年のオークスを制覇。秋華賞に向けて出走したローズS後に屈腱炎が判明。休養するも良化せずそのまま引退。生涯成績は6戦5勝。

レッドストライカー
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億7000万
スピード 62
スタミナ 53
パワー 56

モデル牝馬

レッドファンタジア

代表産駒

レッドベルオーブ(父ディープインパクト)

20年のデイリー杯2歳Sを制覇し、朝日杯FSは3着。クラシックに期待の一頭。

 

ローズティンテッド
大系統 ネイティヴダンサー
価格 1億9000万
スピード 64
スタミナ 54
パワー 57

モデル牝馬

ロードクロサイト

代表産駒

コントレイル(父ディープインパクト)

父ディープインパクト以来の無敗のクラシック三冠馬。ジャパンカップではアーモンドアイに敗れるも菊花賞→ジャパンカップのローテで2着に来たのは立派。21年はその実力を証明するための戦いになりそうです。

ワ行

ワインエチケット
大系統 ナスルーラ
価格 2億4000万
スピード 68
スタミナ 56
パワー 60

モデル牝馬

スプリングチケット

代表産駒

カレンチャン(父クロフネ)

11年のスプリンターズSと12年の高松宮記念を制覇したスプリンターです。産駒のカレンモエが20年京阪杯で2着と今後の活躍に期待です。

ワカレノウタ
大系統 ロイヤルチャージャー
価格 2億4000万
スピード 60
スタミナ 64
パワー 58

モデル牝馬

ラストグルーヴ

代表産駒

ランフォザローゼス(父キングカメハメハ)

19年の青葉賞2着でダービーに乗り込むも5番人気で7着。その後は毎日王冠の5着が最高順位。

配合例

ワカレノウタの配合例

最後に

自分の好きな馬を再現してG1を勝つというのもロマンがあっていいですね。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

権利表記

©2020 ParityBit

©2020 GAME ADDICT

©SUGIYAMA KOBO

Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

コメント