【新作ゲーム】ウマ娘をプレイしてみた感想

ウマ娘トップ ウマ娘
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。ウマ娘はCygamesより2月24日にリリースされた競走馬?育成シミュレーションゲームです。現在アニメの2期が放送中ですね。

このウマ娘なんですが、当初はかなり前にリリース予定だった(2018年冬?)アプリで延期に延期を重ねようやく2021年に配信されることになったある意味話題のゲームです。

ということで今回はこのウマ娘を軽くプレイしてみたのでその感想です。

スポンサーリンク

どういうゲーム?

ゲームのメイン部分はウマ娘を育成し、育てたウマ娘でチームを組みランキング形式で上位を目指すというゲームになります。

チーム戦は短距離、マイル、中距離、長距離、ダートの5枠に分かれており、総合力でチームの強さが決まるというものです。

ウマ娘チーム

ということで強いウマ娘を育成することがこのゲームの目的になります。

ガチャについて

ガチャ要素は主に二つ。

ウマ娘を手に入れるウマ娘ガチャとウマ娘の育成に使用するサポートカードガチャです。

ウマ娘には一応レアリティがありますが、これはどのウマ娘も最終段階まで覚醒可能です。一日一回無料でウマ娘ガチャを引くことができるので、無課金でも運が良ければいつか好きなウマ娘を獲得することができます。

サポートカードは後述するウマ娘の育成に大きく関わりますので説明はそちらでします。

ウマ娘の育成

このゲームの核になるウマ娘の育成についてです。

ウマ娘育成開始

上の数値がウマ娘の現在の能力値、下が特訓コマンドです。ゲームの流れは特訓コマンドを選び、ウマ娘のステータスを上昇させながら発生するイベントをこなしていくというものです。

パワプロのサクセスに似ていますので、サクセスが好きな方はハマると思います。

育成開始

ウマ娘育成シナリオ

まずは育成するウマ娘を選びます。

ウマ娘育成キャラ選択

次に因子を継承させるウマ娘を二人選びます。この因子が非常に重要で、ウマ娘の能力を上げるもの、距離適性を上げるもの、脚質適性を上げるものなどがあります。

ウマ娘因子継承選択

例えば因子効果で長距離適性を継承させれば、長距離適性を持たないウマ娘に長距離適性を付与することができます。

ウマ娘因子能力

次にサポートカードを選びます。サポートカードはパワプロで言うところのチームメイトみたいなもので、一緒にトレーニングすることによって能力上昇ボーナスやスキルを覚えることができます。

ウマ娘サポートカード選択

サポートカードにはそれぞれ得意な特訓があるので、ウマ娘をどのように育てたいかによってサポートカードも変えていきます。

シナリオが開始したら特訓して能力を上げていきます。大きいレースになるほど勝つために高い能力値が必要になるのでガンガン特訓していきます。

ウマ娘トレーニング

特訓にはサポートカードで選んだキャラクターが登場。キャラクターが配置されている特訓を選ぶと好感度が上がり、イベントが発生することも。

そしてキャラクターの好感度がMAX付近まで上がると「友情トレーニング」が発生し、能力が大きくアップします。

シナリオは選んだウマ娘によって変わり、ミッションをこなしながらウマ娘を育てて行きます。

ウマ娘ミッション

例としてメイクデビューから始まり、◯◯ターン後の皐月賞で◯着以内など、モデルになった馬の史実に基づきシナリオが展開していきます。

ミッションをクリアすると次のミッションが始まり、最終的に全てのミッションをクリアすると育成完了になります。

途中ミッションをクリア出来なかった場合、ゲームオーバーとなり育成終了。その時点の能力で終了になります。ミッションをクリアしていけば長く育成できるのでより強いウマ娘に育つということですね。

育成が終わると最終的な能力値で殿堂入りとなり、新しく育てたいキャラの因子継承として使用することができるようになります。

同じキャラを何度でも育てることができるので、何度も育て、能力の高い因子を継承し、能力値を高めていくのが目的になります。

まとめ

プレイしてみた感想は、まずパワプロのサクセスが好きならハマりますね。

ゲーム性はかなり面白いと思います。気がつけば長時間プレイしてましたからね。レースの映像やレースに勝った後のウイニングランならぬウイニングライブを見てるとすごく力が入ってると感じます。

ピヨたけは一日中サクセスできる人なんでガンガン育成したいんですけどスタミナ効率はちょっと悪いです。

スタミナ最大100で一回の育成に30使用。スタミナ1回復に10分なんであっという間にスタミナ切れします

スタミナ周りを改善してもらえるとかなりありがたいですね。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント