【ダビスタ】愛馬の引退と初のG1挑戦【ダービースタリオンswitch】

ダビスタ
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

前回初子のピヨタケドーベルが新馬戦を勝ちました。これはトントン拍子に行くかなと楽観していたらさすがダビスタ、甘くはなかったです。

ということで今回は愛馬の引退と、ピヨたけ牧場初のG1挑戦です。

スポンサーリンク

ピヨタケドーベル引退と繁殖入り

競走馬は活躍した馬も、そうではなかった馬も皆等しく引退の時が訪れます。

もちろんダビスタも例外ではなく、ピヨタケドーベルも引退することになります。

戦績は22戦3勝。新馬戦こそ勝利しましたが、その後は苦戦が続きました。やはり気性難がかなり痛く、全22戦のうち半分は入れ込みという状況でした。

しかしハマった時は、たとえ人気薄であっても好走するという不思議な魅力を持った馬でしたね。

これからは繁殖牝馬としてピヨたけ牧場の次代を担う産駒を生んでもらうことにしました。

相手に選んだのはトーセンジョーダン。実際の競馬では天皇賞(秋)を勝った名馬で、トニービン→ジャングルポケットの系譜を継ぐ馬です。

ノーザンダンサー、ヌレイエフ、ミスタープロスペクターのクロスに今回も凝った配合にしてみました。

強い子が生まれるといいですね。

進めること一年後…

産駒誕生。

男の子なので名前はピヨタケネイチャ。かの有名なトウカイテイオーのライバル?ナイスネイチャから名前をいただきました。

ピヨたけ牧場の未来はピヨタケネイチャにかかっています。

初のG1挑戦

ピヨタケネイチャは3歳秋頃から頭角を現しオープンクラスまで駆け上がりました。

オープンに上がってからも重賞こそなかなか勝てませんが2着に入るなど、着々と賞金を加算。

そしてその時がやってきます。

ジャパンマイルの最高峰、G1安田記念への出走!

印があついのはNHKマイルカップを勝ったアエロリット

他には現役のトップマイラーインディチャンプ。デムーロ騎手とのコンビでスプリンターズSを制したレッドファルクスなど強力なライバルたちが。

レース発走です。

勝ったのはインディチャンプ。さすがは実際の安田記念を勝ってるだけあります。

ピヨタケネイチャ10着。やはり重賞勝ちくらいないとG1では勝負になりませんね。

ピヨタケネイチャ引退

ピヨタケネイチャも引退の時がきました。

戦績は29戦6勝。最後まで重賞勝ちはできませんでしたが、総賞金は2億超え。

資金難で苦しんでいたピヨたけ牧場の稼ぎ頭として頑張ってくれました。

そしてもう一頭

ゴールドアリュールを父に持つピヨタケフローラ。こちらも総賞金1億2000万と稼いでくれました。

牝馬ということで最初は牝馬が得意な早乙女厩舎に預けていたんですが、後にダートが得意と判明しました。父がゴールドアリュールですからね。

そこでダートが得意な砂田厩舎に転厩することにしました。そしてダートをメインに使い始めるとあっという間にオープンまで勝ち上がりました。

転厩のデメリットは転厩する際に一か月放牧に出すだけなので、厩舎が合わないなと感じたら積極的に使うといいと思います。

ピヨタケフローラは牝馬なので繁殖入り。今後の産駒に期待です。

現在の資金と今後の展望

二頭の活躍もあってピヨたけ牧場の資金は3億を超えました。

この資金を使ってまずは繁殖の牧場を拡張して、2頭以上持てるようにして残った資金は新たに繁殖牝馬を購入しようかなと考えてます。

現在14年目。ちょっとスロースタート感がありますが、のんびりと続けていこうと思います。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

著作権について

©2020 ParityBit

©2020 GAME ADDICT

©SUGIYAMA KOBO

Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

コメント