glassday(グラスデイ)イタリアン 絶妙な塩加減のボンゴレビアンコ

パスタ レストラン
スポンサーリンク

こんにちはピヨたけです。今回は結婚する前から妻とよく食べに行くイタリアンのお店glassday(グラスデイ)を紹介します。デートでオシャレなイタリアンでランチでもと思ったらまさにこちらのお店がピッタリですよ、料理もすごく美味しいですしね。とくにこちらのボンゴレビアンコは私が自信をもってオススメする絶品パスタです。

スポンサーリンク

店舗情報

  • 店内の雰囲気がオシャレのためデートでのお食事に○
  • デザート系のバリエーションが豊富
  • 付近の交通量は多め
  • 店舗の駐車場は広め
  • ピーク時混雑

glassday(グラスデイ)

グラスデイはイタリア直輸入の薪釜(まきがま)で超高温で焼き上げたピッツァとバリエーション豊富なパスタが売りのカジュアルイタリアンのお店です。

現在ある店舗は茨城県桜川市にある岩瀬店と茨城県ひたちなか市枝川にある水戸店の二店舗で、私はいつも水戸店で美味しいイタリアンを頂いています。

水戸店は閉店となってしまいました

店内は広く、席の数は76席とのこと。内装は木材を基調とした洋風の家のような雰囲気で落ち着いてくつろげる空間となっています。座席の赤と白のチェック柄のテーブルクロスがなんともオシャレです。

ランチメニュー

ランチメニューの種類はパスタ、ピッツァ、ハヤシドリア、ハンバーグ。ランチメニューにはドリンク一杯と、サラダもしくは本日のデザートがつけられます。さらにオプションがあって、ランチメニューにピッツァを選んだ場合+200円でピッツァお変わり自由。また、サラダを選んだ場合+200円でお好きなデザートを注文できます。注文できるデザートの種類はティラミス、チョコレートケーキ、パンナコッタ、かぼちゃのプリン、季節のタルト&ケーキから選べます。こちらのお店はデザートにもすごく力を入れてるので、セットにはデザートをつけるのがオススメです。

選んだドリンクがコーヒー、紅茶に限りおかわり100円で注文できます。

今回私が選んだランチメニューは「あさりのワイン風味ボンゴレビアンコ」です。

選べる麺

パスタを注文すると麺の種類を選ぶことができます。

 

  • スパゲッティ…太さ1.6ミリの乾麺、定番の丸い麺。
  • キタッラ…太さ2ミリの生麺、角ばった四角の麺。
  • フィットチーネ…太さ8ミリの生麺、平の幅広麺。
  • パッパルデーレ…太さ15ミリの生麺、平の超幅広麺

上記の4種類の中から好きな麺を選べます。

生麺は国産小麦「ユメシホウ」を使用。笠間にある製麺工場、橋本屋と共同開発した生パスタです。ユメシホウとデュラムセモリナ粉を1対1で配合。生ならではのモチっとした感触の麺です。

乾麺はイタリアの老舗メヌッチ社の麺を使用しているそうで、弾力も良く、コシ、味わいも格別です。

クリームソース系のパスタだと、太麺のほうがソースによく絡みます。同じパスタでも麺の違いによってかなり変わるので、お気に入りの組み合わせを見つけるのもいいかもしれません。私は今回生麺のキタッラにしました。

あさりのワイン風味ボンゴレビアンコ

ビアンコとはイタリア語で白とのこと。白ワインとあさりの出汁で作ったものをボンゴレビアンコ。対してボンゴレロッソのロッソとは赤の意味、あさりとトマトソースで作ったパスタを一般的にさします。

パスタ

グラスデイのボンゴレビアンコはなんといってもスープがすごく美味しい。あさりの出汁に白ワインを絡めたスープで塩加減が絶妙。このスープは最後まで飲み干してしまう美味しさです。

選んだキタッラは細くも太くもない標準的な麺ですが、乾麺よりもよくスープとからむ印象です。弾力があって喉越しがすごくいいです。

デザートはパンナコッタでした。上にブルーベリーソースがかけられていてパンナコッタの甘味にブルーベリーの酸味がよくあって甘すぎない味わいになってます。

パンナコッタ

 

まとめ

グラスデイのボンゴレビアンコを紹介しました。絶品のスープはやみつきになること間違いなしです。同じメニューでも選べる麺で4回楽しめちゃったりしますね。今回はパスタの紹介でしたが、次の機会があれば薪釜で焼いたピッツァも紹介したいとおもいます。

 

ここまで見てくださってありがとうございました。それではまた。

付近図

コメント