【ダビスタ】スクリーンキャプチャの配合例【ダービースタリオンswitch】

スクリーンキャプチャ ダビスタ
スポンサーリンク

2021/3/28追記あり

こんにちはピヨたけです。

繁殖牝馬スクリーンキャプチャを使用した配合例の紹介です。

繁殖牝馬一覧

スポンサーリンク

スクリーンキャプチャ

スクリーンキャプチャ

スピード 64
スタミナ 53
パワー 57

モデルは秋華賞、宝塚記念、エリザベス女王杯を勝ったスイープトウショウです。

スピードに秀でたタイプで入手は庭先取引のみになります。

スクリーンキャプチャ血統

母のタバサトウショウは先日サウジダービーを勝ったピンクカメハメハの母。ピンクカメハメハを産んだのがなんと25歳の時。それもそのはずトウショウボーイがこんなに近親にいるんですから。

スクリーンキャプチャ(クロス効果)

血統はフォーティナイナーの一族でスピードクロスが豊富。トウショウボーイのクロスは果たして作ることができるんでしょうか?

配合例

ディープインパクト×スイープトウショウ

ディープインパクト×スクリーンキャプチャ(凝った配合)

ディープインパクト×スクリーンキャプチャ(クロス効果)

凝った配合 リファール4×4 ノーザンダンサー5×(5×5)

スクリーンキャプチャの母父がダンシングブレ―ヴなのでディープインパクトと凝った配合になります。また、キズナなどディープインパクト直仔も凝った配合になります。

試行回数 4回
GⅠ馬 0頭

4回ほど試してみましたがGⅠどころか重賞勝ちも厳しい結果に。手応えはちょっと悪いですね。

Dubawi×(ディープインパクト×スクリーンキャプチャ)

Dubawi×(ディープインパクト×スクリーンキャプチャ)凝った配合

Dubawi×(ディープインパクト×スクリーンキャプチャ)クロス効果

凝った配合 ミスタープロスペクター4×5 リファール5×(5×5)

ダンシングブレ―ヴもインブリードしていますがクロス効果はありません。

試行回数 1回
GⅠ馬 0頭

リアルインパクト×スクリーンキャプチャ

リアルインパクト×スクリーンキャプチャ(凝った配合)

リアルインパクト×スクリーンキャプチャ(クロス効果)

凝った配合 リファール5×4 レイズアネイティヴ5×5

ディープインパクト産駒のリアルインパクトとの配合。リファールとレイズアネイティヴでスピードアップに期待。

【競馬小話】トウショウの血が世界を驚かせる

先日ピンクカメハメハと戸崎騎手が見事サウジダービーを制覇しましたね。

サウジダービーはサウジアラビアのキング・アブドゥルアズィーズ馬術広場で行われるサウジカップデーに開催されるレースの一つです。

サウジカップデーはメインレースであるサウジカップを含めた全8レースが同日に行われ、8レースの賞金総額が3000万米ドル超という世界最高賞金額を誇る祭典です。あのドバイワールドカップデーと似てますね。

サウジカップデー2020年から施工された新興レースで今年で開催は2回目。歴史は浅いですが、メインレースのサウジカップは賞金2000万米ドルとドバイワールドカップを超える賞金であることからアメリカの一流馬も参加するレベルの高いレースになっています。

サウジダービーはダート1600mで行われる3歳限定戦。新興レースなのでまだグレードはなくリステッド競争に分類されますが、150万米ドルと破格の賞金額を誇ります。

これを日本のピンクカメハメハが勝ったのだから素晴らしい。しかも日本馬による勝利は前年のフルフラットに続く2年連続なのだから驚きです。

さらに驚いたのはピンクカメハメハの血統構成。父のリオンディーズはエピファネイアの弟でシーザリオの血を引く新種牡馬。母のタバサトウショウは名牝スイープトウショウの母として知られていますが、ピンクカメハメハを産んだのはなんと25歳の時!これだけの高齢出産で活躍馬を出したのですから繁殖能力の高さが凄いですね。しかもタバサトウショウの母父はトウショウボーイ。こんなに血が近いところにトウショウボーイがいるというのも驚きです。

ピンクカメハメハはこの後UAEダービーに向かうそうです。UAEダービーを勝つことになればラニと同じように米三冠に挑戦の道が見えてきますね。時を超えてトウショウボーイの血が世界を驚かせる日が来るかもしれません。

まとめ

スクリーンキャプチャの配合例でした。産駒が走り次第追記していきたいと思います。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

通算年数97年

勝利G1

フェブラリーS、高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞、天皇賞(春)、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、オークス、安田記念、宝塚記念、スプリンターズS、秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップ、チャンピオンズカップ、阪神JF、朝日杯フューチュリティS、有馬記念、ホープフルS

権利表記

©2020 ParityBit

©2020 GAME ADDICT

©SUGIYAMA KOBO

Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

 

コメント