【ウマ娘】賢さ除くオールB育成しながらファン数50万人稼ぐローテ

シンボリルドルフ育成完了 ウマ娘
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。

因子継承は青因子と赤因子どちらも重要ですが、白因子の数もかなり重要です。

単純に数が多ければそれだけ継承される確率が上がりますからね、ステータスの底上げをすることができます。

育成完了後の因子の数はファン獲得数が関係しているらしく、多く獲得すれば因子の数も多くなる傾向があります。

そこで今回はできるだけファンを多く獲得しつつ、賢さ除くオールB育成をして☆3因子を狙う育成法の紹介です。

スポンサーリンク

シンボリルドルフ

育成したのは皇帝シンボリルドルフ。育成しやすく、適性などを盛らなくても安定してURAファイナルをクリアできます。

ピヨたけは☆4になっています。

因子継承

シンボリルドルフ因子継承

継承する因子はスピード☆12、パワー☆6。ステータスBを目指すなら一つのステータスに集中させない方がいいです。特にパワー、根性あたりが足りなくなってくるので補強したい。

サポートカード

使用したサポートカードはこちら

シンボリルドルフ(サポート)

SSRたづなLv35

SSRマチカネタンホイザLv40

SSRサトノダイヤモンドLv30

SSRスーパークリークLv30

SRミホノブルボンLv25

SSRキタサンブラックLv50【フレンド】

今流行りのキタサンブラックをフレンドからお借りして、バランス重視の構成。

スーパークリークとサトノダイヤモンドはメジロマックイーンやライスシャワーに代用可。

育成方法

ジュニア級

序盤はできるだけサポートキャラの絆ゲージを上げていきます。たづなさんには特にこだわらなくてOK。マチカネタンホイザと無凸スーパークリークは絆ゲージが0からなので積極的に拾っていきましょう。

ホープフルSまでのステータス目安がこちら

シンボリルドルフ(ホープフルS前)

クラシック級

ホープフルS後~皐月賞までの期間に絆ゲージを上げながら育成

皐月賞までのステータス目安はこちら

シンボリルドルフ(皐月賞前)

夏期合宿までに全キャラ友情トレーニングができるようになってればベストですが、そうそううまくいかないので、夏期合宿ではパワーと根性を中心に上げていきます。

菊花賞までのステータス目安はこちら

シンボリルドルフ(菊花賞前)

シニア級

有馬記念後〜大阪杯の間に足りないステータスを育成。ここまででスピード、スタミナ、パワー、根性がC〜C+は欲しい。

大阪杯までのステータスの目安はこちら

シンボリルドルフ(大阪杯前)

 

夏期合宿終了段階で4つのステータスがC+以上あるならレースにGⅠ以外のレースにも使っていってOK。

合宿後のステータスがこちら

シンボリルドルフ(合宿後)

このくらいのステータスがあれば後はURAファイナルズだけでステータスBに。

URAファイナルズを全て勝てば確定で+36、たづな+6、理事長+10〜15、クリア+5で合計57〜62のステータスが増加するので最終値の目安に。記者は不確定要素なので含まず、たづなさんはイベントこなしてればだいたい絆MAXになってます

ローテーション

使ったレースがこちら

シンボリルドルフ(有馬記念~URAファイナルズ)

シンボリルドルフ(オールカマー~ジャパンカップ)

シンボリルドルフ(大阪杯~新潟記念)

シンボリルドルフ(宝塚記念~有馬記念)

シンボリルドルフ(サウジ~日本ダービー)

シンボリルドルフ(メイクデビュー)

ジュニア級のミッション以外に出たレースはホープフルS、サウジアラビアロイヤルCの結果次第で皐月賞へのファン数が足りなくなるのでここは出ておきたい。

クラシック級では宝塚記念とジャパンカップに出走。特にジャパンカップは勝てば5万人くらいファン数が増えるので重要です。今回の場合ここで2着になってしまったのが痛かった。

天皇賞(春)も2着になってしまったので、新潟記念、オールカマーを使い足りない分を埋めています。

天皇賞(秋)から3連戦になりますが、最後のジャパンカップがミッションなので問題なし。

女神像ドロップ!?

女神像ドロップ

女神像のドロップを確認しました。確率はかなり低いですが落ちることは落ちますね。

育成完了

シンボリルドルフ育成完了

最終的に賢さを除く他ステータスBで育成完了。ファン数もギリギリ50万人を超えました。

シンボリルドルフ因子獲得

継承した因子がこちら、運もありますがファン数を50万人獲得すると白因子が多くつくときがあります。これで青因子のパワーが☆3ならよかったんですけど、そううまくはいかないですね。

まとめ

ということでオールB育成しながらファン数50万人獲得する育成とローテーションでした。

今回賢さを抜いたのは、ピヨたけがサポートカードを持ってないということもありますが、賢さは特化させ過ぎるとイマイチなので必要ないと感じた次第であります。

ここまでみてくださってありがとうございました。それではまた。

コメント