【ポケモンSV】VSオーリム(ラスボス)!手持ちポケモンと攻略【ポケットモンスタースカーレット】

ラストバトル(オーリム) ポケモンSV
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

物語の最後を飾るのは、これまで主人公を導いてきたオーリムです。

オーリムの手持ちポケモン攻略について解説します。

※ポケットモンスタースカーレット版の攻略になります。

スポンサーリンク
おすすめタイトル
アプリ名 勝利の女神:NIKKE
配信日 202211/4
ジャンル 本格ガンシューティングRPG
運営会社 LEVEL INFINITE
対応端末 iOS/Androido
詳細 アプリの詳細はこちら
インストール

ザ・ホームウェイ

チャンピオンロード、スターダストストリート、レジェンドルートの3つのシナリオを全てクリア後、エリアゼロに向かうと最後のシナリオ「ザ・ホームウェイ」が始まります。

ザ・ホームウェイ

最後のシナリオの内容については是非ともご自身の目で確かめてください。

エリアゼロへ

オーリム攻略

最深部で待ち構えるのは本作のラスボスであるオーリム

ラストバトル(オーリム)

オーリムの手持ちポケモン

オーリムの手持ちポケモン
チヲハウハネLv66 むし+かくとう
アラブルタケLv66 くさ+あく
サケブシッポLv66 フェアリー+エスパー
スナノケガワLv66 でんき+じめん
ハバタクカミLv66 ゴースト+フェアリー
トドロクツキLv67 ドラゴン+あく

使用してくるポケモンは全てパラドックスポケモンです。

攻略に使用したポケモン

ラウドボーン
ラストバトル(ラウドボーン)

チヲハウハネ対策。

セグレイブ
ラストバトル(セグレイブ)

アラブルタケ対策。

ブロロローム
ラストバトル(ブロロローム)

サケブシッポ対策。

リククラゲ
ラストバトル(リククラゲ)

スナノケガワ対策。

キョジオーン
ラストバトル(キョジオーン)

困った時のしおづけ要因。

デカヌチャン
ラストバトル(デカヌチャン)

トドロクツキ対策としてきあいのタスキ所持。

VSオーリム

VSチヲハウハネ
ラストバトル(チヲハウハネ)
タイプ むし+かくとう
4倍 ひこう
2倍 ほのお エスパー フェアリー
わざ
  • ローキック(かくとう)
  • しねんのずつき(エスパー)
  • とびかかる(むし)
  • きゅうけつ(むし)

対面はラウドボーン

ウルガモスっぽいですが、ほのおタイプではなく、むし+かくとう。見た目のイメージとは裏腹に、ほのおわざが2倍です。

他には、ひこう4倍。エスパーとフェアリーが2倍です。

ラウドボーンに2倍ダメージを与えられるわざは持っていないので、対面ラウドボーンなら問題なく倒せます。

VSアラブルタケ
ラストバトル(アラブルタケ)
タイプ くさ+あく
4倍 むし
2倍 ほのお こおり かくとう どく ひこう フェアリー
わざ
  • ギガドレイン(くさ)
  • だいちのちから(じめん)
  • しっぺがえし(あく)
  • ふいうち(あく)

対面はセグレイブ

モロバレルと違い、くさ+あくタイプ。

ふいうちを持っているのでゴーストタイプのラウドボーンはとにかく相性が悪い。

セグレイブのつららおとしでくさの弱点をつきます。

VSサケブシッポ
ラストバトル(サケブシッポ)
タイプ フェアリー+エスパー
4倍
2倍 どく ゴースト はがね
わざ
  • れいとうパンチ(こおり)
  • ドレインパンチ(かくとう)
  • しねんのずつき(エスパー)
  • じゃれつく(フェアリー)

対面はブロロローム

プリンと違い、フェアリー+エスパー。

ブロロロームならどくわざとはがねわざ両方で弱点をつけます。

サケブシッポが使用してくるしねんのずつきのひるみにだけ注意。

VSスナノケガワ
ラストバトル(スナノケガワ)
タイプ でんき+じめん
4倍
2倍 みず くさ こおり じめん
わざ
  • ほうでん(でんき)
  • だいちのちから(じめん)
  • パワージェム(いわ)
  • ラスターカノン(はがね)

対面はリククラゲ

見た目がなんなのかよくわからないレアコイル。タイプはでんき+じめんです。

リククラゲの弱点をつけるわざは持っていないので、いつものようにキノコのほうしで眠らせて倒します。

VSハバタクカミ
ラストバトル(ハバタクカミ)
タイプ ゴースト+フェアリー
4倍
2倍 ゴースト はがね
わざ
  • マジカルフレイム(ほのお)
  • 10まんボルト(でんき)
  • パワージェム(いわ)
  • シャドーボール(ゴースト)

対面はキョジオーン

タイプはゴースト+フェアリー。

最終戦なので全員使おうと思い、何一つ刺さっていないキョジオーンを選択。

特性がんじょうのおかげで絶対に一発は耐えるので、しおづけからの回復連打作戦で倒します。

VSトドロクツキ
ラストバトル(トドロクツキ)
タイプ ドラゴン+あく
4倍 フェアリー
2倍 こおり かくとう むし ドラゴン
わざ
  • じしん(じめん)
  • ストーンエッジ(いわ)
  • ドラゴンクロー(ドラゴン)
  • つじぎり(あく)

対面はデカヌチャン

ボーマンダがより禍々しくなったトドロクツキ。

タイプはドラゴン+あくです。

こだいかっせいで攻撃力を上げてくるのが脅威。タイプ不一致わざでも弱点を突かれれば、一撃で落とされてしまいます。

対してデカヌチャンのじゃれつくが4倍なのでこちらも決まれば一撃。トドロクツキの攻撃を一発耐えられるかどうかが全て。

そこでデカヌチャンにきあいのタスキを持たせました。きあいのタスキの効果により確定でじしんを耐えます。

ラストバトル(きあいのタスキ)

反撃のじゃれつくで倒しました。

ラストバトル(じゃれつく)

コライドンVSコライドン

オーリムのポケモンを全て倒すと最後にコライドンを繰り出してきます。

こちらはモンスターボールを封じられてポケモンを出せない状況になってしまいますが、唯一コライドンだけ繰り出すことができます。

ラストバトル(VSコライドン)

この戦闘はイベント戦闘なので、こちらのコライドンが倒れることはありません。

途中ボタンから嫌な予感がするので何とかこらえてと助言が入ります。

ラストバトル(ボタン)

このタイミングで「こらえる」を使用しましょう。

この後テラスタルが可能になります。

ラストバトル(ペパー)

コライドンをテラスタル。

ラストバトル(コライドン・テラスタル)

テラスタルしたテラバーストで倒しましょう。

最後に

オーリム戦を終えると本作のストーリーは完結になります。個人的に今回のストーリーにはびっくりしました。

初期のポケモンはポケモンリーグの制覇を最終的な目的として冒険の旅に出ましたが、近年のポケモンはそれだけでは終わらず、味わい深いストーリーを用意してくれているのが嬉しいですね。

特に本作は主人公を取り巻くキャラたちのストーリーや、ラストの衝撃の展開など、見どころがたくさんありました。

ストーリーの完結により一応の区切りとなりますが、ポケモンと言えばここからが本番。

クリア後のシナリオや、対戦用ポケモンの育成、図鑑の完成など、やり込み要素は盛り沢山。

まだまだ楽しめそうです。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント