KALDI(カルディ) 大人気濃縮紅茶ブラックティーアップルを飲んでみた

ブラックティーアップル KALDI
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。オシャレでお得な商品の多いイメージがあるKALDI。特に目的の商品がなくても店内ブラブラしているだけで、いつのまにか欲しい商品が見つかってしまう。そんな魅力のあるKALDIのオリジナル商品の紹介です。その名も「ブラックティーアップル」。名前の通り黒いアップルティーなのですが、これが今大人気なので私もさっそく買って飲んでみました。

スポンサーリンク

ブラックティーアップル

ブラックティーアップル

KALDIオリジナルの濃縮紅茶ブラックティーアップル。瓶詰めでラベルがなんともオシャレです。水や炭酸で5倍に薄めてアップルティーやティーソーダにして飲むことができるセイロンティーです。内容量は500mlはいっているので結構長持ちします。瓶のキャップをとると内蓋があって開けるのに栓抜きが必要なので準備してください。直射日光や高温多湿の場所を避けて開封後は冷蔵庫で保存してください。気になるお値段も561円(税込)とかなりお得です。

アップルティー

アップルティー

まずはシンプルに水割りで。グラスに氷を入れブラックティーアップルをそそぎ、水で5倍に薄めてよくかき混ぜてのみます。スッキリとした紅茶に結構しっかりめのリンゴの甘味がしますね。説明書きの5倍希釈だと実は結構甘い感じです。なので甘さ控えめが好きな方は5倍よりも少し多く水で薄めたほうがいいと思います。もちろん甘めの紅茶が好きな方は丁度いいくらいの甘さかもしれませんね。この時期ですのでホットティーにして飲んでも美味しいですよ。

アップルティーソーダ

アップルティーソーダ

個人的にオススメなのがこの飲み方。炭酸水で水割りと同じく5倍で薄めます。紅茶とリンゴの甘い風味に炭酸水のシュワシュワ間が絶妙にあいます。水割りよりも炭酸水で割ったほうが甘さがひきしまる感じで、よりサッパリ感がまし、清涼感あふれる飲料水に大変身します。炭酸水割りはブラックティーアップルを買ったらぜひとも試してもらいたいですね。

アップルヨーグルト

アップルヨーグルト

ブラックティーアップルは飲むだけじゃなく色々な使い方があります。その一つがこのヨーグルトにかける方法。原液はかなり甘いのでプレーンヨーグルトにかけるのがいいです。ヨーグルトの酸味とリンゴの甘さが相性バッチリです。我が家ではヨーグルティアで自家製ヨーグルトを作ってまして、試しにヨーグルトにかけて食べてみたらすごく美味しかったんでオススメです。

まとめ

KALDIのブラックティーアップルと、その使い方の紹介でした。ちなみにブラックティーはシリーズがありまして、他にもアールグレイ、レモン、ピーチなどがあります。それと最近新しくストロベリーが発売したので機会があれば買ってみたいと思ってます。値段もお得なので常備ドリンクとして一本置いておくと便利だと思います。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

付近図

コメント