【ダビスタ】繁殖牝馬一覧!モデルと再現配合も紹介!【ダービースタリオンswitch】

ダビスタトップ画像 ダビスタ
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

今回は繁殖牝馬のモデルになった牝馬とその代表産駒を紹介。名馬の再現配合もダビスタの楽しみ方の一つです。

ピヨたけ調べで随時更新していきます。

スポンサーリンク

繁殖牝馬一覧

ア行

アルクスガタ

モデル牝馬

リリサイド

代表産駒

リスグラシュー(父ハーツクライ)

海外を含めてG1を4勝。19年の宝塚記念、コックスプレート、有馬記念のG1三連勝は圧巻の一言。2019年最も強かったのはこの馬。

イザヨイノシラベ

モデル牝馬

オリエントチャーム

代表産駒

ペルシアンナイト(父ハービンジャー)

17年のマイルチャンピオンシップを制覇。デムーロ騎手とのコンビで3歳でマイルチャンピオンシップを勝利するも、その後は惜しい競馬が続き勝ち星なし。

エイコウノソラヘ

モデル牝馬

アドマイヤグルーヴ

代表産駒

ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)

15年の皐月賞と日本ダービーを制覇。現在は種牡馬として活躍中。

ノーザンテースト、トニービン、サンデーサイレンス、キングカメハメハを持つ血統は日本における近代競馬の歴史そのもの。

エッセンスグレート

モデル牝馬

ドバイマジェスティ

代表産駒

アルアイン(父ディープインパクト)

17年の皐月賞と19年の大阪杯を制覇。元中日ドラゴンズの山本昌氏の出資馬として知られています。

エンドビオラ

モデル牝馬

ファーストバイオリン

代表産駒

サウンズオブアース(父ネオユニヴァース)

生涯で2勝しかしていないが、ジャパンカップ、菊花賞を含む重賞7レースで2着。地球の鼓動を感じる最強の2勝馬。

オルセーラー

モデル牝馬

マルペンサ

代表産駒

サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)

16年の菊花賞と有馬記念を制覇。菊花賞の強さとキタサンブラックを退けた有馬記念が印象的。

カ行

サ行

ジャズクラブバンド

モデル牝馬

ポップコーンジャズ

代表産駒

ラブリーデイ(父キングカメハメハ)

15年の宝塚記念と天皇賞(秋)を制覇。瞬間的に頂点に立った中距離馬です。20年に初年度産駒がデビューするも苦戦中。

シャンディ

モデル牝馬

ジンジャーパンチ

代表産駒

ルージュバック(父マンハッタンカフェ)

15年のオークス2着。実力は確かでしたがどこか勝ちきれない馬でした。悲願のG1制覇はその仔に託しましょう。

スティックウィズユー

モデル牝馬

デインドリーム

ジャパンカップにも出走した11年凱旋門賞馬のデインドリームがモデル。20年12月に輸入され、21年から社台ファームで供用されます。

代表産駒

オンラインドリーム(父Frankel)

20年デビュー。オンラインドリームは武幸四郎厩舎管理馬で、武豊騎手を背に新馬戦を勝利。

スプリングスイーツ

モデル牝馬

ハルーワスウィート

ヴィルシーナ、ヴィブロス、シュヴァルグランと3頭のG1馬を産んだ名牝。受胎率が悪いらいしいですが生まれた6頭のうち3頭がG1馬というのは凄すぎます。産駒の馬主は元横浜ベイスターズの佐々木主浩氏。

代表産駒

シュヴァルグラン(父ハーツクライ)

17年のジャパンカップを制覇。キタサンブラックとレイデオロを抑えての勝利は当時驚きでした。姉のヴィルシーナと妹のヴィブロスの父はともにディープインパクト。

タ行

トランスカイ

モデル牝馬

マンデラ

代表産駒

ワールドプレミア(父ディープインパクト)

19年の菊花賞を制覇。その後の有馬記念3着の後に長期休養。昨年のジャパンカップで復帰、21年は主役の一頭になれるか?

トロットラー

モデル牝馬

トゥーピー

代表産駒

サトノラーゼン(父ディープインパクト)

15年の日本ダービー2着。ドゥラメンテやキタサンブラックと同期です。晩年はオーストラリアに移籍するも勝ちきれず引退。

ナ行

ハ行

ハーベンジー

モデル牝馬

トリプレックス

代表産駒

ダイワキャグニー(父キングカメハメハ)

エプソムカップを勝った東京中距離の鬼。21年も現役続行。一度ダートで見てみたい馬ですね。

ピアニー

モデル牝馬

スカーレット

代表産駒

アドミラブル(父ディープインパクト)

17年の青葉賞を強烈な勝ち方で勝利。日本ダービーは展開が向かず負けて強しの3着。その後は体調が回復することなく引退。持っていた素質は相当なものだっただけに種牡馬として産駒に期待です。

マ行

ミココロノママニ

モデル牝馬

シーザリオ

05年のオークスと同年のアメリカンオークスを制覇。日本調教馬でアメリカのG1を制したのはシーザリオが初。母としても超一流でエピファネイア(父シンボリクリスエス)、リオンディーズ(父キングカメハメハ)、サートゥルナーリア(父ロードカナロア)と3頭のG1馬の母。

代表産駒

エピファネイア(父シンボリクリスエス)

13年の菊花賞と14年のジャパンカップを制覇。気性に難があったため勝ちきれないレースも多かったが、ジャスタウェイを抑えたジャパンカップは歴代最高クラスのパフォーマンス。種牡馬としても三冠牝馬デアリングタクトを輩出し一流であることを証明。

ミゼラブルウェイ

モデル牝馬

ミュージカルウェイ

代表産駒

ミッキークイーン(父ディープインパクト)

15年のオークスと秋華賞を制覇。ロードカナロアとの初仔が21年デビュー予定。

ミラノシアン

モデル牝馬

ヴィアメディッチ

代表産駒

アドマイヤマーズ(父ダイワメジャー)

朝日杯フューチュリティS、NHKマイルカップ、香港マイルとマイルG1を3勝。まだまだやれると思っていたが引退。ダイワメジャーの後継者になれるか?

ヤ行

ラ行

ラフラクスン

モデル牝馬

ラドラーダ

代表産駒

レイデオロ(父キングカメハメハ)

17年の日本ダービーと18年天皇賞(秋)を制覇。同配合に弟のレイエンダもいます。実はラドラーダの母レディブロンドの母はウインドインハーヘア。あのディープインパクトの母です。母父ディープインパクトとレイデオロの子にはウインドインハーヘアのクロスができるのですが、これって馬産の生産者的にどういう評価なんでしょうね?

ローズティンテッド

モデル牝馬

ロードクロサイト

代表産駒

コントレイル(父ディープインパクト)

父ディープインパクト以来の無敗のクラシック三冠馬。ジャパンカップではアーモンドアイに敗れるも菊花賞→ジャパンカップのローテで2着に来たのは立派。21年はその実力を証明するための戦いになりそうです。

ワ行

ワインエチケット

モデル牝馬

スプリングチケット

代表産駒

カレンチャン(父クロフネ)

11年のスプリンターズSと12年の高松宮記念を制覇したスプリンターです。産駒のカレンモエが20年京阪杯で2着と今後の活躍に期待です。

 

最後に

自分の好きな馬を再現してG1を勝つというのもロマンがあっていいですね。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

権利表記

©2020 ParityBit

©2020 GAME ADDICT

©SUGIYAMA KOBO

Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

コメント