カルディのオリジナルデザート部門人気NO1「パンダ杏仁豆腐」はマジでうまい

パンダ杏仁豆腐 KALDI
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。今回はランチ、ディナーの後の膨れたお腹に至福のひとときと安らぎを与えてくれる食後のデザートの紹介です。デザートはレストランに行けばセットメニューについていることも多く、食べ放題に行けば専用のコーナーが設けられているなど、食事の最後を締めくくるに欠かせないものですよね。今回私が紹介するのは、自宅で食べる食事の締めを飾るにふさわしい、ほっぺたが落ちそうになるほど美味しいデザート。カルディパンダ杏仁豆腐の紹介です。

スポンサーリンク

パンダ杏仁豆腐

パンダ杏仁豆腐

こちらがカルディで買える杏仁豆腐です。パンダのパッケージが目印です。一目でわかりますね。ふむふむ「杏仁豆腐」と書いて、「ぷるぷるとろりんなめらかあんにん」と読むみたいですね。カルディってこういう愛嬌があってユニークな商品もいっぱいあるので見るだけでも飽きないのが魅力の一つでもありますね。ちなみにこの杏仁豆腐はカルディのオリジナルデザート部門第1位の超人気商品なんです。大サイズと小サイズがありまして、大は内容量537gで440円税込。小は内容量215gで190円税込です。

開け方

さて、これどうやって開けるんだ?と思ったら、裏面に開け方が丁寧に図で書いてありました。

杏仁豆腐説明

パック上部の両耳を切り落として、上部を引っ張りながら真ん中を切り裂きます。そうすると上部が開き中身をトゥルンと取り出すことができます。

取り出したものがコチラ

杏仁豆腐

綺麗な白色で見ただけでプルップルなのがわかりますね。こうやって四角形の形で見るとまんま豆腐みたいですね。お店でお皿に入ったよく見かける杏仁豆腐は豆腐というより、プリンみたいな印象が強いですが。ちなみにこの杏仁豆腐は鍋に入れ加熱し、溶けた物を再度冷やして固めることができるので、型に入れてお好みの形にすることもできます。何個かに分けたい時などに便利ですね。

さわやかな甘さ

杏仁豆腐は、寒天で固めた固形感が強い感じのタイプと、モチっとしててプリンのような食感のタイプがありますが、カルディの杏仁豆腐は後者のモチモチタイプの杏仁豆腐です。味はコンビニの杏仁豆腐よりも濃厚なミルクの甘さがあります。杏仁豆腐は食後のデザートとしてはかなりスッキリしてる部類に入ると個人的には思ってまして、さわやかな甘さで腹の中の脂を洗い流してくれるような気がしますよね。この杏仁豆腐も濃厚ですが、口の中に甘さが残らないのでサッパリといただけます。

まとめ

カルディのパンダ杏仁豆腐の紹介でした。さすがオリジナルデザート部門第1位だけあって、何度も食べたくなる美味しさでした。量的には大は二人で食べるにはちょっと多いかなってくらい。小は完全に一人分ですね。値段的には大が少しお得になってるので、食べる分以外は切り分けて冷蔵保存するといいですよ。カルディのパンダ杏仁豆腐是非ご賞味ください。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

付近図

コメント