【ウマ娘】トレーニング効果アップって強い?!育成検証(画像あり)

トレーニング効果アップ(サポート) ウマ娘
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

皆さん自前なりレンタルなりで完凸SSRスーパークリークを使う機会は非常に多いと思います。

スタミナサポート一枚でも友情トレーニングで高いスタミナ上昇量を誇るスーパークリーク。これは固有ボーナスが友情ボーナスなので完凸で35%あり、さらにトレーニング効果アップが15%あるのが大きい。

今回注目したのはこのトレーニング効果アップこれがどの程度の効果があるかによって安定感のある育成が出来るかもしれません。

ということで今回はサポート効果にトレーニング効果10%以上のカードでデッキで編成し、トレーニング効果アップによってどのくらいステータスが上昇するか調べてきました。

スポンサーリンク

トレーニング効果アップ育成

運に頼らなくても

ステータスが高いウマ娘を育成するためには友情トレーニングが2枚、3枚と重なってフィーバーすることが必要ですが、どんなに得意率が高くても得意トレーニングに配置される可能性は100%ではありません。

例えばスピードのサポートを三枚入れているのに全く重ならず一人ずつしかスピードトレーニングに来ないなんていうことはザラにあります。上振れを狙うにはそういったリアルラックを引き寄せなければなりません。

では、友情トレーニングに頼らずにそもそもトレーニング効果が高いカードで編成すれば上昇量はどのように変わるのでしょうか?

使用するサポートカード

トレーニング効果アップ(サポート)

【トレーニング効果アップ】

  • ファインモーション10%
  • スーパークリーク15%
  • たづなさん10%
  • スイープトウショウ10%
  • ビワハヤヒデ15%
  • キタサンブラック15%

トレーニング効果アップ10%以上のサポートカードで構成。できるだけ属性がバラバラになるように組んでみました。

注目はビワハヤヒデとフレンドからレンタルしているキタサンブラック。

ビワハヤヒデはSRなのに固有ボーナス含めトレーニング効果アップ15%、キタサンブラックは10%+固有ボーナスで15%あります。ここでもキタサンブラック強し。

育成キャラ

育成するキャラはスペシャルウィーク。補正値はスタミナ20%、パワー10%です。

スタミナに補正値があるので、スタミナのサポートは一枚で足りるという判断。

トレーニングの上昇量

※やる気は絶好調時です。やる気効果アップなど、他の上昇効果もありますが今回は考慮外としました。

トレーニング(たづな・キタサン・ファイン)

たづなさん10%

キタサンブラック15%

ファインモーション10%

合計35%

序盤のLv1トレーニングにもかかわらず、すでに友情トレーニング並の上昇量。

トレーニング(キタサン・クリーク・ビワ)

キタサンブラック15%

スーパークリーク15%

ビワハヤヒデ15%

合計45%

トレーニング効果アップ15%の三人が並ぶと誰も得意トレーニングがいないのに、下手したら友情トレーニングよりも高い数値の上昇。

トレーニング(たづな・クリーク)

たづなさん10%

スーパークリーク15%

合計25%

これは二人だけだが、スペシャルウィークの補正値20%のスタミナトレーニングなので、上昇量は高い数値になります。

トレーニング(キタサン・ビワ・スイープ)

 

キタサンブラック15%

ビワハヤヒデ15%

スイープトウショウ10%

合計40%

キタサンブラックの友情トレーニングも他の二人のトレーニング効果アップで高い上昇量になっています。だいたい完凸キタサンブラック友情トレーニングはトレーニングLv1だと20〜23ぐらいですからね。

トレーニング(キタサン・クリーク・ビワ・スイープ)

キタサンブラック15%

スーパークリーク15%

ビワハヤヒデ15%

スイープトウショウ10%

合計55%

先ほどの三人にスーパークリークを追加。条件は全く同じでスピード4・パワー3上昇。一人しか増えてないのにかなり上昇しましたね。

トレーニング(ビワ)

ビワハヤヒデ15%

試しにビワハヤヒデ一人の場合。ビワハヤヒデは友情ボーナスでの値が高くないのでパワーの上昇量はイマイチ。逆にスタミナボーナス1を持ってるのでパワーのトレーニングなのにスタミナの上昇がパワーと1しか変わりません。

トレーニング(キタサン・ビワ・クリーク)

 

キタサンブラック15%

ビワハヤヒデ15%

スーパークリーク15%

合計45%

ビワハヤヒデのパワートレーニングにキタサンブラックとスーパークリークの三人の場合。トレーニングLv2になっていますがビワハヤヒデ一人より大幅な上昇。キタサンブラックのパワーボーナス1も大きい。

トレーニング(クリーク・ビワ)

スーパークリーク15%

ビワハヤヒデ15%

合計30%

スペシャルウィークのスタミナ補正もあってか二人だけなのにこの上昇量。さすがはスーパークリークといったところ。ビワハヤヒデのスタミナボーナス1もあります。

トレーニング(たづな・クリーク・ファイン・キタサン)

たづなさん10%

スーパークリーク15%

ファインモーション10%

キタサンブラック15%

合計50%

ここまで来ると上昇量はかなりのもの。友情ボーナス二人分ぐらいあります。

育成完了

ということでこのトレーニング効果アップ育成で育成したスペシャルウィークがこちらです。

トレーニング(育成完了)

育成時に白因子を引いてないのにこのステータス。これが平均値だとするとアベレージはかなり高いんじゃないでしょうか?

ローテーションはこんな感じ。

トレーニング(生涯戦績)

トレーニング(戦績1)

トレーニング(戦績2)

トレーニング(戦績3)

トレーニング(戦績4)

トレーニング(戦績5)

 

メリットとデメリット

今回このトレーニング効果アップ育成をしてみて感じたメリットとデメリットです。

メリット
  • 友情ボーナスに頼らずに安定したステータス上昇値。
  • 序盤からステータスが高くなるのでレースに勝ちやすく、スキルptを温存できる。
デメリット
  • トレーニング効果アップ10%以上のキャラに固定してしまうのでスキルが似通ってしまう。
  • レースボーナスが盛れないためスキルptが少ない

 

ひとまずこんなところでしょうか。サポートカードがこれから追加されていけば選択肢は増えるかもしれません

トレーニング効果アップ15%以上のカード

SSR

キタサンブラック完凸15%

ビコーペガサス完凸20%

スーパークリーク完凸15%

タマモクロス完凸15%

アイネスフウジン完凸15%

ハルウララ完凸15%

ファインモーション完凸15%

SR

ビワハヤヒデ完凸15%

メイショウドトウ完凸15%

ナイスネイチャ(イベント)完凸15%

メジロドーベル完凸15%

注目は配布でもらえるハルウララ。誰でも完凸できるSSRなのに15%アップはなかなか。根性育成の要ですね。

SSRはパワーの15%以上はまだないので近いうちに出てきそう。

まとめ

トレーニング効果アップ育成は誰とセットでトレーニングしても高いステータス上昇量があるので安定感がある。

反面キャラが固定されてしまうためスキルの選択肢が少ない。またレースボーナスも高くはないのでスキルptを貯めるのに苦労する。

今回使用したカードでファインモーションは無凸なのでまだ伸びしろがあります。

ビワハヤヒデはパワーのカードなのにスタミナばかり上がって肝心のパワー上昇量が微妙。今後パワーのトレーニング効果アップ15%持ちのSSRでも出てくれば人権になりうる可能性があると感じました。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント