本ページはプロモーションが含まれています

【千年戦争アイギス】幽境道士フーロンの性能評価まとめ!第二覚醒はどっち?

フーロン 千年戦争アイギス
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

幽境道士フーロンの性能について解説します。

スポンサーリンク

幽境道士フーロン

初期:キョンシー

フーロン(初期)

クラス特性
キョンシー
  • 他ユニットからのHP回復を受けられない
  • 防御力と魔法耐性を無視する攻撃
  • 敵をブロックしていない時、遠距離攻撃を行う

第一覚醒:屍道士

フーロン(第一覚醒)

クラス特性
屍道士
  • 他ユニットからのHP回復を受けられない
  • 防御力と魔法耐性無視
  • 敵をブロックしていない時、遠距離攻撃を行う

第二覚醒:屍霊仙

フーロン(屍霊仙)

クラス特性
キョンシー
  • 他ユニットからのHP回復を受けられない
  • 防御力と魔法耐性を無視する攻撃
  • 非ブロック時、遠距離攻撃を行う
  • 敵をブロック時、攻撃力と防御力1.3倍
  • 常に50%の確率で攻撃を無効化

第二覚醒:仙境屍人

フーロン(仙境屍人)

クラス特性
キョンシー
  • 他ユニットからのHP回復を受けられない
  • 防御力と魔法耐性を無視する攻撃
  • 非ブロック時、遠距離攻撃を行う
  • 自身への攻撃を肩代わりし防御力無視の遠距離攻撃が可能なトークンを使役

アビリティ

スキル名 効果
覚醒前 臨難不恐の兵
  • 自身が敵を倒すごとに攻撃力を5%上昇する(最大50%上昇)
  • 敵をブロック時、攻撃毎に最大HPの2%HPが回復
覚醒後 華は屍人の上に咲く
  • 自身が敵を倒すごとに攻撃力を5%上昇する(最大100%上昇)
  • 敵をブロック時、攻撃毎に最大HPの3%HPが回復

スキル

フーロン(スキル覚醒)

スキル名 効果 初回 再使用
覚醒前 轟放雷落
  • 攻撃力と射程1.1倍
  • 敵5体に一度だけ3連射同時攻撃
  • 攻撃時の回復を行わない
1秒 50秒
覚醒後 幽幻不滅の構え
  • 攻撃力と防御力2.3倍
  • 攻撃毎のHP回復量が3倍
  • 遠距離攻撃に専念する
  • 自動発動+効果時間無限
5秒 110秒

性能評価

キョンシーはアンデッド属性なので他者からの回復効果を受けられず、敵をブロックすると脆い面があります。

そのため近接ユニットでありながら長距離の遠距離攻撃で敵をブロックする前に殲滅するのが基本的な運用方法です。

フーロンはアビリティでブロック時に攻撃すると3%のHP回復効果を持つため、他のキョンシーと異なり、敵をブロックすることで自身を回復することができるのが強み。

キョンシーの殲滅力を持ちながら耐久力にも優れるのがフーロンの特徴です。

覚醒スキルは自身の攻撃力と防御力を2.3倍。さらに自動発動+効果時間無限なので非常に使いやすい。

覚醒アビリティは前述したブロック時に攻撃すると3%HP回復に加え、敵撃破時に攻撃力5パー戦上昇(最大100%)。

攻撃力上昇が覚醒スキルの倍率と合わさり非常に高く、基本的にブロックする前に溶かすタイプなのでHP回復は無駄になることも。

弱点は自身の射程外から飛んでくる長射程の遠距離攻撃。雑魚ラッシュでは高い殲滅力によりブロックする機会が少ないため、HPを回復できずに削られてしまうことも。その点には注意しましょう。

第二覚醒はどっち?

第二覚醒は火力上昇と50%回避が付与される屍霊仙と、自身への攻撃を肩代わりするトークンを使役できる仙境屍人に分岐。

屍霊仙は純粋に火力と耐久力が上がり、回避があるためボスなどの強敵を受けることができます。

対して仙境屍人はダメージをトークンな肩代わりさせることにより弱点の遠距離を受けられるのが強み。

どちらも強力なので最終的には両方作るのがいいですね。

ピヨたけはエマを一緒に配置して死亡時撤退を付与し、不意の高火力遠距離攻撃対策にしているので、純粋に火力の高い屍霊仙で運用しています。

まとめ

幽境道士フーロンについてのまとめです。

  • フーロンはアンデッドだがアビリティで自己回復効果を持つ
  • スキル覚醒すると攻撃力と防御力が上昇し自動発動+効果時間無限となる
  • 第二覚醒は強みを活かす屍霊仙か弱点の対策になる仙境屍人。どちらも強力なので両方作るのが推奨

ここまでみてくださってあるがとうございました。それではまた。

コメント